パンフ・願書を取り寄せる

神奈川衛生学園専門学校

カナガワエイセイガクエンセンモンガッコウ (厚生労働大臣認定 (財)日本スポーツ協会認定アスレティックトレーナー承認校) / 神奈川
専修学校

卒業生の仕事

選手たちの「心の痛み」まで 和らげられるようなトレーナーになりたい

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

中学・高校で柔道をやっていたのですが、ケガに悩まされることが多かったため、選手として、なかなか周囲の期待に応えるような活躍ができませんでした。ケガが慢性化してしまうと日常生活に影響を及ぼすこともありますので、その痛みや苦しい状況を少しでも和らげることができたら、と思ったのがきっかけです。

ケガで苦しんだ私自身の経験から、スポーツ選手のケガを予防しケアできる仕事として「スポーツ医療」に関わりたい、と思うようになりました。

また、父親が鍼灸マッサージ師(神奈川衛生学園の卒業生)で治療院を経営していることもあり、子どもの頃から鍼灸マッサージには馴染みがありました。スポーツ医療における鍼灸マッサージの有用性も知っていましたので、この道を志すようになりました。

Q2.私の学生時代

画像ALT

学生の年齢層が幅広く、さまざまなキャリアの方々がいますので、高校新卒の私にとっては、人生経験を積んだ年上の方々の話はとても興味深く、勉強になりました。同じ目標に向かってお互いにアドバイスし合い切磋琢磨していく、3年間の学びは本当に重要です。
アスレティックトレーナーの先生から、在学中にずっと言われてきた言葉を、いまでもとても大切にしています。
それは「学ぶ姿勢」を持ち続けること。そして、「自分のレベルを上げるために競争し続けるようだと、自分が困ったときに誰も助けてくれない」という言葉です。
もし、頑張れない人たちがいたら、その人たちが頑張れるように、一緒になって努力する。
そうすると、自分が困ったときに一緒になって助けてくれる仲間が沢山できる。
これは「選手から学ばせてもらう」「患者さんから学ばせてもらう」姿勢につながっています。

また、在学中に学んだ鍼の打ち方、マッサージの仕方は、そのままスポーツ医療の現場で活かされています。「神奈川衛生学園は実技のレベルが高い」ということを、卒業して現場に出てから実感しています。

Q3.これからの目標や夢

画像ALT

鍼灸マッサージを通して、関わっている選手から、「おかげさまでコンディションが良くなった」って言われるのが本当に嬉しいです。

私の目標は、経験を積んで、プロスポーツチーム、企業スポーツチームのヘッドトレーナーとして活動すること。一度は、日本代表のトレーナーとしても働いてみたいですね。

私自身がケガで苦しんだ時期がありますので、選手たちの「心の痛み」まで和らげられるようなトレーナーになりたいです。

小宮山 正広さん
神奈川衛生学園専門学校東洋医療総合学科卒
のぞみ整骨院グループ みなみ整骨院
・鍼灸マッサージ師
・アスレティックトレーナー
[高校新卒で入学、東洋医療総合学科2016年卒]

鍼灸マッサージ師+アスレティックトレーナー(AT)として、
スポーツの現場で活躍。

高校新卒で本校へ入学し、3年間で4つの資格(鍼灸マッサージ師+AT)を取得。
サッカーやバレーボールの選手たちのケアを行っている。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる