学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

コンピュータ業界で働こう

~コンピュータとネットワークを使った情報技術は私たちの生活の一部となり、企業活動にも欠かせないものとなっています。これらを専門とするのがコンピュータ業界で働く人々です。~

システムエンジニアの仕事

課題解決のために試行錯誤を重ねて最適なシステムを開発します! システムエンジニア 岡崎 将大さん 課題解決のために試行錯誤を重ねて最適なシステムを開発します! システムエンジニア 岡崎 将大さん

専門学校時代の思い出は?

 私が将来の進路としてコンピューター業界を意識したのは高校生の時。学校や自宅でパソコンを使用する機会が増え、興味を持つようになったのがきっかけです。高校3年の時、専門学校のパンフレットで“システムをつくる仕事”に関する記事を読み、システムエンジニアを将来の職業として考えるようになりました。
 専門学校ではシステム開発の基本的な流れやプログラミング言語、情報処理などの専門知識を学習するほか、実務的なビジネススキルを学ぶ授業もありました。一番印象に残っているのは卒業研究です。この授業では、それまで身につけてきたシステム設計の手法を、実際の開発工程にしたがって実践します。ここで得られた経験は、就職してからも役だっています。
 また、私が通っていた専門学校には部活動がありました。サッカー部の仲間たちと練習に汗を流し、合宿や大会に参加したのも良い思い出になっています。

現在の仕事内容を教えてください

 私が現在、携わっているのは金融取引に利用するシステムの開発。汎用性の高いシステムを、お客様の要望に応じてカスタムし、問題なく作動するかテストを繰り返しながら要件を満たすシステムをつくりあげていきます。
 開発中はプログラム上のミスや試験の不備などが原因で、さまざまなトラブルが発生する場合もあります。限られた時間の中で、それらの問題を解決するために試行錯誤を重ねるのが最も苦労する点です。
 システム導入後は、サポートのためにお客様と直接お会いすることもあります。『このシステムはいいね!』と喜んでいただいている様子を見ると、それまでの苦労が吹き飛ぶのを感じます。

将来の夢はなんですか?

 将来的にはシステムコンサルタントをめざしたいと思っています。コンサルタントはお客様とシステム開発者の間に立ち、最適なシステムを構築するためのアドバイスをする立場にあります。お客様の業務内容を理解したうえで問題点を分析し、要望を満たすシステムを提案するには、業務内容とシステムの両方の知識が必要です。高度な専門知識が求められますが、まずは自分の得意分野を伸ばし、それを広げていくことが重要だと思っています。

最後に、この職業を目指す人へのメッセージをどうぞ!

 システムエンジニアの仕事では、物事を順序立てて論理的に考える機会が頻繁にあります。数学などを通じて、論理的思考の基礎を養っておきましょう。また、普段から新聞などを読んでおくことも大切です。コンピューターシステムは社会の様々な場面で活用されています。いつ仕事で関わることがあっても大丈夫なように、世の中の最新の動きをきちんと把握しておきましょう。