こうりつすわとうきょうりか

公立諏訪東京理科大学

公立大学 長野県
※2018年4月公立化。「諏訪東京理科大学」から「公立諏訪東京理科大学」に名称変更。

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報応用工学科(150名)新設
※2018年4月改組
機械電気工学科(150名)新設
※2018年4月改組

所在地

1~4年:長野

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ハードとソフトを融合した新しい“ものづくり”と“ことづくり”を学ぶ情報応用工学科
●「ものをつくって、動かす」機械と電気を結びつけた新たなハードづくりを学ぶ機械電気工学科
●マネジメント基盤教育で「経営がわかる」技術者を育成

【学生数】993名(2017年5月1日現在)※システム工学部・経営情報学部を含む
【専任教員数】45名(2017年5月1日現在)※システム工学部・経営情報学部を含む

情報応用工学科新設※2018年4月改組

講義・学問分野

[知能・情報・通信コース]
人工知能、ビッグデータ、インターネット、医用・健康・センシング、画像・音響・情報、通信・ネットワーク
[社会情報システムコース]
人工知能、ビッグデータ、インターネット、医用・健康・センシング、メディア表現技術、ソフトウェアデザイン

閉じる

機械電気工学科新設※2018年4月改組

講義・学問分野

[先進機械コース]
ロボット・制御(介護・福祉)、航空・宇宙、環境エネルギーマネジメント、先進自動車、革新的材料・モノづくり、統合安全・安心
[電気電子コース]
ロボット・制御(介護・福祉)、航空・宇宙、環境エネルギーマネジメント、先進自動車、センシングデバイス、リニア・磁気浮上

閉じる

学部の特色

ハードとソフトを融合した新しい“ものづくり”と“ことづくり”を学ぶ情報応用工学科

すべての「人」と「もの」がつながる豊かな世界のために、情報応用工学科ではハードとソフトを融合した新しい“ものづくり”と“ことづくり”を学びます。
人工知能を用いたビッグデータの解析・制御など、情報工学のハードウェア・ソフトウェアに関する知識とスキルを修得。ハードとソフトを融合した、情報工学のトータルシステムを研究、開発、提案できる人材を育成します。

閉じる

「ものをつくって、動かす」機械と電気を結びつけた新たなハードづくりを学ぶ機械電気工学科

電気自動車やロボットなどの開発が進み、機械と電気の結びつきがいっそう強まった今、機械・電気両分野の知識とスキルを修得し、「ものをつくって、動かす」機械と電気だからできるハードづくりを学びます。ミクロの世界から航空宇宙まで、未来に必要なものづくりができる人材を育成します。

閉じる

マネジメント基盤教育で「経営がわかる」技術者を育成

ものづくりは時代や社会のニーズに合わせ、常に進化し、そこには技術力の発展だけでなく、人々のニーズを知り製品開発に生かす力や組織的な経営戦略など、マネジメントの要素も大きく影響しています。実社会では、工学と経営学は密接な関係にあり、これからの時代、マネジメントの知識を持った技術者がより多く求められるようになります。
本学では、全学生共通のカリキュラム「マネジメント基盤教育」を実施。さまざまな事例や課題を通してマネジメントの素養を身に付けた次世代の技術者を育成します。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

情報応用工学科

最先端の情報工学の知識と技術を修得し、自分のアイデアを新しいカタチで実現

「人工知能」「ビックデータ」「医用・健康・センシング」「インターネット」の4分野を中心に、ハードとソフトの両面から幅広く学修し、情報工学のトータルシステムを研究・開発します。3年次から「知能・情報・通信コース」と「社会情報システムコース」に分かれ、「ゼミ研究1・2」を通じ、自分の興味・関心のある研究室に所属して先輩と一緒に研究を“とことん”追求します。専門分野の講義に対応した演習・実験は習熟度別少人数クラスで学べるのも特徴です。自分のアイデアを新しいカタチで実現することができる人材を養成します。

閉じる

機械電気工学科

機械工学と電気電子工学を習得し、新たな価値の創造に挑戦

「ロボット・制御」「航空・宇宙」「環境エネルギーマネージメント」「先進自動車」の4分野を中心に、機械工学と電気電子工学の基礎から応用までを幅広く学修します。機械・電気を有機的に結びつけることで、多様性に富んだ未来社会を創造する研究・開発を行います。2年の後期には自分の未来を見据えて「先進機械コース」か「電気電子コース」を選択し、専門分野の知識を高めます。3年次からスタートする「ゼミ研究1・2」では、自分の興味・関心のある研究室で、先生や先輩のサポートを受けながら基礎研究を行うことができます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】長野県茅野市豊平5000-1
教務・学生支援課 入試・広報係
TEL.(0266)73-1244 
 【URL】https://www.suwa.tus.ac.jp/next/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ