大学入試センター試験の最新情報をお届け!

たかさきけいざい

高崎経済大学

公立大学 群馬県

大学トップ

ここに注目!
  • 専任教員が行う少人数によるゼミナール教育
  • 全都道府県から学生が集まる「全国型公立大学」
  • 海外での語学研修やフィールドワーク等も助成金で支援

大学の特色

2017年4月、経済学部に国際学科を開設

~グローバル・エキスパートを育むために~
英語を話せることは、国際社会に参加するために不可欠なスキルですが、それだけで仕事はできません。「話すことができる」ことと同じくらい「何を話すか」が重要です。本学の国際学科は経済学部に設置されています。国際ビジネス・国際機関などで役立つ経済・経営の知識を深く身に付けつつ、英語によるコミュニケーション能力や国際文化・社会などに関する幅広い知識にも触れることで、「グローバル・エキスパート」になるための知識・スキルを身に付けることができます。

《国際学科の特色ある科目構成》
1.経済学・経営学の基礎を幅広く学ぶ科目分野
2.専門科目の基礎を英語により学ぶ科目分野
3.経済学・経営学の専門領域を深く学ぶ科目分野
4.グローバルな教育を総合的に学ぶ科目分野
5.国際経済・国際経営を実践的に学ぶ科目分野

《国際学科の特色ある教育方法》
1.英語による専門科目の講義
2.国際系科目教員による少人数ゼミ
3.海外研修、海外留学、海外フィールドワークの実施
4.全学共通化した英語・外国語プログラム
5.経済・経営とグローバルのコラボレーション

閉じる

高崎経済大学の魅力「8styles」

1957年、高崎市の市立大学として創立された本学は、公立大学法人化を経て2017年に創立60周年を迎えました。全国型公立大学として、国内外から多彩な学生が集まり、キャンパスは多様性に富んだ学生たちが切磋琢磨しながら大きく成長しています。
キャンパスライフのあふれる8つの魅力を「8styles」と名付け、入学から卒業までのサポートや、多様で充実したカリキュラムを編成し、学生の知的好奇心に応えています。
8styles
1.経済学部と地域政策学部、2学部6学科で人材育成
2.必修のゼミナールで課題解決能力アップ
3.キャンパスライフは身近でアットホーム
4.交通アクセスに恵まれた“高崎”での課外活動で自主性が育つ
5.地方大学でも友達は日本全国
6.就職活動はガイダンス・講座・情報提供で有利に
7.英語教育と留学サポートが充実、世界を視野に
8.入試は前・中・後期、得意科目を活かして受験

閉じる

必修のゼミナールで課題解決能力アップ

ゼミナールは、学生が自分自身の興味や関心を持つ専門分野を選択し、限られた人数でより専門性の高い内容を主体的に学ぶ場です。活発な議論を交わし、問題の本質を捉える力や、課題解決の方法を考え抜く力を徹底的に鍛えます。フィールドワークなどによる実践教育に力を入れているゼミもあります。

閉じる

アドミッションポリシー

高崎経済大学の学生受け入れ方針

基礎的な学力を十分に備え、本学の目的及び学生育成目標に共感し、学部の目的と教育内容に魅力を感じ、明確な目的意識と「学びへの憧れ」を持ち、主体的に学ぶことのできる人を受け入れる。

閉じる

教育環境

図書館

大学の中心に位置し、約36万冊を内蔵しています。館内に設置されたPCを利用し、図書館ウェブサイトを介してデータベースや電子ジャーナルなどを自由に閲覧できます。
他にも図書館内には全面開架式の書架、利用目的に応じた閲覧スペース、展示室や多目的ホール、ラウンジを設置しています。平日は9時から21時30分まで、日曜・祝日も開館しています。

閉じる

English café

英語を実践する場、異文化体験の場、留学へのステップアップの場、そして英語を学ぶという共通の目的を持った学生たちの集いの場として、多くの学生が利用しています。空き時間を利用し、入れたてのコーヒーを飲みながら、いつでも自由にネイティブの先生と会話を楽しむことができます。

閉じる

ネットワーク環境

学生専用の学内ネットワークを利用したポータルサイトでは、履修登録や履修の確認、授業の連絡、個人のスケジュール管理などの各種サービスが、学内に設置してあるコンピュータだけでなく、自宅のパソコンからでも利用することができます。学内には学生に開放されたコンピュータ室があるだけでなく、無線LANを利用して個人のパソコンをインターネットに接続できる環境があります。

閉じる

学部

2018年度入学者対象

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2018年度入学者対象】

学費(授業料、入学料、検定料)
授業料:520,800円(年額)
※初年度は802,800円(年額/入学料を含む)
授業料減免
学業が優秀で、天災その他特別な事情で家庭収入が著しく減少し、授業料の負担に耐えられないことが認められた場合、選考のうえ、授業料の全額、1/2、1/3、1/4が減免される制度があります。
2017年度は、622名(留学生含)が授業料減免を受けています。

奨学金制度

高崎経済大学同窓会奨学金
家計を支えている者の死亡や被災など、家計が急変し修学が困難になった学生で、事由発生月から12か月以内(死亡の場合は6か月以内)に申請があった者を対象に審査し、給付します。
給付額:400,000円以内

高崎経済大学後援会奨学金
原則として学年次ごとに各学期(前期・後期)を単位として、授業料等徴収規程における授業料減免対象者で授業料を全て納入している者の中から、学業成績が優秀にもかかわらず経済的な理由から修学が困難な者に対し、選考のうえ、各学期の授業料の2分の1相当額もしくは3分の1相当額を支給します。ただし、第1学年次の前期及び第4学年次の後期は対象外となります。

給付額:130,200円(20名)
     86,800円(40名)

ほかに、日本学生支援機構の奨学制度などがあります。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】4043人
【外国籍の学生数】106人
【教員数】311人
【外国籍の教員数】33人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 139人
1か月以上3か月未満 7人
3か月以上6か月未満2人
6か月以上1年未満8人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】14
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】141〜160人
【奨学金給付金額総額】1,500万円以上2,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

海外研修支援事業

【留学先】アメリカ・カリフォルニア州、アメリカ・その他の州、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、ドイツ、ポーランド
【留学期間】その他
【対象人数】156(前年度実績)
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】無
【応募資格】基本的には不問(ただし、一部の留学先では基準値を設けている場合がある)
【問い合わせ先】
URL:http://www.tcue.ac.jp/international/index.html
部署:教育グループ国際交流支援チーム
電話番号:0273447895

閉じる

住環境

ひとり住まいをする新入生のためにアパートなどの物件情報の提供、およびアパート情報冊子の配布を行っています。大学周辺には多くの物件がありますので、有効に活用し、自分に合う生活条件を備えたアパートを見つける参考にしてください。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

合気道部、アメリカンフットボール部、空手道部、弓道部、硬式庭球部、硬式野球部、サイクリング部、サッカー部、山岳部、直心影流剣道部、自動車部、柔道部、準硬式野球部、少林寺拳法部、水泳部、ソフトテニス部、ソフトボール部、卓球部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、男子バドミントン部、女子バドミントン部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、ハンドボール部、ラクロス部、ラグビー部、陸上競技部、ローバースカウト部、ワンダーフォーゲル部

文化系クラブ

ESS(英語研究部)、映画研究部、演劇研究会、会計学研究部、都市研究会、観光研究会、ギタークラブ、棋道部、グリークラブ、軽音楽部、経済数学研究部、経理研究部、考古学研究部、政治経済研究会、茶道部、山野愛好会、写真部、情報システム研究会(TISS)、ハイキング部、美術部、文芸研究部、放送研究会、法律研究会、漫画研究会、マンドリンクラブ、書道部、モダンジャズ研究会、旅行研究会、歴史研究会

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

●経済・経営研究科
●地域政策研究科

閉じる

パンフ・願書

大学案内では、2学部6学科の学びの詳細やキャンパス紹介、入試情報などを掲載しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

●群馬県高崎市上並榎町1300
JR上越・北陸新幹線、上越線、信越本線、高崎線、両毛線「高崎」駅下車、市内循環バスぐるりん(西口4番乗り場、系統番号3経大先回り)、群馬バス(西口2番乗り場)「高経大前」下車

閉じる

問い合わせ先

住所

〒370-0801
群馬県高崎市上並榎町1300
企画調整室 入試チーム

電話番号

(027)343-5417(代)
企画調整室 入試チーム
(027)344-6265(直)

URL

http://www.tcue.ac.jp/

その他

FAX.(027)343-4830

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ