学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ペット業界で働こう

~人々の生活に癒しや安らぎを与えるペットたち。それらの動物の世話などに関わるのがペット業界で働く人々です。近年はペットを家族の一員と考える人が増え、それに伴いサービスの多様化が見られます。~

動物看護士の仕事

獣医と飼い主の間に立つ仕事。信頼してペットを預けてもらえる存在をめざしたい。 動物看護士 中嶋 明日香さん 獣医と飼い主の間に立つ仕事。信頼してペットを預けてもらえる存在をめざしたい。 動物看護士 中嶋 明日香さん

専門学校時代の思い出は?

 もともと動物が好きで、「将来は動物に関わる仕事に就きたい」と考えていました。高校2年生のとき、ペット業界の職業を自分なりに調べた結果、動物看護師という仕事があることを知りました。いくつかの専門学校に見学に行き、設備が充実していて好印象を受けた学校に進学しました。
 専門学校では2年制と3年制のコースがありましたが、私が選択したのは3年制のコース。1、2年次は動物管理実習や臨床検査実習を行い、2年生の最後に動物看護師の資格試験を受けます。3年になると、より実践的な授業が多くなります。特に印象に残っている授業は手術実習。それぞれ役割が決められ、点滴の針を入れたり、手術の器械出しをしたりする本格的な実習で、とても緊張しましたがよい勉強になりました。薬理・内科学などの講義は、専門学校で初めて学ぶ科目だったので大変でしたが、帰宅後に寮の仲間と協力して勉強したのは楽しい思い出です。

現在の仕事内容を教えてください

 獣医が行う診察・治療の補佐全般が私たちの仕事になります。治療の際に、動物が暴れたり動いたりしないようにしっかりと保定したり、機械を使って血液や尿の検査を行ったりします。また、入院動物の管理も大切な仕事。なにか変わったところがないか観察をして、異常があれば獣医に報告し、なにもなければケージの掃除をして、ごはんをあげます。そのほかにも、心配している飼い主とお話するのも仕事のひとつです。基本的に仕事中は立ちっぱなしになるので、体力勝負の面があります。

将来の夢はなんですか?

 飼い主の方に「この人に任せたら大丈夫」と思っていただけるような存在になりたいと思っています。獣医の先生には聞きづらいことでも、動物看護師になら質問できるという飼い主の方もいらっしゃいますから、獣医と飼い主をつなぐ役割を果たしていきたいです。責任を持って飼い主と接するには、仕事に就いてからも新しい治療法や器具などの知識を身に付けていくことが大切だと思います。また、飼い主の方に対する対応などを学ぶ勉強会もあるので、積極的に参加しています。

最後に、この職業を目指す人へのメッセージをどうぞ!

 職場は同年代のスタッフが多く、普段は楽しく働いていますが、仕事ですから楽しいことばかりではありません。医療技術が発達しても病気や寿命で亡くなることは避けられないので、実際にペットたちの死を目の当たりにすることがあります。また、動物にひっかかれたり、噛まれたりして傷だらけになることも。そのような厳しい面があることも知っておいてほしいと思います。
 それを知ったうえで、動物看護師に興味をもっている人は、ぜひめざしてください。忙しい仕事の中でも、子犬や子猫とのふれあいは癒しと安らぎになりますし、「また頑張ろう」という気持ちにもなりますよ。