熊本保健科学大学

くまもとほけんかがく 熊本保健科学大学 私立大学 熊本県

最新情報

過去1ヵ月の最新情報はありません

熊本保健科学大学

ここに注目

  • チーム医療の即戦力となる保健医療分野のプロを育成
  • 開学以来、就職率100%を達成!
  • 私立の医療・看護系大学の中で学費を低く設定し、家計を支援

熊本保健科学大学の
特色

最先端の専門知識と技術を身につけ、 21世紀の医療現場で活躍できる有能な人材を育成

21世紀の医療は「チーム医療」。医師、臨床検査技師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったさまざまな医療スタッフが協力し、互いに情報を共有しながら一丸となって患者さんと向き合い、医療に取り組むシステムです。また、地域の医療機関、福祉施設、検査施設、研究施設などが連携しながら一人ひとりの病気を予防し、健やかに生きることを実現するための医療も広義の「チーム医療」といえます。本学は、このような大きな視点で未来を見据え、医療の進化に貢献できる人材の育成を目指しています。


基本理念・教育目標

基本理念

「知識・技術・思慮・仁愛」
1、保健医療分野に関する専門知識技術の教育と研究を行う
2、人間と社会に深い洞察力を持つ人材の育成
3、高度な知識と技術を有し、保健医療分野に貢献できる人材の育成
4、豊かな人間性を備え、創造性に富む、活力ある人材の育成


教育目標

1、生命の尊厳と社会について洞察力を有し、自立できる人材を育てる
2、広い視野に立ち、課題探求力と問題解決力を有する人材を育てる
3、医療専門職と連携恊働し、自己責任の果たせる人材を育てる
4、多様な価値観を理解し、国際的な言語運用能力と情報技術を持つ人材を育てる

特色ある学生支援体制

本学では、全ての学科・別科において学生一人ひとりをきめ細かく指導できるよう、スモールグループ担任制を採用しています。スモールグループとは、学生と担当教員で構成される少人数グループのことで、学生生活や進路選択など一人ひとりの状況に応じてサポートするシステムです。同じ教員が複数の学年のスモールグループを担当するので、学年を超えた交流も生まれます。
具体的には、修学支援、国家試験対策、学生生活支援、健康サポート、保護者とのコミュニケーション、就職支援など多岐にわたります。

熊本保健科学大学の
教育環境

エコ・キャンパスをめざして

本学は、地球にやさしい大学を目指し、自然エネルギーを積極的に活用するなど、キャンパス全体で環境保全に取り組んでいます。大規模な太陽光発電システムの設置や、医療の未来を担う人材の育成をめざす大学にふさわしく県下で初めて敷地内全面禁煙を徹底するなど、地球環境や学生の健康に配慮しています。

屈指の規模を誇るソーラーシステム

広大な面積の円形屋根にサンサンと降り注ぐ太陽。そのエネルギーを有効に活用するため、1号館屋上に2,672枚のソーラーパネルを設置しています。出力 480kw、年間発電量約49万kwhという国内の大学で屈指の規模を誇る太陽光発電システムが稼働。本学で使用する電力の約4分の1をまかなっています。

即戦力を培う最新の施設・設備

●優秀な医療人を育む高度な教育・研究設備を完備
遺伝子関係実験室、超音波検査室、精密機器室、MRI室、医学検査学科総合研究室、マルチ/蛍光顕微鏡室、実習室、成人・老年看護実習室、母性・小児看護実習室、地域・精神看護実習室、基礎看護実習室、動作解析研究室、義肢装具学実習室、作業療法実習室、運動療法学実習室、水治療学実習室、発達障害学実習室、音声分析室、聴覚検査室、小児訓練室、摂食・嚥下実習室 など

熊本保健科学大学の
募集学部・学科・定員・所在地

【2016年度】

保健科学部

学科・定員

  • 医学検査学科(100名)
  • 看護学科(100名)
  • リハビリテーション学科/理学療法学専攻(40名)
  • 生活機能療法学専攻(40名)
  • 言語聴覚学専攻(40名)

所在地

  • 1~4年:熊本

保健科学部の詳細を見る

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

熊本保健科学大学の学費・奨学金

初年度納入金

    学費については、他の私立医療・看護系大学に比べて低く設定しています。
    【2016年度実績】
    ●医学検査学科/リハビリテーション学科
    入学金20万円、授業料等130万円、合計150万円(初年度)
    ●看護学科
    入学金20万円、授業料等120万円、合計140万円(初年度)

安心して学生生活を送れるよう独自の奨学金制度を設置

◎熊保大奨学制度
選考により、各学年16名の学生に対して、月額5万円(年額60万円)の奨学金を給付(返還不要)します。
◎成績優秀学生奨励制度
前年度での学業成績が特に優秀な学生に対し、5万円の奨励金を給付(返還不要)します。
◎その他
日本学生支援機構奨学金、地方公共団体、民間団体の奨学金があります。

過去の留学実績・留学プログラム

過去の留学実績(調査年度:2016年)

学生数、教員数

  • 【学生数】1496
  • 【外国籍の学生数】0
  • 【教員数】320
  • 【外国籍の教員数】3

2015年度の留学実績

  • 【留学期間別の留学人数】 1ヶ月未満 9

留学プログラムについて(調査年度:2016年)

交換研修

  • 【留学先】
    韓国、タイ、韓国かタイのどちらかが派遣先になります。
  • 【留学期間】1か月未満
  • 【対象人数】14
  • 【留学開始時期】2017年9月
  • 【奨学金】
  • 【単位認定】
  • 【問い合わせ先】
    部署:企画課

SESC & Leadership Program

  • 【留学先】
    韓国
  • 【留学期間】1か月未満
  • 【対象人数】2
  • 【留学開始時期】2017年8月
  • 【奨学金】
  • 【単位認定】
  • 【問い合わせ先】
    部署:企画課 電話番号:0962752111

熊本保健科学大学の
大学院・併設の大学

保健科学研究科:2つの教育研究領域を備えた大学院

保健科学研究科保健科学専攻
医学・医療の急速な進展に伴い、高い専門性が求められる保健科学の臨床検査およびリハビリテーションの2つの領域に、一般学生および医療現場の社会人にも学びやすい大学院修士の教育・研究課程を提供します。
◎臨床検査領域/病因・病態の検査科学、細胞分子生命科学
検査結果から初期の段階で疾患の予兆を把握し、発症予防および早期の治療開始に寄与できる医療人を養成します。病因・病態の検査科学、細胞分子生命科学の2分野を設置し、共通科目として必修1科目を含む7科目、専門科目として必修1科目を含む6科目の講義および臨床検査施設での実習ならびに研究指導を実施します。

◎リハビリテーション領域/理学療法学、作業療法学、言語聴覚学
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に関する新知識・技術力を高め、身体機能の回復の促進のみならず健康保持・増進、QOL向上のための幅広い学識と高度な専門性を有する人材を養成します。さらに、地域リハビリテーションの充実に貢献できる指導者を養成する目的で、理学療法学、作業療法学および言語聴覚学の3分野を設置。共通科目として必修1科目を含む7科目、専門科目として必修1科目を含む8科目の講義および臨床施設での実習ならびに研究指導を実施します。

熊本保健科学大学の
所在地・アクセス

本学キャンパス

JR鹿児島本線「西里」駅から徒歩1分
熊本交通センターから「上熊本・西里」経由のバスに乗車、「西里駅前」下車

詳細な地図を見る

熊本保健科学大学の
問い合わせ先

住所

〒861-5598 熊本市北区和泉町325 
入試広報課

電話番号

TEL.(096)275-2215(直) FAX.(096)245-3126

気になる学校を検索してみよう

PAGE TOP