パンフ・願書を取り寄せる

名古屋医療秘書福祉専門学校

ナゴヤイリョウヒショフクシセンモンガッコウ / 愛知
専修学校

卒業生の仕事

医療のエキスパートになるのが目標。

Q1.仕事の魅力・やりがい

画像ALT

私は現在医事課に所属し、病院での受付・会計業務、電話応対、健診予約、レセプトの請求業務やさまざまな書類の処理などの仕事に携わっています。想像していたよりも業務内容が幅広く、覚えるべきことが多かったり、分からないこともたくさんありましたが、仕事をやっていくにつれて「分かること」が増えて行く。そこに喜びとやりがいを感じています。

Q2.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

短大では心理学を専攻していました。でも在学中に進路がなかなか決められず、悩んでいました。そんな時、過去に医療事務経験のある母から「誰かから“ありがとう”と言ってもらえる仕事はなかなかないよ」とアドバイスされ、医療事務という仕事に興味を持ちました。ちょうどその頃、祖父が病院に通っていたこともあり、医療機関の人間として誰かの役に立ちたいと思い、めざすことにしました。

Q3.後輩へのアドバイス

画像ALT

うちの学校は礼儀作法にはとにかく厳しいです。普段はフレンドリーに接してくださる先生も、職員室への入室の際や授業の始まりと終わりの挨拶がしっかりできないとやり直しをさせられる。最初は、面倒くさいなと思うかもしれない。でも、社会に出てから、すべて当たり前にできていることに感謝するはず。さまざまなマナーを身につけていることは、それだけで社会人としてのスキルの高さに結びつきますから。また、医療事務ってなんだか難しそう!というイメージもあると思いますが、専門学校には現場経験のある先生方も多く、とても分かり易い授業をしてくれるので、大丈夫です。医療機関のしくみを知ることは、例え医療の仕事に携わらなくても役立つと思いますから、がんばって勉強してください。

小池 詩織さん
名古屋医療秘書福祉専門学校医師事務コース卒
学校名/名古屋医療秘書福祉専門学校
勤務先/医療法人成信会 さくら病院
名 前/小池 詩織さん
卒業年度/2015年3月
卒業学科/医療秘書科 医師事務コース
出身校/三重県津市立三重短期大学

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる