学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
大学情報
ホーム大学情報大学の学び 最新ナビ~山口県立大学 社会福祉学部~<後編>

大学の学び 最新ナビ~山口県立大学 社会福祉学部~<後編>

  • 大学情報
  • 2017.11.15

地域に深く入り込んで実践を重ね、 福祉のマインドとスキルを身につける、山口県立大学社会福祉学部の取り組みを紹介するよ。

登場人物紹介

  • 下川明香 しもかわ・あすか

    社会福祉学部 社会福祉学科4年
    熊本県立人吉高校卒業。精神保健福祉士志望。

  • 横山正博 よこやま・まさひろ

    社会福祉学部 学部長

同じ進路を目指す学生が自然に学び合う雰囲気に

学生は実地体験を重ねて福祉の仕事へのイメージを膨らませ、3、4年次には具体的な志望進路を決めるようになる。同学部は、1学年約100人で比較的少人数ということもあり、同じ資格の取得を目指す集団ができ、自然と学び合いが生まれている。

下川さん:私は、精神保健福祉士の資格取得を目指しています。正課・正課外の試験対策の講座が充実しているほか、仲間同士の自主的な勉強会もあり、互いに励まし合いながら頑張っています。

地域への愛着がすべての行動の原動力になる

横山先生:本学部では、共感力を持って地域社会の様々な福祉課題を解決する力(本学部では、「福祉的人間力」と呼んでいます)を身につけ、地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。
「福祉的人間力」を身につけるため、授業の1つにソーシャルワーク演習があります。教室を飛び出して地域に入り込んで、地域の人々とともに語り合いながら、地域社会の福祉課題を解決していきます。この学びの中から成長を実感してほしいと願っています。
この成長のベースになるのが、地域の人々との深いかかわりを通して育まれる地域への愛着です。出身地に戻って就職する学生も多くいますが、大学時代に愛着を持って様々な活動をした体験があれば、同じように自分のふるさとを愛することができるはずです。
本学部の学生を見ていると、進路に迷いながらも、授業以外での地域での活動も通して、地域に貢献できる仕事がしたいと意欲的に学んでいます。高校時代から、地域社会とのかかわりを持って、いろいろなことに挑戦し、自分の進路を決めてほしいと思います。

※この記事は、ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2017年度10月号より引用しています。

山口県立大学についてもっと調べる

山口県立大学のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!