にいがたせいりょう

新潟青陵大学

私立大学 新潟県

先輩の学生生活体験記

プロフィール

母子とその家族の持てる力を引き出せる助産師を目指す

プロフィール写真
  • 新潟青陵大学
  • 看護学部 看護学科 3年生
  • 安藤 楓香さん
  • 福島県立郡山高等学校
  • 2018年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は勉強と部活を両立しながら毎日充実した日々を送っていました。その中でも特に力を入れていた活動は部活動です。高校3年間、チアダンス部に所属し、毎日朝、昼、放課後の練習に励んでいました。チアダンス部は全国大会に出場し、入賞することを目標に掲げていたため、練習はハードでしたが、部員約40名全員が同じ目標に向かって、声を掛け合いながら全力で活動して、夢を実現させることができました。また、郡山高校は文武両道をモットーにしていたため、勉強面でも休み時間や帰宅後の時間など、時間を有効活用しながら大学進学に向けての学習をしていました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

3年生の母性看護学実習を通して、母子のケアに興味を持ったことをきっかけに、現在は助産師課程を専攻して助産師になるため知識・技術について学んでいます。大学生活の4年間で、看護師以外にも助産師や保健師、養護教諭などの免許取得の権利を得ることができる点が青陵大学の魅力だと思います。特に、リプロダクティブヘルスケア実習Iでは、思春期の子どもの生と性に関する健康への支援について学ぶという目的で、高校生に向けて性に関するピアエデュケーションを実施したり、大学生に向けて健康支援を実施したりしています。今後は、4年生からの助産学実習で妊婦さんの個別性を考えたケアや支援ができることを目指して、分娩介助技術の習得に励んでいきたいです。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

青陵大学に入学後は、看護師になるという夢をかなえるために1年生の頃から勉学に励んできました。学年が上がるにつれて、専門知識を学ぶようになり、講義の内容がうまく理解できないこともありました。そんな中で、大学の先生方は、学生の質問に対して学生が納得し、理解できるまで丁寧に対応して、学生の学びを全力でサポートしてくださいます。また、専属の指導教員が、学生生活が有意義で充実したものとなるよう、学生の相談に応じて、悩みや不安を取り除いてくださるアドバイザー制度があることも青陵大学の魅力です。他にも、図書館には学習に集中できるスペースがあり、学習環境が整っていること、青陵大学には互いに切磋琢磨し合うことができる仲間が集まっていること等、青陵大学に入学してよかったと思えることは数えきれないほどあります。

閉じる

後輩へのアドバイス

進路が決まっている人も決まっていない人も、悩みや不安という壁にぶつかったら、一度心を落ち着かせて、自分の気持ちをゆっくり考える時間をとってみてください。忙しい日々を送っている皆さんにとっては、時間がもったいないと感じるかもしれませんが、その考える時間が自分を成長させてくれると思います。また、考える時間は大切にしつつ、困ったことがあれば、先生や友人、家族等、周囲の人をたくさん頼ってくださいね。これから受験に挑む皆さんのことを心から応援しています。焦らずに、最後まで自分を信じて頑張ってください。

閉じる

看護師+αの学びで将来の可能性を広げる

希望者は看護師の他にもう1つの資格を取得することが可能です。助産師の定員は15名、養護教諭は人数制限なしと全国でもトップクラスの資格養成数を誇ります。保健師の定員は40名です(助産師と保健師は3年次に選抜試験があります)。模擬試験や国家試験対策・採用試験対策などが充実しており、合格までを徹底的にサポートしているため、毎年国家試験合格率も高く、2020年度は看護師、保健師、助産師ともに100%を達成しています(看護師:合格者92名、助産師:合格者14名、保健師:合格者54名)。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ