学校パンフ取り寄せで図書カードGET
大学情報
ホーム大学情報めざすは世界への挑戦!立命館アジア太平洋大学のグローバル教育に込められた想いとは?

めざすは世界への挑戦!立命館アジア太平洋大学のグローバル教育に込められた想いとは?

  • 大学情報
  • 2018.01.05

前編では、立命館アジア太平洋大学の理念を象徴する「多文化協働ワークショップ」について紹介した。後編では、全国に類を見ない国際大学が大分県別府市に設立された背景や、日英二言語教育へのこだわりについて、入学部長の近藤祐一教授にお話を聞いたよ。

今までにない多文化環境で
「別府発グローバル人材」を育成する

立命館アジア太平洋大学 入試部長 近藤祐一教授

APUが開学したのは今から17年前、2000年のことです。21世紀を目前に控え、学校法人立命館がこれまでにない本格的な国際大学を設立しようとしていた時に、大分県と別府市も地元に大学を作ることを計画しており、三者で手を組むことになったのです。

皆さんご存知の通り、別府市は古くから温泉地として栄えてきた観光都市ですので、外国人を受け入れやすい土壌がありました。開学以来、144の国・地域からの学生が本学で学び、地元の方々との交流を深めています。

名称にもある通り、本学はグローバル人材の育成を通して「アジア太平洋の未来創造」へ貢献することをミッションの一つとしています。日本が所属するアジア太平洋地域は成長目覚ましく、21世紀の世界においてますます存在感を高めていくだろうと考え、アジア太平洋地域にフォーカスした国際大学としました。

近年は、中国や韓国だけでなく、ベトナムやインドネシアからの学生も増えており、別府というユニークな国際都市から、アジア太平洋地域の発展へ寄与する人材を次々と輩出しています。

多言語を学ぶことは多様な価値観を知ること

本学では、日本語と英語を公用語としており、学部講義のおよそ90%は日英二言語で行われています。二言語教育を実現するために、時間割を調整したり、教員を確保したりすることは決して容易なことではありませんが、多言語の学生たちが一つのキャンパスで共生する上で必要な仕組みであり、本学の特色の一つにもなっています。

外国語を学んで身につくのは、語学力だけではありません。その言語の背景にある価値観にも触れることができます。外国人学生は「ちょっと」などの日本語ならではの曖昧な表現を通じて、不要な衝突を避ける協調性を身につけますし、逆に日本人学生は”Yes”と”No”に区分される英語のはっきりとした物言いを通じて、恐れずに自分の意見を主張する強さを身につけます。

特に日本人学生にとって、”No”と言える勇気を持つことはハードルの高いチャレンジのようですが、失敗を繰り返しながらもこれを乗り越えた学生の成長には目を見張るものがあります。

日本語と英語、あるいは他の言語も学ぶことで、彼らはあらゆる価値観の人間と協働し、課題を解決するための素地を養っていくのです。

語学力よりも世界に立ち向かおうとする意欲が大事

本学には、世界の壁の高さを知り、国内外の仲間たちとそれに挑みたいという方に入学してほしいと考えています。最初から高い語学力は必要ありません。そういうマインドがあれば、入学後いくらでも伸ばすことができるはずです。

勤勉な外国人学生の語学や教養のレベルは、予想以上に高いものです。2030年の世界を想像してみてください。日本と外国の垣根はますます低くなり、日々の仕事や生活において彼らと協働することは不可欠となります。今のうちに世界の壁の高さを認識することは、将来に向けて準備を進めるために必要なことなのです。

しかし、高い壁も、仲間となら共に乗り越えることができます。かつて本学には、寮の扉を開いてキャンパスへ出ることすら恐れていた日本人学生もいました。課内外の活動を通して外国人学生との交流を深め、視野を広げた彼は、卒業後ドイツに渡り、国際的なビジネスで活躍する人材へ成長しました。

最初は誰でも彼のように、世界の壁の高さ、己の未熟さを知ることを怖いと思うものですが、本学にはそれを克服し、成長できる環境があります。世界で自分を鍛えたいという方は、ぜひAPUの門をたたいてみてください。

編集後記

学内を歩くと、ここはどこの国かと思うほど、さまざまな言語が飛び交っていた。「APUで育った学生には失敗を恐れないタフさがある」と近藤先生が言うように、日々、互いを理解し合おうと試行錯誤しながらコミュニケーションを重ねている学生たちは、多少の挫折では揺るがない、強い人間へ成長していくことだろう。

立命館アジア太平洋大学についてもっと調べる

立命館アジア太平洋大学のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!