×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうりつすわとうきょうりか

公立諏訪東京理科大学

公立大学 長野県

大学トップ

ここに注目
  • 工学に特化した1学部2学科の「公立工学系大学」
  • 社会で活躍できる「実践力」を育むカリキュラム
  • マネジメントの素養を身に付けたエンジニアを育成

大学の特色

工学系に特化した公立大学として、新たな一歩を

ものづくりと情報応用技術

わが国有数のものづくり産業の集積地である諏訪にある本学は、地域の特徴や強みを生かした数々のプログラムで、日本をけん引するものづくりを担う人材を養成します。
ものづくりは情報技術の発展とともに大きな変化の時を迎えています。なかでも人工知能は、あらゆる分野への応用に関心と期待が高まっています。本学でも、人工知能をはじめとする情報通信技術、先端技術に関する力を身に付けることを重点に置いた教育を展開しています。

閉じる

様々な技術で、産業を新たなレベルへ押し上げる

研究の特色―地域連携教育開発機構

地域連携研究開発機構は、地域産業界等のニーズに応え、先進的なイノベーション型研究や実用型研究を推進することを目的として2018年に創設された研究機関です。「人工知能・IoT研究部門」「医療介護・健康工学研究部門」「農業理工学研究部門」「次世代輸送システム研究部門」「地域情報・マネジメント研究部門」「地域先進技術研究部門」で構成されており、教員が学部や学科の枠を超えて協力し、先端研究に取り組んでいます。

閉じる

「マネジメントの素養を身に付けた技術者」を育成

マネジメント基盤教育

日々進化するものづくりの世界においては、技術の発展のみならず、時代や社会のニーズを踏まえて製品開発に生かす力や、経営戦略、マネジメントの要素も必要となっています。
本学では、学科・コースの枠を超え、全学生が「共通・マネジメント教育」を履修します。工学の基礎となる数学・物理・語学の科目を通して技術者としての基礎を固め、「マネジメント基盤教育」では、マネジメントに関するさまざまなテーマの授業科目を設定して、工学部でありながらマネジメントにも精通した次世代のものづくりを担う技術者を育てます。

閉じる

アドミッションポリシー

求める学生像

■工学部のアドミッションポリシー
今後の地域産業をリードしていく人工知能などの情報応用技術や地域産業の要である「ものづくり」を支える機械電気技術について深い関心があり、これらの技術に関して基礎から応用まで修得し、また、自律した社会人として地域や国内外で活躍できる学生を育成するため、次のような資質を持った人を求める。
1.高等学校等における各種の学習内容を幅広く理解している。
2.工学の基礎学問である数学、理科に関する基礎学力を有している。
3.自分の考えを的確に伝えるための表現力とコミュニケーション力を身に付けている。
4.広い観点から主体的に問題に取り組み、論理的に考察できる思考力を身に付けている。

閉じる

教育環境

自然豊かな環境で集中して学修・研究に取り組める

恵まれた自然環境と地域社会が学びのフィールド

精密機械産業の集積地として発展してきた諏訪エリアは、「ものづくりの地」です。なかでも、本学のキャンパスがある茅野市は、八ヶ岳や蓼科高原、車山高原といった有数の観光地があり、夏は避暑地として、冬はウインタースポーツで1年を通じ賑わいます。大自然のなかで、地域社会と一体となって発展する大学。キャンパスだけでなく、諏訪が、信州すべてが新しい学びのフィールドになります。

閉じる

学部

【2019年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納付金(2019年度入学者対象)

工学部/817,800円(入学金282,000円、年間授業料535,800円)
※その他、学生傷害共済補償費等が別途必要です。
※入学者の出身地域等に関わらず、入学金は同額となります。

奨学金制度・授業料減免制度

【給付型奨学金】(2019年度入学者対象)
優秀学生奨学金制度
◎対象者
大学2~4年生
◎資格・条件
【第1種】各学科成績上位1%程度である者 【第2種】各学科成績上位3%程度である者
 ※前年度のGPA及びGPSを判定基準とする。
◎人数
資格を満たす者の中で選考で選ばれた者【第1種】各学年4名【第2種】各学年8名を上限とする。
◎支給額
【第1種】240,000円 【第2種】120,000円

【授業料減免制度】
経済的理由による授業料減免
◎対象者
大学1~4年生
◎資格・条件
経済的理由により授業料の納付が著しく困難であり、かつ学業成績優秀と認められる者。
◎人数
70人を上限とする。
◎支給額
年間授業料の半額を免除。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】1155人
【外国籍の学生数】11人
【教員数】104人
【外国籍の教員数】6人

昨年度の留学実績

閉じる

住環境

夏の避暑地として有名な蓼科高原の麓に位置する本学。冬は寒いですが、大学内は床暖房も入るので快適に過ごせます。スキー場までは車で30分の好立地です!
多くの学生が一人暮らしをしています。8畳程度の部屋にキッチン、バスルーム、トイレといった1Kタイプの部屋が多く、条件によっても異なりますが、1か月の家賃はおよそ4万円台です。

閉じる

クラブ・サークル活動

勉強だけが大学生活ではありません。時には仲間とともに一つの目標に向かって汗を流すことも大事です。本学では60%以上の学生がクラブ・サークルに所属し、自分に合ったサークルで青春のひとときを輝かせています。

体育会系クラブ

硬式テニス部、バスケットボール部、サッカー部、軟式野球部、卓球部、フットサル部、弓道部、剣道部、少林寺拳法部、スキー部、ソフトバレーボール部、陸上競技部、スポーツサイクル部、バドミントン部、クライミング部、アルティメット部、ハンドボール部、WORKOUT部、バレーボール部、ソフトボール部

文化系クラブ

軽音部、コミック研究部、美術部、ホビー部、劇団楓、ロボット研究部、ボランティ、ソーシャルビジネス部、JAZZ研究会、文芸部、ラジコン部、写真部、電子工作部、マイコン部、格闘ゲーム部、サバイバルゲーム部、パソコン部、TRPG、ってみた部、理大アンサンブル部、SRLUG、アウトドア研究部、AIサークル

その他団体

学生会、理大祭実行委員会

閉じる

パンフ・願書

工学部の教育の特色や学習・研究、入試について、先輩たちのキャンパスライフ、本学を知るための情報が満載です。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●長野県茅野市豊平5000-1 
JR中央本線「茅野」駅から「理科大」行きバス、または白樺湖線「福沢入口」下車(所要約10分) 
※在学生は茅野駅~大学間で本学学生専用の通学バスパスポート(年間登録料9,000円)が利用可

閉じる

問い合わせ先

住所

〒391-0292
長野県茅野市豊平5000-1 
教務・学生支援課 入試・広報係

電話番号

(0266)73-1244 

URL

https://www.sus.ac.jp/

E-Mail

koho@admin.sus.ac.jp

その他

【FAX.】(0266)73-1231

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ