学校パンフ取り寄せで図書カードGET

パンフ・願書を取り寄せる

大宮医療秘書専門学校

オオミヤイリョウヒショフクシセンモンガッコウ (平成28年4月 大宮医療秘書福祉専門学校より校名変更予定) / 埼玉
専修学校

卒業生の仕事

今はまだ未熟で職場の先輩に頼ることも多いですが、将来は患者様と一緒に働く職員の皆さんから信頼を寄せて頂けるような医療事務員になりたいです。

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

私が医療現場で働きたいと思ったのは、小学生の頃でした。ケガをしてしまい病院に行くことになったのですが、「病院は怖いな。行きたくないな」と尻込みをしていました。しかし、受付のお姉さんや看護師さんが笑顔で優しく接してくれたおかげで、少しずつ恐怖心がなくなっていき、安心することができ、治療を受けることができました。高校生になり進路について考えたときは、「ケガや病気の人の役に立てる医療現場で働きたい」という気持ちが固まっていましたね。もともと細かな作業を集中してできる性格でもあったので、医療事務という仕事が自分に向いていると考え、目指すことに決めました。

Q2.学生の頃の思い出

画像ALT

在学中に体験して、今とても役立っていることは2年生のときの病院実習ですね。病院実習とは一ヶ月間、自分で選択した病院で実際に現場スタッフの方々と働かせてもらうというものでした。実習中は、先輩スタッフの方々から「ご高齢の方とお話しするときは、言葉遣いに気をつけて不快な思いをさせないように」、「耳が不自由な患者様には、大きな声で」、「自分が行きたい科がどこにあるか迷っている患者様を見かけたら、一緒に付き添ってあげる」など、患者様をご案内するときの注意点をたくさん教えていただきました。病院での実習経験があったおかげで、実際に病院で働き始めたとき、ある程度落ち着いて業務に取り組むことができました。

Q3.これからの目標や夢

画像ALT

今はまだ分からないことも多くて先輩方に頼ってばかりですが、将来は患者様にはもちろんのこと、一緒に働く職員の皆さんからも信頼を寄せて頂けるような医療事務員になりたいですね。そのためには、病院で定期的に実施される勉強会にしっかり参加して、自宅でも復習したり、医療現場で役立つ感染対策の方法や接遇などの知識をたくさん身につけていくことが必要だと思います。

吉岡 舞さん
大宮医療秘書専門学校医療秘書科卒
吉岡舞さん 医療秘書科病棟クラークコース卒業
吉川中央総合病院勤務

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる