パンフ・願書を取り寄せる

臨床福祉専門学校

リンショウフクシセンモンガッコウ / 東京
専修学校(職業実践専門課程を設置)

学校ニュース

[2018年02月06日 11時56分]

模擬カンファレンスの様子|言語聴覚療法学科1年

病院では”カンファレンス”と呼ばれる医療スタッフのミーティングがあります。

医師・看護師・理学療法士等と、言語聴覚士で、ある特定の患者さまについて、各々の役割から、患者さまの経過や、現在の処置などの現状を共有し、患者さまが次にどのようなステップを踏みながら回復へつなげていくか、というすり合わせを行います。

本校の言語聴覚療法学科では、この”チーム医療”の視点を学ぶため、模擬カンファレンスという演習を行っています。

卒業後、言語聴覚士として他の職種との連携を図るためには、どのようなことを行っているのかを知っておく必要がある、と本校の専任教員は考えています。

このような取り組みが展開できるのは、「専任教員が現在も臨床ケースを抱える現役の言語聴覚士として活躍しているから」。

だからこのような、今の医療現場の風景を再現・指摘することができるのです。

来校予約は【イベント情報】または【本校HP】から

学校ニュース一覧へ戻る

パンフ・願書を取り寄せる