パンフ・願書を取り寄せる

臨床福祉専門学校

リンショウフクシセンモンガッコウ / 東京
専修学校(職業実践専門課程を設置)

学校ニュース

[2017年06月09日 12時18分]

補聴器|言語聴覚療法学科2年

言語聴覚士の職業領域のひとつに『きこえ』があります。

「聞こえ」の障害がある方を相手に、
検査や訓練、補聴器のフィッティングを行うのも言語聴覚士のお仕事。

補聴器は耳が不自由なかた(難聴者)にとってはとても便利なものですが、
生活環境に合わせる必要があります。

補聴器は単純に拾う音を大きくするというものではなく、
患者様に残された能力に合わせて『聴く力』を補うこと役割をもっています。

今回の授業では外部講師の先生をお招きし、
実際に補聴器のフィッティングソフトの操作とイヤモールドの作成実習を行いました。

非常に小さな機械にも関わらず、高性能であることに学生の皆さんは驚いていました。
補聴器の構造や機能などの基本的な知識だけでなく、
検査を通じて患者様を評価し補聴器を調整することが重要であることを学びました。

\授業見学開催中/
*月~土曜日 9:00~17:00

ご予約は【イベント情報】から!

学校ニュース一覧へ戻る

パンフ・願書を取り寄せる