×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にほんけいざい

日本経済大学

私立大学 福岡県/東京都/兵庫県

日本経済大学/経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(160名)
商学科(福岡キャンパス)(90名)
商学科(神戸三宮キャンパス)(140名)
健康スポーツ経営学科(220名)

所在地

経済学科 商学科福岡キャンパス 健康スポーツ経営学科
  1~4年:福岡
商学科神戸三宮キャンパス
  1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●4年間で体系的に学べる環境で、身近な話題から経済を考える「経済学科」
●知識と教養、そして国際視野を備えたビジネスリーダーになる「商学科」
●さまざまな角度でスポーツに関わる「健康スポーツ経営学科」

本学部では、「経済学科」(3コース)「商学科」(3コース)「健康スポーツ経営学科」(1コース)の3学科7コース体制で、将来の目標やテーマにフィットした学習が可能になっています。

【キャンパス】福岡キャンパス、神戸三宮キャンパス
【学生数】福岡キャンパス1393名、神戸三宮キャンパス508名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】福岡キャンパス47名、神戸三宮キャンパス10名(2020年5月1日現在)

経済学科

講義・学問分野

経済学、情報リテラシー基礎、経営学、経済史、商学、法学、情報リテラシー応用、ミクロ経済学、マクロ経済学、経済地理、情報処理論、環境経済論、金融論、財政学、経済統計学、交通論、国際関係論、国際経済学、観光政策論、海外観光地理、国内観光地理、資源環境・エネルギー論、公共経済論、地方自治論、日本経済論、経済学史、国際法、アジア経済論、産業組織論、社会政策、リゾート開発論、経済法、証券経済学、地域経済論、国際政治外交史、金融制度論、国際金融論、民法Ⅱ(債権各論)、労働法、行政学、行政法、国際政治 など

閉じる

商学科(福岡キャンパス)

講義・学問分野

商学、情報リテラシー、簿記原理Ⅰ、経営学、経済学、法学、商業史、WEBサイト作成、マーケティング論、会計学、情報処理論、流通経済論、国際関係論、国際経済学、簿記原理Ⅱ、企業活動法、原価計算論、税務会計論Ⅰ、保険論、交通論、金融論、国内観光地理、海外観光地理、観光法規、観光政策論、ホテル概論、ホテル実務、経営戦略論、国際マーケティング論、経営情報システム論、経営シミュレーション、銀行論、生産システム論、商業政策、広告論、証券経済学、会計監査論、管理会計学、税務会計論Ⅱ、アジア経済論、貿易商務論、貿易政策、リゾート開発論、現代ツーリズム論、観光文化論、ホスピタリティビジネス、国際金融論

閉じる

商学科(神戸三宮キャンパス)

講義・学問分野

※カリキュラムは福岡キャンパスと同様

閉じる

健康スポーツ経営学科

講義・学問分野

経営学、情報リテラシー、経済学、簿記原理Ⅰ、健康管理論、運動障害と救急処置、トレーニング科学Ⅰ、経営組織論、会計学、企業論、マーケティング論、スポーツ生理学、地域スポーツ振興論、スポーツ経営学、スポーツ栄養学、トレーニング科学Ⅱ、スポーツ社会学、運動機能解剖学、スポーツ組織論、スポーツビジネス論、健康スポーツ実習Ⅰ、健康スポーツ実習Ⅱ、経営管理論、経営戦略論、スポーツ指導論、スポーツ心理学、レクリエーション論、スポーツ経営戦略論、スポーツコーチング実践演習、コミュニティースポーツ実施演習、スポーツビジネス実施演習、健康スポーツ実習Ⅳ、レクリエーション指導法、健康運動指導士特講、レクリエーション実習

閉じる

学部の特色

4年間で体系的に学べる環境で、身近な話題から経済を考える「経済学科」

激動する経済社会を解明し、多角的な考察で問題を解決する力を育み、モノやサービスの生産、交換、消費、それらに関わる生活を見つめ、「よりよい社会のあり方」や「人間の幸福」を追究します。
福岡キャンパスで3つのコースを設置しています。
◎日本経済コース(福岡キャンパス)
◎国際経済コース(福岡キャンパス)
◎公務員コース(福岡キャンパス)

閉じる

知識と教養、そして国際視野を備えたビジネスリーダーになる「商学科」

物の売買や情報の流れを中心に、これらをとりまく会計、ファイナンス、マーケティング、流通、情報サービス などの各領域を学んで、国際ビジネスの世界で活躍できる人材を育成します。キャンパスは福岡と神戸三宮の2か所にあり、3つコースを用意しています。
◎会計・財務コース(福岡キャンパス・神戸三宮キャンパス)
◎ホテル・観光ビジネスコース(福岡キャンパス・神戸三宮キャンパス)
◎国際流通ビジネスコース(福岡キャンパス・神戸三宮キャンパス)

閉じる

さまざまな角度でスポーツに関わる「健康スポーツ経営学科」

「健康スポーツ経営学科」では、経済学を基本として、経営学と保健体育学の学際的な知識、技術を教育、研究し、スポーツ経営分野における独自性、専門性を追求した個性的なリーダーの育成をします。
◎スポーツマネジメントコース(福岡キャンパス)

閉じる

学べること

経済学科

未来系の自分を見つける

4年間で体系的に学べる環境で、身近な話題から経済を考えていきます。
激動する経済社会を解明し、多角的な考察で問題を解決する力やリーダーシップを育みます。

【日本経済コース】
経済理論を理解し、日本の財政、金融制度、保険制度、年金制度、社会保障制度等とその問題点、また格差問題や少子・高齢化の問題など現在の日本が抱える諸問題を学習し、これをいかに解決すべきかを検討します。
【国際経済コース】
世界の国々の政治や文化を考慮しながら、どのように経済発展を遂げてきたのかその要因とプロセスを学び、国際社会と日本の関係、これからの方向性や仕組みを考え、国際経済を正しく理解します。
【公務員コース】
憲法・民法・行政法・刑法・商法を中心に学習し、さまざまな行政問題に対応できる公務員をめざすコースです。さらに経済学・経営学を学ぶことで、豊かな法律知識やリーガルマインドに加えて企業経営や経済にも精通した人材を育成します。

【授業・講義】
日本経済論

日本経済の特質と今後の発展をテーマとして、日本の社会構造を把握した上で、これからの成長には何が必要なのかを検討していきます。アベノミクスには「成長戦略」がありますが、成長するための方策はさまざまあります。この授業をつうじて自分の考え方を持てるようになってください。

閉じる

商学科(福岡キャンパス)

国際的な視野を備えたビジネスリーダーとして活躍

「会計・財務コース」「ホテル・観光ビジネスコース」「国際流通ビジネスコース」の3つのコースから、「人」や「お金」、「流通」や「情報」の動きをグローバルな視点から捉えます。商学の知識と教養、そして国際視野を備えたビジネスリーダーを育成します。

【会計・財務コース】
企業や消費者の立場から財務情報にもとづく企業評価を行い、資産の管理、運用、保全のために必要なノウハウを身に付けます。また、経営についても具体的な手法を学ぶことができる、充実したカリキュラムです。
【ホテル・観光ビジネスコース】
急増する訪日観光客への対応や、東京オリンピックに向けたホテル・観光ビジネスの充実は喫緊の課題。当コースでは実践的な人材育成を目的に、旅行業務取扱管理者やおもてなし検定などの資格取得にも取り組みます。
【国際流通ビジネスコース】
産業・経済のグローバル化・ネットワーク化は、企業に国境を超えた活動を促しています。このコースでは、国際化する経営環境の中で変化を先取りし、需要を創造していくための調査・戦略策定・意志決定などを実践できる力を養います。

【授業・講義】
流通経済論

近年では百貨店、スーパー、コンビニに加えて家電量販店や製造小売業などの新業態が誕生し、流通を学ぶことは日本経済の理解にも関係しています。
本講義では流通産業の中心となる業態をはじめ販売の革新にともなう新しい流通業の形態、消費者の行動と成長産業について理解を深めます。

閉じる

健康スポーツ経営学科

スポーツ科学の観点から社会に貢献する

人々の健康な生活や生きがいを、スポーツ科学の観点から考え、社会に貢献します。
科学的知識や経営能力を身に付け、質の高いスポーツ指導者やスポーツ経営者を育成します。

【スポーツマネジメントコース】
経営学科目ではスポーツと関連した経済学領域を、健康スポーツ科目では健康づくりやスポーツ指導者に求められる指導法と科学的知識を学びます。日本体育協会公認の「スポーツ指導者」資格の理念に基づくカリキュラムで、関連資格の取得が可能です。

【授業・講義】
スポーツ指導論

スポーツ振興基本計画にもあるように『国民の一人ひとりが豊かで活力ある「生活/くらし」をめざし、生涯を通じたライフステージにおいて、自己の能力・適正、興味・関心等に応じ、主体的にスポーツ文化を豊かに享受することのできるスポーツライフを築き上げていくという社会、いわゆる「生涯スポーツ社会」を実現していく』ことに寄与できる指導法を考えられるように学習します。

閉じる

問い合わせ先

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ