パンフ・願書を取り寄せる

臨床福祉専門学校

リンショウフクシセンモンガッコウ / 東京
専修学校(職業実践専門課程を設置)

学校ニュース

[2017年06月10日 14時16分]

言語学|言語聴覚療法学科(1年)

普段わたしたちが意識せずに使っている日本語の「構造」について、考えたことはありますか?
今回は、格助詞をご紹介します。

格助詞は「が・に・を・へ・で・から・まで・と・より」の9種類があります。
わたしたちは普段この格助詞の意味をもの凄い速度で使い分けをしています。

例えば「で」。名詞のあらわす意味が異なってきます。
・ホテルで行われた…………………場所
・紙で汽車を作った…………………材料
・風邪で学校を休んだ………………理由
・後は私達でやります………………主体

たとえば脳に障害がおこり、失語症となった方々が
このような使い分けに支障が出てくることは充分考えられます。

言語聴覚士を目指す学生にとって、言語学の授業は
「あたりまえのことがあたりまえにできない」ことを再認識できます。

★オープンキャンパス開催中★
来校予約は【イベント情報】から!

学校ニュース一覧へ戻る

パンフ・願書を取り寄せる