×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

パンフ・願書を取り寄せる

東武医学技術専門学校

トウブイガクギジュツセンモンガッコウ / 埼玉
専修学校

センパイメッセージ

画像ALT

  • 氏名:三浦 彩乃さん
  • 入学年:2017年
  • 出身校:宮城[高校生]: 公:宮城県気仙沼高等学校
  • 学部:臨床検査科

Q1.臨床検査技師を目指したきっかけを教えてください。

「人のためになる仕事がしたい!」という思いから最初は警察官を目指していましたが、東日本大震災の際に、避難所で活躍するDMAT(災害派遣医療チーム)の方々を間近に見て医療職種に憧れを持つようになりました。そんな中、消防士として働く兄が「火災が起こった後にしか人を助けにいけないのが悔しい」と話をしている姿を見て、医療職種の中でも、病気の発見や予防医学に携われる臨床検査技師になりたいと強く思い、目指すことに決めました。

Q2.3年間での思い出を教えてください。

実は、最初はずっと大学しか考えていませんでしたが、この3年間を通して、東武医学に入学して本当に良かったと感じています。先生も事務職員の方もみんな顔見知りでよく声を交わすので、アットホームで「あたたかい家」のような感覚になります。友だちも全員が臨床検査技師を目指しているので、互いに問題を出し合うなど、問題一問一問にもそれぞれの友だちとの思い出があります。一人で勉強するのではなく、全員で国家試験に向けて頑張れる環境だからこそ、国家試験に合格できたと感じています。

Q3.臨床検査技師を目指す高校生へメッセージをお願いします。

臨床検査技師は病気について広く深く勉強できるところが魅力です。家族や周りの方々の体調が悪い時には「この病気かな?」と予測することができ、安心させてあげることができます。また、感染症などに対しても、正しい知識を持ちニュースを見ることができるので、仕事をする上だけでなく日常でも役立つ知識をたくさん得ることができます。 また、臨床検査技師は病院・クリニックだけでなく、検査センター、健診センター、治験、肺培養士、化粧品会社(研究開発)など幅広い活躍場所のも魅力です!ぜひ、一緒に臨床検査技師を目指しませんか。

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:根間 菜月さん
  • 入学年:2019年
  • 出身校:茨城[高校生]: 公:古河第三高等学校
  • 学部:臨床検査科

Q1.東武医学技術専門学校を選んだきっかけを教えてください。

高校の先生からいろいろな学校のオープンキャンパスへ行き、しっかり雰囲気を見てくるよう言われていたので、全部で9校学校を見にいきました。その中で、東武医学の体験入学では、先輩方のとても楽しそうな雰囲気が良く、また同じ高校出身の先生が教えていらっしゃることに親近感がわき、「ここなら自分に合いそう!」と感じたことが本校を選んだきっかけです。また、ほかの学校とは違い学術同好会があり、先輩とも交流でき幅広い人間関係を築けそうな点も魅力に感じました。

Q2.臨床検査技師になるための勉強はいかがですか。

高校の時にはなかった医療系の専門科目について少しずつわかるようになると、とても面白いです!例えば、先生が毎日病理学や組織学に関する問題を出題してくれるのですが、それに毎日チャレンジし、これまでわからなかった内容についてわかるようになる瞬間にとてもやりがいを感じます。また、なかには苦手な科目もありますがひたすら書いて覚えることを意識し、自分がわかりやすいように図を書いてまとめ直すなどして苦手を克服できるよう取り組んでいます。

Q3.学生生活はどうですか?

学校行事の企画・運営を行う自治会に所属しているので、忙しさはありますが楽しく充実した日々を送っています!高校生の時にはみんなの前に立つような性格ではありませんでしたが先生に声をかけていただき自治会に所属し良かったと感じています。9月に行われた学園祭ではステージ企画の運営を行い、みんなをまとめることは大変でしたが、いい勉強にもなりましたし、とても楽しく良い思い出になりました♪

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:関口 海輝さん
  • 入学年:2018年
  • 出身校:埼玉[高校生]: 公:庄和高等学校
  • 学部:臨床検査科

Q1.臨床検査技師を目指したきっかけを教えてください。

最初は自動車整備士になることも考えていましたが、中学生の時、病院で超音波検査を受けたことがきっかけで、臨床検査技師の仕事に興味を持ち始めました。その時、検査をしてくれた臨床検査技師の方がただ検査をするだけでなく、「病気かもしれない」と不安だった私を安心させようと会話をしながら検査をしてくれたことがとても印象に残っており、「将来こんな風になりたい」と思い、目指そうと決めました。

Q2.学校の勉強について教えてください。

最初は、授業を聞いていてもさっぱりわからない内容も正直ありました(笑)。ですが、先生が基礎から時間をかけて教えてくれますし、友だち同士で気軽に教え合える環境なので、乗り越えることができました。今では、別々の科目でも学んでいくうちに知識がつながる瞬間がとても楽しいです!例えば、解剖学で血管の走行・血液の流れについて学んだあと、病理学でがん細胞が転移しやすい部分について習った際に「血管がこういう流れだから、○○にがんが転移しやすいんだ」と気づくことができました。科目の壁を越えて知識が深まると、医療について学んでいるという実感がわきます。

Q3.学生生活はどうですか?

勉強だけでなく、球技大会やバーベキュー大会などの学校行事もたくさんあるので、息抜きができ楽しい学生生活を送っています!春に行われた球技大会では、学術同好会ごとのチーム戦があったのですが、最終種目のリレーで逆転し優勝することができました!ほかにも、昼休みに友だちとグラウンドで運動したり、所属しているソフトボールクラブでは年に数回野球場を借りて試合を行ったりしています。さまざまな学校行事やクラブ活動をとおして、同学年の友だちはもちろん先輩や後輩とも交流を深めることができています。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる