学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

リハビリ業界で働こう

~人々の生活に癒しや安らぎを与えるペットたち。それらの動物の世話などに関わるのがペット業界で働く人々です。近年はペットを家族の一員と考える人が増え、それに伴いサービスの多様化が見られます。~

理学療法士の仕事

患者さんの痛みを和らげ、社会生活への復帰をサポート。粘り強さと熱意が大切です! 理学療法士 熱海優季さん 患者さんの痛みを和らげ、社会生活への復帰をサポート。粘り強さと熱意が大切です! 理学療法士 熱海優季さん

専門学校時代の思い出は?

 理学療法士をめざそうと思ったのは中学2年生のとき。看護師だった母からの影響と「人の役に立てる仕事に就きたい」という思いからでした。高校生になってもその考えは変わらず、じっくりと時間をかけて勉強するために4年制の専門学校に進学しました。
 専門学校の勉強で印象に残っているのはグループワーク。ある症例の原因と治療方法を決める課題が出され、その解決に向けてグループでディスカッションなどを行いました。実際の職場でもチームで治療にあたるケースもあるので、良い経験になったと思います。また、国家試験に向けての勉強会も忘れられません。クラスの友人たちと自主的に集まって、出題科目ごとに講師役を決め、お互いに教えあいました。苦労もありましたが、仲間と協力しながら試験対策ができたのはとても良い思い出です。

現在の仕事内容を教えてください

 私が現在働いているのは、外来の患者さんがいらっしゃる整形外科。年配の方や骨折などのケガをされた方も多くいますが、デスクワークで腰などに痛みを感じている会社員の方も来院されます。
 理学療法士は体の機能や動きの特徴に着目し、痛みの原因を探って治療します。患者さんの姿勢や歩き方などを観察し、治療計画を立てて、徒手療法(器具を使わない治療)や電気刺激などの物理療法を行うのです。基本的に、一人の患者さんに対してマンツーマンで経過を見ながら長期間、治療にあたります。なかなか症状が改善しない時は落ち込むこともありますが、工夫をして治療にあたり改善のきざしが見えてくるとやりがいを感じます。当院のリハビリテーション科は20名以上のスタッフが働いていて、難しい症例の患者さんの場合、チームで治療にあたる場合もあります。

将来の夢はなんですか?

 理学療法士の職場は病院以外にもあり、高校生のみなさんがイメージするよりも幅広い活躍の場があります。私自身は、妊婦さんのケアを行う理学療法士をめざしたいと思っています。出産後に体のバランスが崩れてしまう女性が多いのですが、これは出産前からケアをしてあげることで緩和することができるからです。理学療法士が妊婦のケアを行うというのは仕事の幅を広げる意味でも、理学療法士のできる仕事を広く一般の方に知ってもらうという意味でも、価値のあるチャレンジになると思っています。

最後に、この職業を目指す人へのメッセージをどうぞ!

 リハビリテーションは長期間にわたる場合が多く、最後まで取り組む粘り強さと熱意を持ち続けなくてはなりません。高校時代から、そういった意識を高めておくと良いのではないでしょうか。また、仕事についてからも医学の進歩にあわせて勉強をすることは大切です。新しいことを学ぶ喜びと楽しく勉強する工夫を知っておいてほしいですね。