大学情報
ホーム大学情報大学の学び 最新ナビ ~専修大学 ネットワーク情報学部~ <後編>

大学の学び 最新ナビ
~専修大学 ネットワーク情報学部~ <後編>

  • 大学情報
  • 2017.08.15

実践的な問題解決を通して、実社会で求められるスキルを段階的に学ぶ、専修大学ネットワーク情報学部の取り組みを紹介するよ。

登場人物紹介

  • 永沼瑞穂 ながぬま・みずほ

    ネットワーク情報学部 ネットワーク情報学科4年
    神奈川県立横浜平沼高校卒業。データ解析コンペで入賞。大学院に進学予定。

  • 仁木朋美 にき・ともみ

    ネットワーク情報学部 ネットワーク情報学科4年
    神奈川県立七里ガ浜高校卒業。ビジネスコンテストで入賞。IT企業に就職予定。

  • 峯岸朋弥 みねぎし・ともや

    ネットワーク情報学部 ネットワーク情報学科3年
    東京都・私立桜丘中学・高校卒業。プログラミングコンテストで上位入賞を目指す。

  • 松永賢次 まつなが・けんじ

    ネットワーク情報学部 教授

「プロジェクト」の学びで将来の目標を具体化させる

「プロジェクト」は、将来のビジョンを具体化するための場でもある。仁木さんも「プロジェクト」の成果物が学外のビジネスコンテストで認められ、就職にまでつながった。

仁木さん:学外コンテストで入賞して、企業から商品化を提案され、現在は新サービスを共同研究中です。企業の目に留まったのは、企画力・開発力だけでなく、利用者目線やマーケティング視点も踏まえた企画書作りやプレゼンができたからだと思います。これらはすべて2年次までに学んだことです。この経験をアピールし、若手でも企画開発に携われるIT企業に内定をいただきました。卒業演習では、「プロジェクト」の学びをさらに深め、就職後に生かしていきたいです。

外部コンテストに参加して自分の実力を試す

学外でも問題解決に取り組む機会がたくさんあります。学外の学生と技術を競い合う中で、自分に足りない力を見つめ直すことができました。(峯岸さん)

活動の成果は発表会で披露

3年次に行う「プロジェクト」の活動の成果は、展示物だけでなく、冊子やウェブサイトにもまとめて発表します。表現の仕方、コストやスケジュール管理の重要性も学びました。(永沼さん)

学内で学びを終わらせず学外でも自信をつけさせる

松永教授:1年次から、実社会を意識した問題や課題を与え、知識を活用する場を提供しています。例えば、2年次の「インタラクションデザイン」の演習では、お菓子のエクスペリエンスデザイン(※)をするという課題に取り組みます。学生たちは、お菓子の製造過程のデモンストレーションを見たり、パティシエの話を聞いたりしながら、お菓子と人との関係性を探り、チームで1つのデザインにまとめていくのです。
また、学びを教室内や学内で終わらせないために、学外コンペなどへの参加を推奨し、学生の目を外に向けさせることを心がけています。学生の中には、本学部が第1志望ではなかった学生も少なくないため、学外でも自分の力を試し、成長を実感できる機会を設けることで、社会に出る前に自信をつけさせたいと思っています。
「プロジェクト」で得た能力を自信を持ってアピールし、逆指名を受けて就職を決める学生も少なくありません。4年間の学びを通して、自分の強みを企業に売り込めるだけの力を身につけてほしいと考えています。
※人工物(モノやシステム)の見た目や形状だけでなく、人と人工物の関係性を考慮しながらデザインすること。

※この記事は、ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2017年度6月号より引用しています。

専修大学についてもっと調べる

専修大学のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!