大学情報
ホーム大学情報【推薦・AO入試特集】AO入試で実技を課す理由とは?神戸大学 国際人間科学部の推薦・AO入試を分析!

【推薦・AO入試特集】
AO入試で実技を課す理由とは?
神戸大学 国際人間科学部の推薦・AO入試を分析!

  • 大学情報
  • 2017.08.23

今回は、神戸大学 国際人間科学部の推薦・AO入試について紹介。どのような意図で、どのような試験を実施しているのか、神戸大学の岡田学部長に伺った。この記事を通して推薦・AO入試への理解を深めよう!

お話を伺った方

  • おかだ あきひろ

    岡田章宏 教授

    神戸大学 国際人間科学部長

学部設立の経緯から見えてくる!
推薦・AO入試で求める人物像

教育学部

発達科学部

「人間発達」という視点から実践的な課題解決能力の涵養に実績のある学部

教養部

国際文化学部

「異文化理解」という視点から高いコミュニケーション能力の育成に実績のある学部

国際人間科学部

それぞれの特長を融合し「協働型グローバル人材」を育成する学部

岡田教授:本学の国際人間科学部は、2017年に国際文化学部、発達科学部を再編・統合して生まれました。

「異文化理解」という視点から高いコミュニケーション能力の育成に実績のある国際文化学部と、「人間発達」という視点から実践的な課題解決能力の涵養に実績のある発達科学部の、それぞれの特長を融合した学部として、国際人間科学部が新設されました。

学部の沿革、学びの特色、グローバル・スタディーズ・プログラムについても掲載されている「国際人間科学部 2018
学科ごとに4年間で学べる科目や教員紹介のほか、教授からのメッセージも掲載されている「国際人間科学部 2018

学部の教育目標は「協働型グローバル人材」を育てること。グローバル化が進むにつれて、世界中でさまざまな文化摩擦や軋轢が生じると同時に、個々の社会が抱える深刻な課題が他の地域に住む人々にも広く知られるようになってきました。そうした地球規模で解決すべき課題(グローバルイシュー)をほかの人と協力して解決するのが、「協働型グローバル人材」です。こうした学部設立の経緯から、国際人間科学部が求める人物像が見えてきたのではないでしょうか。

学部の大きな特徴として挙げられるのが、グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)です。これは海外研修とフィールド学修を行い、実際のグローバルイシューを体験を通して理解するプログラムです。学部生全員にもれなく課されるため、このプログラムで活躍できる素養を持っているかどうかを測ることが、推薦・AO入試の大きなポイントになっています。

求める人物像と試験内容は関係する!
学科別、推薦・AO入試のポイント

岡田教授:国際人間科学部の4つの学科のうち、推薦・AO入試を実施しているのは3つ。グローバル文化学科が推薦入試を、発達コミュニティ学科と環境共生学科がAO入試を、それぞれ実施しています。

学科ごとに入試が異なるのは、学科で求める人物像や素養が異なるからです。それでは、学びと試験がどのように関係しているか1つずつ見ていきましょう。

グローバル文化学科(推薦入試)

「多文化共生」を軸に、異文化コミュニケーション、多文化理解に秀でた人材を育成する学科です。国際文化学部を基礎にした学科ですので、特に語学の学習が充実しています。

この学科では、TOEFL iBTという英語外部検定を取り入れた推薦入試を実施しています。ただし、外国語学科ではありませんから、英語力がすべてではありません。アドミッション・ポリシーにも、「外国語能力」と一言しか書かれていませんね。むしろ、海外に出てさまざまな問題に取り組む意欲や目的意識、積極的に人と協働するリーダーシップを重視します。

今はまだ書類選考しか課していませんが、これらの資質をより測りやすくするために、2019年度(平成31年度)入試からは面接も課す予定でいます。

発達コミュニティ学科(AO入試)

人間の心理的、身体的な発達と、その発達を支えるコミュニティの形成について研究する学科です。発達科学部を基礎にした学科ですので、スポーツ、音楽、美術、身体表現(ダンス等)などの実技を踏まえて人間の発達について学べるのが特徴です。

この学科では、2種類のAO入試を実施しています。その1つが『スポーツ科学受験』であり、ここには自ら選んだスポーツや身体運動を披露してもらう科目が含まれています。しかし、この入試で測りたいのは、「どれだけそのスポーツがうまいか」ではありません。「パフォーマーの気持ちを理解し、その観点から社会に向けて何をしていけるか」です。

例えば、「マスターズ甲子園」をご存知ですか?これはこの学科の先生と学生が中心になって進めるイベントです。元高校球児の30~40代を集め、もう一度甲子園をめざすというものですが、地域別の予選を開催しますから、元高校球児を中心としたコミュニティづくりに役立つわけです。こうした取り組みに必要なのが、パフォーマーの気持ちを理解できる、スポーツへの理解なのです。ですから、必ずしも実技が上手でなければならないわけではありません。

もう1つのAO入試『表現領域受験』も、スポーツが美術、音楽、身体表現(ダンス等)に置き換わったもので、基本的な考え方は共通しています。

環境共生学科(AO入試)

環境と人間が共生する方法を、グローバルな視点から探究する学科です。例えば環境社会学、環境物理学という科目があるように、文系・理系の垣根を超えて学びを修められますが、AO入試では特に理系の素養を測ることに重点を置いています。

実際の試験では、面接の前に「ポスターセッション」を行います。高校時代に行った理科の研究について発表してもらうものです。これもほかのAO入試と同様で、研究の出来がいいに越したことはありませんが、どちらかと言えば意欲、考え方、発想を評価します。その後に面接を行い、最後にレポートを書いてもらいます。レポート課題は当日出題され、自分で考えて解答しなければなりませんので、身についていない借り物の知識では通用しません。

推薦・AO入試は自分の強みを発見するチャンス!

岡田教授:今回紹介した入試は、どれも受験生の「強み」を活かせる入試になっていますから、合格した人は大学で伸びてくれると期待しています。

例えば環境共生学科のAO入試で合格したある学生は、実際にリーダーシップを発揮して、周りの学生のやる気や力を引き上げてくれています。「自分の強みを生かせる入試だ」と思ったみなさんに、ぜひ受験してほしいですね。

平成30年度
神戸大学 国際人間科学部 アドミッション・オフィス入試・推薦入試 学生募集要項(抜粋)

推薦入試

国際人間科学部 グローバル文化学科
求める学生像
  1. 主体的に課題に取り組み、考え、判断し、行動する資質を持つ学生
  2. 様々な文化や異なる社会を積極的に理解しようとする学生
  3. 優れた日本語能力と外国語能力に加えて、論理的思考力を備えた学生
出願資格及び出願要件並びに推薦人員
出願資格

高等学校又は中等教育学校(以下「高等学校等」という。)を平成28年4月から平成30年3月までに卒業又は卒業見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たす者

  1. 学力のみならず人物、能力、資質等において特に優れ、グローバル文化学科のアドミッション・ポリシーに照らして、高等学校等の長が責任をもって推薦する者
  2. 出願時に有効なTOEFL iBTのスコアをもつ者(ただし、平成30年3月31日以前に有効期限が切れないこと)
  3. 調査書の全体の評定平均値が4.0以上の者
  4. グローバル文化学科での勉学を強く志望し、合格した場合は入学することを確約できる者
  5. 平成30年度大学入試センター試験でグローバル文化学科が指定する5教科7科目又は5教科8科目又は6教科7科目又は6教科8科目を受験する者
推薦人員

各高等学校等から推薦できる者は、1校当たり2人以内とします。

募集人員 10人
出願期間 平成29年12月8日(金)から平成29年12月14日(木)17時まで《必着》

アドミッション・オフィス入試

国際人間科学部発達コミュニティ学科『スポーツ科学受験』
求める学生像
  1. 運動やスポーツの実践と、それらの人文、社会、自然科学にわたる多角的な視野からの学修、研究に強い意欲がある学生
  2. 発達コミュニティ学科の教育目標を達成する学力とグローバルな視点を有し、運動やスポーツにかかわる課題発見とその解決に、様々な人々と協働して取り組むことができる学生
募集人員 12人
出願期間 平成29年9月22日(金)から平成29年9月28日(木)17時まで《必着》
国際人間科学部 発達コミュニティ学科『表現領域受験』(音楽・美術・身体表現受験)
求める学生像
  1. 音楽や造形、舞踊といった創造表現の実践に強い関心があり、アートに関する実践的、科学的、文化的な問題を追求、解明するために、関連する諸問題を広い視野から学び、研究する学生
  2. 発達コミュニティ学科の教育目標を達成する能力を持ち、具体的な課題を自ら発見し、解明するとともに、芸術振興やマネジメントなどの社会的活動について積極的に参画する意欲のある学生
募集人員 音楽受験12人、美術受験8人、身体表現受験4人
出願期間 平成29年9月22日(金)から平成29年9月28日(木)17時まで《必着》
国際人間科学部 環境共生学科
求める学生像
  1. 理科系の広範な分野に関心と興味をもち、自然環境に関する基礎的・応用的・実践的な問題を解明・解決していくために、関連する諸学問を広い視野から深く学ぶ意欲のある学生
  2. 自然環境に関連した具体的な課題を自ら発見し、それを徹底的に深く掘り下げて追及することによって問題の解明・解決を図っていく資質を有する学生
募集人員 5人
出願期間 平成29年8月18日(金)から平成29年8月24日(木)17時まで《必着》

※詳細は神戸大学「平成30年度入学者選抜要項」をご確認ください

神戸大学についてもっと調べる

神戸大学のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!