めいおう

名桜大学

公立大学 沖縄県

名桜大学

請求するものにチェックを入れて「請求リストに追加」ボタンを押してください。追加した大学資料・願書は「請求リスト」で確認できます。

最新情報

過去1ヵ月の最新情報はありません

国際学群

人間健康学部

  • 幅広い教養と専門知識を身に付けた国際的教養人を育成
  • 沖縄ならではの美しい自然に囲まれた教育環境
  • 活発なディスカッションが展開される少人数制の授業

名桜大学の特色は?

教員と学生の距離が近い、少人数による実践的な授業

名桜大学は少人数制の授業を基本としています。ディスカッションや質疑を自由にできる雰囲気を大切にすることで、理解度の高い学びへつながるという考えからです。学生の個性を尊重するアットホームな学風は、このようなところから生まれています。

多様な人と目標に向かって支え合い協働できる力

学生が学生をサポートする支援センターやサークル活動が活発なところも名桜大学の特徴の一つ。
新入生の支援を行う「ウェルカムナビゲーション」、語学学習を支援する「言語学習センター」、数理系の基礎学力向上と教養科目の学習支援を行う「数理学習センター」、教職をめざす学生をサポートする「教員養成支援センター」、教育現場で学習支援ボランティアなどを実践するサークル「ぴゅあサポート」、就職活動を支援するサークル「S-CUBE」、地域住民や名桜大学生の健康増進を支援する「ヘルスサポート」などがあります。
仲間や教職員と協働し、後輩を支援していく中で、社会に出てから求められる「他者と支え合い協働する力」を身につけることができます。

地域に貢献できる高度な専門力

地域に開かれた大学として、高い専門能力を身につけ、地域でのボランティア活動を積極的に行っています。
地域の小中学校での学習・部活動支援ボランティア、子どもから高齢者まで、地域住民の食育活動や健康支援ボランティアなど。
これらの地域貢献の取り組みは、学生が主体となって行われています。地域の方々からも好評で、地域活性化に期待が寄せられています。

名桜大学のアドミッションポリシーは?

◎国際学群のアドミッションポリシー
語学力を磨くとともに、自国と他国の文化について知識と理解を深めたい、国際化・グローバル化時代に対応できる情報技術とマネジメント能力を身に付けたい、国際・国内の観光産業分野で活躍したいと考える学生を求めています。幅広い教養と深い専門性を兼ね備え、国際社会と地域社会へ貢献したいと考える意欲的な学生を歓迎します。
本学群へ入学を希望する学生は、高等学校教育における教科(英語、数学、国語、理科、社会等)の内容をバランスよく修得しておくことが重要です。
人間健康学部スポーツ健康学科のアドミッションポリシー
スポーツ健康学科は、「スポーツ領域」と「健康領域」の二つの領域を柱としています。ウエルネス、スポーツ、健康をキーワードに自主的に学びたい学生を求めています。そして、社会人としての基礎力を身に付けて、学際的な視点から「スポーツ」「健康」の両面を科学的に探究し、社会に貢献できる健康支援人材を目指す学生を歓迎します。
本学科へ入学を希望する学生は、高等学校教育における教科を全体的に履修したうえでスポーツ健康学における必要な科目(体育や保健等)について、高等学校教育の内容を十分修得しておくことが重要です。
人間健康学部看護学科のアドミッションポリシー
看護学科は、本学の教育理念に共感し、自ら考え行動しようとする学習意欲の高い学生を求めています。多様な経歴・目的意識をもった幅広い年齢の社会人、編入学の学生にも門戸を開いています。とくに、人間や社会について興味や関心を持てる学生、他者の痛みや生命の尊さを感受できる豊かな感性を持つ学生、自分のやりたいことや考えを明確に主張できる学生、そして目標に向かって粘り強く、自ら進んでチャレンジできる学生を歓迎します。
本学科へ入学を希望する学生は、高等学校における教科を全体的に履修した上で、看護学に必要な科目(生物や化学等)について、高等学校教育の内容を十分修得しておくことが重要です。

名桜大学の教育環境は?

美しい自然に囲まれた教育環境

沖縄県は、歴史的背景からアジア諸国やアメリカなどの多様な文化に接し、それらを柔軟に取り入れ、独自の文化を生み出してきました。また、本学が立地する沖縄本島北部地域は、「やんばる」と称される亜熱帯の青々とした自然環境を有しています。この恵まれた教育研究環境の中、国際性豊かな人材を育成しています。

活発な国際交流
ブラジル、アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国、韓国、台湾、ベトナムなど15か国・地域の23大学と国際交流協定を締結しています。学生は、本学に在籍したまま1年間協定大学に留学できます。協定大学から本学に留学する外国人学生のために、初級から上級レベルの日本語コースも設置しています。
施設・設備
◎言語学習センター/英語と日本語を中心に、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語、タイ語、ドイツ語、フランス語などの言語学習を行うことができます。
◎数理学習センター/主に数理系の学習支援を行っています。専属の学生チューターが、利用者へのアドバイス、自主学習、グループ学習のサポートを行っています。
◎教員養成支援センター/1年次から4年次までの系統的な教員養成プログラムを実施し、教育現場に適応した質の高い教育実践者の育成をめざしています。
◎人間健康学部実験・実習棟/筋機能測定装置・トレッドミル・エルゴメーターなどを備えた運動学・運動生理学実験室をはじめ、トレーニング室、看護・介護・養護実習室などを完備しています。
※上記の他、学習や生活を支援する施設が充実しています。

名桜大学の募集学部・学科・定員・所在地は?

【2014年度】

学部 学科・定員 所在地
国際学群(6専攻:国際文化、語学教育、経営、情報システムズ、診療情報管理、観光産業)(280名) 1~4年:沖縄
スポーツ健康学科(95名)
看護学科(80名)
1~4年:沖縄

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

名桜大学の学費・奨学金

初年度納入金
(入学金を含む)
国際学群、人間健康学部スポーツ健康学科
◎地域内70万4100円
◎地域外82万9100円
人間健康学部看護学科
◎地域内72万4100円
◎地域外84万9100円
本学独自の奨学金制度
入学時に募集する本学独自の奨学金には、学業奨励奨学金、スポーツ奨学金があります。いずれも1年次に10~20万円を支給します。2年次以降も希望する場合、再申請となり、1年次での学業成績やスポーツ活動状況を審査し決定します。

名桜大学の大学院・併設の大学

大学院

◎国際文化研究科(言語文化教育研究領域、社会制度政策教育研究領域、経営情報教育研究領域、観光環境教育研究領域、人間健康科学教育研究領域)
さまざまな文化を理解する能力を持ち、国内外における地域課題の解決に必要な視野を持った高度の専門的職業人および研究能力を有する人材を育成します。
◎看護学研究科
地域に根ざし、地域の健康問題を創造的に解決していく卓越した看護実践能力の育成と看護現象の解明を目的とした研究能力の開発、看護の新たな価値の創出をめざし、高度専門職業人および教育・研究者を育成します。

名桜大学の所在地・アクセス

 

本学キャンパス

名護バスターミナルからバス「名桜大学入口」下車(所要時間約18分)。徒歩15分

名桜大学の問い合わせ先

 

住所 〒905-8585 沖縄県名護市為又1220-1 教務部・入試課
電話番号 TEL.(0980)51-1056 FAX.(0980)54-0077
URL
URL(携帯)
E-Mail
名桜大学・沖縄県の大学・短大(短期大学)を探すならBenesse マナビジョン~

名桜大学・沖縄県の大学・短大(短期大学)の学部・学科情報、入試科目・入試日程、難易度(偏差値)、就職状況、学費、大学生・短大生が書いた学部・学科レポート

名桜大学

請求するものにチェックを入れて「請求リストに追加」ボタンを押してください。追加した大学資料・願書は「請求リスト」で確認できます。

資料
一般願書
推薦願書+AO願書
国際学群 資料
人間健康学部 資料