学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
大学情報
ホーム大学情報大学の学び 最新ナビ ~岐阜聖徳学園大学 教育学部~ <後編>

大学の学び 最新ナビ ~岐阜聖徳学園大学 教育学部~ <後編>

  • 大学情報
  • 2017.06.30

1年次から、学校現場での実習で 教育の「今」を見て、感じて、学ぶ、岐阜聖徳学園大学教育学部の取り組みを紹介するよ。

登場人物紹介

  • 岩田有加 いわた・ゆか

    学校教育課程 社会専修3年
    愛知県立津島高校卒業。中学校教員志望。

  • 白井杏実 しらい・あみ

    学校教育課程 国語専修3年
    愛知県立江南高校卒業。小学校教員志望。

  • 寺坂友希 てらさか・ともき

    学校教育課程 社会専修3年
    愛知県立豊橋南高校卒業。小学校教員志望。

  • 玉置崇 たまおき・たかし

    教育学部 教授

*プロフィールは2017年3月時点のものです

教員や子ども、学校が抱える課題も実感

3・4年次のゼミでの学びも実践的だ。元中学校校長という玉置崇教授のゼミでは、小・中学校の教員研修などにも積極的に参加する。白井さんは、教員が生徒役になる模擬授業に参加した際、このように語る。

白井さん:授業をよりよくするために、先生たちも学び続けているのだと感銘を受けました。私もそういう教員になりたいと思いました。

学部の選択科目には、小・中学校の授業や行事の支援などに学生を派遣する「学校インターンシップ」や、学生が企画・運営し、小学生に体験学習を提供する「フレンドシップ」などの活動もあり、4年間を通して現場が学びのフィールドとなる。多くの学校を訪れることで、現場の課題を肌で感じ、目指す教員像が明確になったと、岩田さんは語る。

岩田さん:2年次に訪れた学校では、授業観察を通して、学級経営の大切さを実感しました。子どもをしっかり見つめ、子ども自身が成長できるきっかけを見いだせるような指導のできる教員になりたいと思います。

体験後は、気づきや学びを必ず文章にまとめています

4文章を書く過程で改めて気づくこともあります。気づきや学びはゼミのブログにアップしており、周りからの反応が励みになっています。(岩田さん)

生きた現場の体験が学生の指導観を育む

玉置教授:実際の授業や学級経営は、大学で学んだように進むものではありません。様々な学校を訪れ、先生や子どもとかかわりながら学んでほしいと考え、1学年約330人に対し、岐阜市を中心に約250の小・中学校と連携し、1年次から学生全員が実習できる体制を整えました。
私を含め小・中学校に勤めていた経験を授業で話す教員はいますが、「百聞は一見にしかず」です。また、教員は自分が受けてきた授業を手本として授業をしがちです。早い段階から多様な授業を見ることで、意識の転換を図ってほしいという思いもあります。実習先に私たちも同行し、教室での学生の様子を見て、その場で声をかけています。学校現場を教材として、学生は学んでいるのです。
実習先の学校の状況は様々です。生徒指導が大変な学校もありますし、指導担当の先生と考えが合わないこともあります。ただ、実社会で働けば、そうした場面に出合うこともあります。地域の多様な学校と連携することで、1年次から様々な学校で経験が積めることも、本学ならではだと思います。

※この記事は、ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2017年度4月号より引用しています。

岐阜聖徳学園大学についてもっと調べる

岐阜聖徳学園大学のパンフ・願書を取り寄せる


LINE@で志望校を話しかけると…!?
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!