学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
大学情報
ホーム大学情報大学の学び 最新ナビ~首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース~<前編>

大学の学び 最新ナビ~首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース~<前編>

  • 大学情報
  • 2017.11.15

主体的に学び続ける力を育成し、 世界で活躍できる化学者を育成する、首都大学東京都市環境学部分子応用化学コースの取り組みを紹介するよ。

登場人物紹介

  • 村本卓也 むらもと・たくや

    都市環境学部 分子応用化学コース4年
    東京都立小石川中等教育学校卒業。地球温暖化の研究を希望し、入学。

  • 松宮和生 まつみや・かずき

    都市環境学部 分子応用化学コース2年
    東京大学教育学部附属中等教育学校卒業。人工光合成に興味を持ち、応用化学を志す。

PBLを通して主体的な学修態度を育成

高度情報化、グローバル化が進む社会では、主体的・能動的に学んで知識や技術を更新していく態度や能力が欠かせない。首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コースでは、そうした力を備えた化学者を育成するため、改革に取り組んでいる。 受動的な学修から主体的・能動的な学修への転換を促すため、1年次必修科目として設置したのが「分子応用化学基礎ゼミナール(以下、応化基礎ゼミ)」だ。この科目では、キャリア教育や日本語ライティング演習、化学基礎実験、化学基礎演習といった内容を組み合わせた授業を、週2コマ、1年間にわたり展開している。授業は、1クラス20人程度の少人数クラスで行われ、講義・実験ともに、学生の主体的な学びを引き出すためにPBL(*)形式で行われている。4年生の村本卓也さんが、自ら学びに向かう姿勢の重要性を強く感じたのは、「応化基礎ゼミ」の化学基礎演習の授業だと言う。

*Project Based Learning(課題解決型学習)の略。

村本さん:地球は温暖化・寒冷化のどちらに向かっているかというテーマで、グループごとに4~5週かけてレポートにまとめ、発表とディスカッションを行いました。様々な文献を調べ、メンバーと議論を重ねるうちに、研究を進めていくには、主体的に考え、行動しなければならないということに気づきました。1年次の応化基礎ゼミのPBLの経験が、今の研究の土台になっています。

1年次の基礎ゼミで、
自ら学びに向かう姿勢を身につける

1年次の「分子応用化学基礎ゼミナール」の授業の多くはPBL形式で行われ、様々な実験やディスカッション、発表などを通して積極的に学ぶことで、学びがより深まるということを実感しました。(村本さん)

予習を促す仕組みで授業の充実を図る

授業での主体性を高め、より深い学びを促すため、2017年度からは、すべての必修科目に「WEB予習テスト」を導入した。学生は事前に講義範囲を予習し、WEB上で確認テストを受けてから授業に臨む。

松宮さん:きちんと準備をしていかなければ授業に乗り遅れ、理解も深まらないので、予習にも力が入ります。

さらに、学びを振り返る仕組みとして、授業後に受ける「WEB学修到達度テスト」の導入も段階的に進めている。十分に予習した上で意欲的に授業に参加し、その成果を振り返って次の授業への意欲を高める、というPDCAサイクルを確立することで、主体的・能動的な学修習慣の定着を図っている。

予習を充実させることで、
主体性を発揮

「WEB 予習テスト」で事前に基礎知識を理解しておくことで、授業中は学生同士の議論も活発になり、授業での学びも深まります。(松宮さん)

※この記事は、ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2017年度10月号より引用しています。

首都大学東京についてもっと調べる

首都大学東京のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!