×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

近年人気の学問系統!
学びの中身はこんなに違う!

情報を扱う仕事のニーズは上昇し続けている今、注目を集めている学問、「データサイエンス」。ただし「情報を扱う」といっても、例えばスマホ自体を作る人、アプリを開発する人、メディアを運営する人・・・と仕事は様々で、それらにつながる学びの中身にも違いがある。だからこそ、それぞれの学部・学科の特長をしっかり理解し、自分の目指す将来像に合致する学びの場を見つけよう!

※マナビジョンの大学検索で「総合情報学」に分類される学部・学科に絞っています。総合情報学とは?

関西大学 総合情報学部(高槻キャンパス)

編集部はここに注目!編集部はここに注目!
カリキュラムは自分次第。情報を「利活用」できる人材を育てる!
学び方の特長
  • 1

    文系・理系という枠組みにとらわれず、文化、社会、ネットワーク、ソフトウェアといったあらゆる領域の問題を横断的に、「情報」の視点から探究・解明する。

  • 2

    カリキュラムは知識を修得する「講義科目」、スキルを身につける「実習科目」、研究を進める「演習科目」(ゼミ)が設けてあり、基礎から段階的に学びを深めることができる。

  • 3

    人間と社会を見渡す広い視野と確かな情報フルエンシー(利活用能力)を養う。

コース選択

コース選択はなく、「メディア情報系」「社会情報システム系」「コンピューティング系」の〈3つの系〉の方向性が示されており、自分の興味関心に合わせて自由にカリキュラムを組み立てることができる。

将来のキャリア

様々な分野を網羅する学びの結果、就職先も情報通信業をはじめ、広告・マスコミ、製造、公務員など多彩。高校まではいわゆる「文系」であっても、大学の学びを通して就職後はエンジニアとして「理系」の道を歩むなど、文理の枠を越えた進路が広がっている。

比較

同志社大学 文化情報学部(京田辺キャンパス)

編集部はここに注目!編集部はここに注目!
「文化」を「データサイエンス」で探求する、文理融合の学び!
学び方の特長
  • 1

    文化資源、言語、行動などの「文化」をデータサイエンスで解析・分析する「文化融合」の学び方。

  • 2

    「文化を学ぶこと=人間を学ぶこと」と捉え、文化をデータサイエンスの手法で見つめ直すことで、様々な角度から人間を理解する素養を身につける。

  • 3

    データ分析や論理的思考に必要な素養を養うための「ジョイントリサーチ」や「卒業研究」を利用した実践的な学び。

コース選択

「文化資源学コース」「言語データ科学コース」「行動データ科学コース」「データ科学基盤」の4つのコースから自分の興味関心にあうコースを選択して専門性を追究できる。

将来のキャリア

メーカー、マスコミ、金融、流通など分野を問わず、様々な業界へ就職する卒業生が多い。文化という幅広い学びのフィールドがあるからこそ、就職先もバラエティに富んだ結果に結びついているようだ。

比較

立命館大学 情報理工学部(びわこ・くさつキャンパス)

編集部はここに注目!編集部はここに注目!
ICT技術の最先端を極め、未来の社会を切り開くリーダーを育成!
学び方の特長
  • 1

    情報セキュリティ、ロボット技術、画像や音などのメディア情報技術を研究するなど、最先端の研究に没頭できる環境が整っている。

  • 2

    情報技術分野のリーダーの育成を目指しているため、情報科学の世界で必要とされる英語運用能力を重視。

  • 3

    リーダーとしての素養を高めるため、課題解決思考やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力の向上にも力を入れている。

コース選択

「システムアーキテクトコース」「セキュリティ・ネットワークコース」「先端社会デザインコース」「実世界情報コース」「画像・音楽メディアコース」「知能情報コース」「情報システムグローバルコース」の7コース制を導入。

将来のキャリア

大学院への進学率は47.4%(2018年度実績)と、約半数が研究の道に進んでいる。マネジメントやプレゼンテーションなど、技術に収まらない能力を学んでいるからこそ、ジャンルを問わず多様な分野で活躍しているようだ。 

この大学にも注目しよう! AI研究を一歩先へ!人の暮らしに役立つAIを生み出そう 追手門学院大学 心理学部 人工知能・認知科学専攻この大学にも注目しよう! AI研究を一歩先へ!人の暮らしに役立つAIを生み出そう 追手門学院大学 心理学部 人工知能・認知科学専攻
比較

近畿大学 理工学部情報学科(東大阪キャンパス)

編集部はここに注目!編集部はここに注目!
実社会で活躍する、情報処理技術のスペシャリストを目指す!
学び方の特長
  • 1

    UnixとJava言語で一貫した実習教育を行っているなど、実社会で必要な学びが豊富。

  • 2

    JABEE(日本技術者教育認定機構)の技術者教育プログラムの認定を受け、修了生には技術者としての国際的な評価を得ることができる。

  • 3

    「シスコ技術者認定」や「応用技術者試験」など、資格取得に役立つ情報技術科目やバックアップが充実!

コース選択

ソフトウェアやネットワークの知識と技術の修得を目指す「情報システムコース」と、3DCGなどのメディア処理やAIなどを研究する「情報メディアコース」が用意されている。

将来のキャリア

情報通信業界への就職が全体の約半数を占めており、情報技術者として最先端の現場で活躍している。その他情報技術はあらゆる業界・企業で求められるため、自分の興味関心次第で幅広い業界での活躍が期待できるだろう。

データサイエンスに興味があるキミにおすすめ!
新しいAI技術が学べる学びの場が登場!
2021年4月<心理学部>に【人工知能・認知科学専攻】が誕生!
PR

追手門学院大学 心理学部 人工知能・認知科学専攻

AI研究を一歩先へ!
人の暮らしに役立つAIを生み出そう

追手門学院大学では、長年培ってきた心理学の知見や実績を活かし、現代社会でなくてはならない存在になっているAIを次のステージへ進める人材を育成することを目指し、2021年4月から心理学部に【人工知能・認知科学専攻】を設置する。AI研究と心理学が融合した学問は、AI研究において最先端の学びと注目されている。

茨木総持寺キャンパス
学び方の特長
  • 1

    「人工知能×認知科学×心理学」という新しい学び
    理工系の研究と人(心理学・認知科学)からの研究、両視点からのAIへアプローチをする新しい学問。表情や仕草などノンバーバルなコミュニケーションができるAIを探究。

  • 2

    5つの研究分野と心理学で、AIと人の両方にアプローチ
    カリキュラムは、ビッグデータの処理や、人と同じように言葉や映像を識別する研究をする「AI(人工知能)の学問領域」と、人の思考判断や身体の感覚を分析しデータ化する「認知科学学問領域」の5つの研究分野と「心理学」で構成されている。

  • 3

    実践を繰り返すことで、的確なツールを用いる基礎力を磨く
    理論を頭で考えることよりも、実際に手を動かしながら問題解決に取り組むことを重視して授業を展開。

  • 4

    少人数制で新設専攻
    募集人数40名の少人数制で新設専攻だからこそ、一人ひとり丁寧に。自らで問題設定をして、とりあえずやってみようという学生主体の挑戦をバックアップしてくれる。

  • 5

    受験科目は一般入試のみ
    入試は「一般入試」のみ実施予定。理工系領域の学びとなるため、「数学Ⅰ・A,Ⅱ・B」「英語」が必須科目となる。

編集部からのアドバイス

この学問では、社会課題を解決するために求められる知識とAI技術が身につくため、卒業後は様々な業界への活躍が想定される。詳細は公式受験生サイトに随時更新予定なのでチェックしよう。