パンフ・願書を取り寄せる

臨床福祉専門学校

リンショウフクシセンモンガッコウ / 東京
専修学校(職業実践専門課程を設置)

学校ニュース

[2017年06月30日 14時28分]

社会ニーズ高まる嚥下障害のリハビリ|言語聴覚療法学科

先日開催した「嚥下(えんげ)」についてのオープンキャンパスのレポートです!

「みなさん、食べることはお好きですか?」
摂食・嚥下=”たべる・のみこむ”ということは、
人間の豊かな生活を支える大事な要素です。

咽頭マイクや聴診器をつけて、自分の「ごっくん」という飲み込み音を聞いてみます。
「頚部聴診法」という、音で障害の有無を判別する方法です。

X線をあてながら造影剤を飲み込んでもらい、透視画像で嚥下状態を見る検査と違い、
より簡易的に行えます。(ただし経験が必要。)

やはり1人でも多くの患者さまを診る=1年でも早く現場経験を積むことは
言語聴覚士のキャリアアップには重要となってくるようですね。。。

\言語聴覚士なら、今までのキャリアが活かせる!/

『有資格者対象学校説明会』
7/1(土) 11:00~12:00

★オープンキャンパス開催中★

イベント詳細・来校予約、お待ちしております!

学校ニュース一覧へ戻る

パンフ・願書を取り寄せる