大学入試センター試験の最新情報をお届け!
大学情報
ホーム大学情報大学の学び 最新ナビ~滋賀大学 データサイエンス学部~<後編>

大学の学び 最新ナビ~滋賀大学 データサイエンス学部~<後編>

  • 大学情報
  • 2018.12.11

社会を意識したカリキュラムで、データ分析のスペシャリストを育成する「滋賀大学 データサイエンス学部」の取り組みを紹介するよ。

登場人物紹介

  • 木方泰輔 きほう・たいすけ

    データサイエンス学部 2年
    愛知県立一宮興道高校卒業。生物・化学分野のデータサイエンティストを志望。

  • 石原諒久 いしはら・あきひさ

    データサイエンス学部 2年
    岐阜県・私立鶯谷中学・高校卒業。データサイエンティストとして社会に貢献したい。

  • 竹村彰通 たけむら・あきみち

    データサイエンス学部 学部長

応用先の専門分野を学び
即戦力として活躍できる人材に

滋賀大学には、日本初となるデータサイエンス学部が設置されている。同学部では、データ分析を通して新たな価値を創造できる人材の育成を目指している。1年次はデータサイエンスの基礎を学び、2年次以降は、より高度な分析手法を身につけるため、課題設定から学生自らが行うPBL(問題解決型学習)などで実践力を養う。さらに、3年次には、データの背景を知り、分析結果を社会に役立つ価値創造に生かすために、マーケティング、経済、金融、教育、心理学などの文系科目の専門知識を学ぶ授業も設けられている。

石原さん:幅広い専門分野に触れ、自分に合った道を見つけたいと思います。大学院への進学も視野に入れています。

木方さんは、生物・化学分野のデータサイエンティストを志している。

木方さん:人の命を救いたいという思いがあり、データ分析を活用した新薬開発にも関心を持っています。世界の多くの人々の役に立てるデータサイエンティストを目指したいです。

自分の興味のある分野をとことん追究できる環境です

データ分析を経験し、統計学や情報学の知識が不足していると痛感しました。それらの知識を深めるために、同じテーマに関心のある有志が集まり、自主ゼミが行われています。(石原さん)

文理融合のカリキュラムで
データサイエンティストを育成

竹村学部長:データサイエンスは、いわゆるビッグデータなどを対象とする新しい学問分野です。データサイエンスは国際競争力の源と考えられていますが、日本ではその専門家が圧倒的に不足しており、そうした社会の需要に応える目的で本学部を設置しました。
学部を貫く理念は、「文理融合」です。データサイエンスには、理系の技術と文系のセンスが求められます。データ分析には、数学的に高度で新たな手法が必要ですが、そこから価値を創り出すためには、人々の心や社会の動きを捉える必要があります。そのため、カリキュラムは文系・理系を融合させ、教員も幅広い分野の出身者で構成しています。 さらに、本学部がこだわるのは即戦力の養成です。今後、世界と渡り合うためには、高度な専門性を備えた人材の集団に変化する必要があるからです。本学部は、各分野の企業と連携し、データ分析のスペシャリストとしての知識・技能を身につけさせます。これからも、社会で求められている力を意識し、教育を進化させていきます。

※この記事は、ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2018年度10月号より引用しています。

滋賀大学についてもっと調べる

滋賀大学のパンフ・願書を取り寄せる

SNSでみんなと共有してね!
データネット2019 2019年度 大学入試センター試験 自己採点集計