見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー

建築技術者(建築・インテリアの仕事)に就くための学び方がわかる!ショートストーリー

※学校名以外の登場人物などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※学校名以外の登場人物などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

設計の担当者は、建築物の用途や規模など、あらゆる角度から検討を重ね、依頼者と打ち合わせを行いながら設計プランを立てます。
設計の担当者は、建築物の用途や規模など、あらゆる角度から検討を重ね、依頼者と打ち合わせを行いながら設計プランを立てます。
設計担当者が作った設計図をもとに実際に工事を進めるのが、施工担当者。必要な資材、作業員などを手配し、工事が予定どおり進むよう現場監理をします。
設計担当者が作った設計図をもとに実際に工事を進めるのが、施工担当者。必要な資材、作業員などを手配し、工事が予定どおり進むよう現場監理をします。
ICSカレッジオブアーツでは、設計・施工といった専攻にとらわれず、ものづくりの過程を通して学びます。 例えばインテリアマイスター科では、木工の基礎から家具作り、インテリア施工に必要なすべての技術を学ぶだけでなく、デザイン理論から空間の構造までを学び、デザイナーの意図を正確に読み取る力を身につけます。
ICSカレッジオブアーツでは、設計・施工といった専攻にとらわれず、ものづくりの過程を通して学びます。 例えばインテリアマイスター科では、木工の基礎から家具作り、インテリア施工に必要なすべての技術を学ぶだけでなく、デザイン理論から空間の構造までを学び、デザイナーの意図を正確に読み取る力を身につけます。
建築の現場では、デザイン知識と施工技術の両方が必要。建築家やデザイナーと対等な立場で意見交換ができるばかりか、センスの良し悪しを含め顧客の気持ちまでわかる感性を持った新しい職人「多能工」、あるいは一つの技術に秀でた「専門工」が期待されています。
建築の現場では、デザイン知識と施工技術の両方が必要。建築家やデザイナーと対等な立場で意見交換ができるばかりか、センスの良し悪しを含め顧客の気持ちまでわかる感性を持った新しい職人「多能工」、あるいは一つの技術に秀でた「専門工」が期待されています。
さまざまなインテリアを下地から仕上げまでコントロールできる力を身につけ、今後ますますニーズが高まるリフォームやリノベーションに求められる技術と知識を、ICSカレッジオブアーツは鍛えます。
さまざまなインテリアを下地から仕上げまでコントロールできる力を身につけ、今後ますますニーズが高まるリフォームやリノベーションに求められる技術と知識を、ICSカレッジオブアーツは鍛えます。
主人公が学んだ学校を学校説明会でもっと知ってみませんか?主人公が学んだ学校を学校説明会でもっと知ってみませんか?

ICSカレッジオブアーツ

現役で活躍する有名講師陣の個別指導で、
インテリアデザイン・施工のプロフェッショナルに!

1963年に設立された歴史あるインテリアデザインの専門学校。有名講師陣による個別指導で、学生は個人能力を磨いていきます。インテリアデザイン・施工のプロとして、卒業後に即戦力で活躍できる人材を育成します。

ポイント

  • ・設計・施工の両方を学べ、確かな物を作り上げる「多能工」を育てます。
  • ・担任講師とじかに向き合う少人数制の丁寧な指導で、技術と知識、自信を育てます。
  • ・業界への情報網を生かした就職支援により、高い就職率を実現しています。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る