学校パンフ取り寄せで図書カードGET

パンフ・願書を取り寄せる

東京未来大学福祉保育専門学校

トウキョウミライダイガクフクシホイクセンモンガッコウ / 東京
専修学校

卒業生の仕事

子供たちが成長したときに会いに来てくれるような魅力的な先生を目指して

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

高校卒業後の進路を決めるにあたって、自己分析をしたり、両親と話し合ったりする中で、私は他人のお世話をするのが好きだと気づきました。
そして、幼稚園教諭・保育士の資格が取れる学校のオープンキャンパスに参加するようになりましたが、東京未来大学福祉保育専門学校のオープンキャンパスに参加したことで子どもに関わる仕事を目指そうと思いました。
最初から「幼稚園の先生になる!」と決めていた訳ではなく、入学して学校に通ううちにだんだんと意思が固まっていきました。

Q2.これからの目標や夢

今後、他の先生方の声かけや対応を学び、自分の納得できる保育ができるようになることです。
理想は、私が自信と余裕を持って指導して、子どもたちだけではなく周囲の人も笑顔にできる保育です。
今はまだ、自分に余裕がなく、子どもたちに怒ってばかりだと毎日反省しきりですが、将来的には他の先生の良いところをどんどん吸収していって、沢山の笑顔を作れる先生になりたいと思っています。
年長さんの子どもは、もう大人の表情を読むことができますから、少しでも自分に曖昧で自信がない指導をすると、すぐにみぬかれてしまい、子どもたちを不安にさせてしまいます。教室の空気は先生が作るものとしっかり自覚し、沢山の笑顔あふれる、良い雰囲気の教室を作っていきたいと思います。
あとは、一日で良いから「今日は完璧だった!」と思える日を作ること。
今は10点満点中3~4点の日々ですが、近い将来、10点満点の日を作りたいと思います。

Q3.後輩へのアドバイス

幼稚園教諭は沢山の子どもたちの成長を近くで見守ることができる、とてもキラキラしたお仕事です。
子どもたちは先生の顔色を読むので、子どもが楽しく過ごすためには、まず自分が楽しむことが重要です。
どんなことでもまずチャレンジして楽しむ姿勢が大事です。またいろいろなことに興味を持つことも大事です。
思わぬところであそびなどのインスピレーションが得られることがあります。
それと、幼稚園の先生は子どもたちにとってかけがえのない、代わりのいない存在です。だからこそ責任感をもってお仕事ができますし、子どもたちの笑顔のためならいくらでも頑張れるものです。

近藤 智恵さん
東京未来大学福祉保育専門学校保育科卒
近藤 智恵
勤務先:美松学園幼稚園

卒業年:2017年3月卒業
卒業学科:保育科
出身校:新潟県立糸魚川高等学校

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる