とっとり

鳥取短期大学

私立短大 鳥取県

大学トップ

ここに注目
  • 夢を実現に導く5つの学科・専攻の学び
  • 就職に生かせる多彩な免許・資格の取得が可能
  • 担任制の導入や多彩な奨学金など、学生生活を支える制度が充実

大学の特色

鳥取短期大学のマスコットキャラクター「とりたん」

地域社会のニーズに対応する教育を展開

鳥取短期大学=通称〈とりたん〉は、1971年4月に鳥取女子短期大学として開学。その後、男女共学となり2021年に創立50周年を迎えました。開学以降、さまざまな地域連携活動を積極的に行い、地域に貢献する人材の育成に取り組んでいます。

閉じる

協調性や主体性、コミュニケーション力を養う教養科目

良識ある人格形成を促す全学共通科目

AIの普及など技術発展が目覚ましい現代社会において、柔軟な発想力やコミュニケーション力をもった人材が求められています。本学では各学科・専攻における専門科目に加え、全学共通の教養科目の開講、学外での豊富な実習や活動などを通して、幅広い教養や多様なコミュニケーション力をバランスよく修得できるカリキュラムを編成。新たな時代に必要とされる人材の育成をめざしています。

教養科目
本学では、社会人に必要な幅広い教養や的確な判断力を養う「教養科目」を全学共通科目として開講しています。「教養」「外国語」「体育」の科目の中から幅広く学んだうえで、各分野の専門性を身に付けていきます。

閉じる

~山陰全域がキャンパス~

地域とつながり、地域に学ぶ

本学では、交流体験や現場研修、成果発表など、あらゆる形で地域と関わり、地域に密着した活動を行っています。学科・専攻においても、それぞれの専門分野の特性を生かし、地域の課題に取り組む機会を豊富に設けています。

<各学科・専攻の地域とのかかわり>
◎国際文化交流学科
地域のイベント「くらよし国際交流フェスティバル」に参画し、地域の方と共にさまざまな企画・運営を行っています。多くの方との関わりを通して、学んできたコミュニケーション力や主体性、他者の理解、伝える力などを実践できる機会として、成長につなげています。
◎生活学科 情報・経営専攻
グループワークによる課題解決型学習(PBL)を通して、社会・ビジネスに対する問題意識を高め、自立するための能力開発を目的とした科目「プロジェクト演習(ビジネス)」を開講しています。
◎生活学科 住居・デザイン専攻
授業での演習課題のほかに、鳥取県美術展覧会や倉吉市美術展覧会、建築コンペなど、2年間で多くの作品を制作し、出品しています。
◎生活学科 食物栄養専攻
県内産農産物の規格外品やB級品食材の有効活用を考え、調理によって新たな価値を見出すことを目的としたコンクール『“とりたん食材まるごと活用” 料理コンクール』を開催しています。
◎幼児教育保育学科
子育て支援センターや放課後児童クラブ、イベントなどに赴き、地域の方との触れ合いを通して保育者としての資質を高めます。ボランティア活動にも積極的に参加し、学びを深めています。

閉じる

アドミッションポリシー

鳥取短期大学の理念

鳥取短期大学の理念
“とりたん=鳥取短期大学”は「地域に貢献する人材の育成」という建学の精神にもとづいて、3つの基本理念を大切にしています。
心をこめて学生を育み、そして進路の支援をします。
あなた自身の夢を、人生のテーマを実現する第一歩を“とりたん”で踏み出しませんか。

夢を実現する
夢を育み実現する力、専門知識・技能、そして人を思いやる豊かな感性・心を培う。社会における活動・仕事あるいはさらなる学びという形で、夢を着実に現実に近づける。

一人ひとりの学生の顔が見える
忘れられた学生は一人としていない、アットホームな大学。夢を実現するのは大学に関わるすべての人々。全学生、全教職員がキャンパスライフの主人公。

地域とともに歩む
人は、人との関わりや自然の中で成長する。地域の人々、卒業生との交流、また自然との関わりを大切にする。キャンパスは鳥取県、山陰全域。そんな開かれた大学。

閉じる

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学の教育目的および各学科・専攻の教育目的と目標にもとづき、適切な選抜方法と基準により合否を判定し、次の要件をそなえている人を、入学者として受け入れます。
・本学で学ぶために必要な基礎学力のある人
・自分の考えを主体的に表現することができる人
・ひととのつながりや地域社会を大切にしようとする人

さらに、各学科・専攻はそれぞれの教育目的および学問分野の特性にあわせて、以下のアドミッション・ポリシーを定めています。
◎国際文化交流学科
・言語、文化、交流に関心をもち、自律的に学習する意欲をもつ人
・ひととのかかわりについて主体的に学び将来に活かそうとする人
・コミュニケーションの大切さを自覚し、その力を高めたい人
◎生活学科 情報・経営専攻
・情報と経営に関する専門知識と技術を学ぶことを望む人
・情報とビジネスに関するスペシャリストとして活躍したいと望む人
・情報とビジネスに関する合理的判断力と論理性を身につけたいと望む人
◎生活学科 住居・デザイン専攻
・建築あるいはデザイン分野を学ぶための基本的な能力をもつ人
・住宅の設計やデザイン制作に興味や意欲をもつ人
・建築士あるいはデザイナーとして活躍したい人
◎生活学科 食物栄養専攻
・食と健康に興味があり、学習意欲のある人
・栄養士の仕事に関心があり、栄養士をめざす人
・食の立場から他のひとを思いやる心をもつ人
◎幼児教育保育学科
・保育・幼児教育を学ぶ意志が明確な人
・集団の中で学び、身につけた知識や技能を活かす努力のできる人
・子どもと接する責任感や感性の豊かな人

閉じる

教育環境

多様な学びの空間も備えた多機能型施設「交流センター」

高台の緑豊かなキャンパス

四季折々の自然を感じる丘陵に広がるキャンパスには、看護職を養成する「鳥取看護大学」、実習の場として活用される「認定こども園」などが併設されています。
A館
講義室や各実習室をはじめ、食物栄養専攻の学生が使用する実習室が設置されています。1階には、学生の健康を考えた低価格のメニューが揃う「とりたんキッチン」やホールがあり、多くの学生でにぎわっています。
交流センター(2021年4月完成)
開学50周年記念事業の一環として建設された地上3階建の多機能型施設。地域との交流や、キャリア支援やヘルスサポートセンターといった学生支援の充実を図る施設が整備されています。

閉じる

館内にはグループ学習室、視聴覚室を整備

約8万冊の蔵書が揃う付属図書館

キャンパス内の本館には鳥取短期大学の付属図書館があり、約8万冊の蔵書を有しています。グループ学習に利用できるほか、充実の設備を揃えたPC室が整備されています。
さらに、本学は鳥取県立図書館、倉吉市立図書館、および鳥取県立厚生病院と協定を結んでおり、学生は県内の各図書館の資料を相互利用することができます。

閉じる

入学から卒業まで、学生一人ひとりに寄り添ってサポート

学生生活を支える支援制度が充実

本学は、学生一人ひとりが安心で安全な学生生活を過ごせるよう支援体制を整備し、さまざまな面からサポートを行っています。教員一人当たりの学生数が約15人(2021年度実績)と、学生と教職員の距離が近く、学びや進路、生活に関する不安や悩みに対して気軽に相談できる環境です。
担任制
各クラスに担任を設け、入学から卒業まできめ細かな指導を行っています。学習面から学生生活、進路に関することなど、学生の個性や能力、将来の希望などを理解したうえで適切なアドバイスを行います。
オフィスアワー
授業に関する質問や学習方法、就職や進路のことなど、授業以外に教員の研究室を訪ね、自由に質問・相談できる時間帯を設けています。
学生相談室
学内に相談室を設置し、学生生活や日常生活、人間関係などで生じる不安や悩みに対して、専門スタッフがサポートやアドバイスを行っています。

閉じる

学科

【2023年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

入学金・学費(2023年度予定)

◎入学金 24万円

◎学費(授業料、教育・設備充実費、実習費)
・国際文化交流学科        89万円
・生活学科 情報・経営専攻    89万円
・生活学科 住居・デザイン専攻  89万円
・生活学科 食物栄養専攻     93万円
・幼児教育保育学科        94万円

※上記の入学金および学費のほかに、後援会費、学友会費、学生教育研究災害傷害保険・付帯賠償責任保険(2年間分)が必要になります。
※履修する授業科目によっては、材料費などの実費を徴収することがあります。

奨学金制度(2023年度予定)

<鳥取短期大学独自の奨学金>
《出願時申請》
とりたん特待生奨学金(給付型)
学業特待選抜における成績優秀者を対象に、授業料相当額(69万円)の全額または半額を支給。特待生の期間は1年を単位とし、継続には審査があります。
とりたんファミリー支援(入学金免除型)
すべての選抜において専願の受験者を対象に、出願時点で家族(2親等以内の兄弟・姉妹・親子)が鳥取短期大学、鳥取短期大学 専攻科、鳥取看護大学、あるいは鳥取看護大学大学院に同時に入学、もしくは在籍する場合、入学金(24万円)を免除。
とりたん同窓会支援(入学金免除型)
出願時に家族(2親等以内の兄弟・姉妹・親子)に本学の卒業生(同窓会「白鳥会」会員 )がおり、人物・学業ともに優秀な入学予定者に、入学金(24万円)を免除。

《入学手続後申請》
かんとりぃ☆とりたん地域活動奨励金(給付型)
活発な地域活動の実績があり、入学後も地域での活動を行う強い意志や意欲を持つ入学生に対し、地域活動奨励金として10万円を給付。

《入学後申請》
とりたん奨学金(給付型)
人物・学業ともに優秀で、経済的な援助を必要とする学生を対象に、奨学金として年間69万円または34.5万円を給付。奨学生の期間は1年を単位とし、継続には審査があります。
とりたん後援会奨学金(給付型)
入学後、学費支弁者に不測の事態が生じ、 経済的理由で修学が困難な学生を対象に、奨学金として年間69万円または34.5万円を給付。
とりたん学業優秀者奨励制度(給付型)
年間を通して勉学に積極的に取り組み優れた成果をあげた学生を対象に、奨励金として10万円を支給。
かんとりぃ☆とりたん地域活動奨励金(在学生・給付型)
入学後、年間を通して活発な地域活動の実績をあげた学生に対し、地域活動奨励金(10万円)を支給。
とりたん「ひとり暮らしスタート」応援制度(給付型)
本学へ入学するためにアパートや寮でひとり暮らしを始める学生には、応援金として一律10万円を支給。

<その他の奨学金>
鳥取県保育士等修学資金貸付制度(貸与型・出願前申請)
鳥取県では、保育士または幼稚園教諭の養成を目的に、卒業後、鳥取県内で保育士または幼稚園教諭として就業する意思のある幼児教育保育学科の学生を対象に、入学金や学費の一部に相当する額を貸与(無利子)する修学資金制度を設けています。鳥取県内の保育所等において、保育士または幼稚園教諭として一定期間従事した場合は貸付金の返還が免除されます。詳しくは、鳥取県 子育て・人材局 子育て王国課(0857-26-7150)、または鳥取県のホームページをご確認ください。

そのほか、日本学生支援機構奨学金や鳥取県育英会奨学金など、各都道府県や各種団体法人などが運営している奨学金を利用できます。

閉じる

住環境

鳥取短期大学が位置する倉吉市は鳥取県の中央にあり、“くらしよし”倉吉として知られる歴史と自然、人のぬくもりがある街です。鳥取短期大学の在学生の多くが山陰両県の出身者で、地元での学生生活や就職を希望する学生が多いのも本学の特徴です。
また、本学の最寄り駅・JR「倉吉」駅は特急の停車駅でもあるため、遠方からの通学にも便利なことから、鳥取(約30分)や米子(約30分)から通っている学生もいます。JR「倉吉」駅からは無料のスクールバスを運行しています(約5分)。

●シグナス寮(女子学生寮)
JR「倉吉」駅から徒歩3分の好立地に女子学生専用の学生寮があります。プライベートが確保される個室タイプの部屋には、机、本棚、ベッド、冷蔵庫、洗面所などを完備。安心して学生生活をスタートさせることができます。在寮期間は原則として2年間です。一人暮らしの場合でもJR「倉吉」駅周辺の家賃の相場は3万5000円前後となっています。
●シェアハウス(男子学生専用)
鳥取県および倉吉市の補助を受け、市内の空き家をリフォームした男子学生シェアハウスを設けています(定員4名)。JR「倉吉」駅から800mの距離にあり、通学に便利です。各部屋にはエアコン、机、ベッドが備え付けてあります。

◎男子学生のための家賃支援制度
本学には男子学生用の学生寮がないことから、「鳥取県外出身者」または「通学時間が片道1時間以上かかる者(公共交通機関を利用した場合)」に該当し、鳥取県中部に下宿する男子学生に対してアパート代として5000円を補助します。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学では、運動系や文化系の多彩なサークルが活動しています。同じ目標や趣味をもった仲間と学年や学科を超えて交流できるかけがえのない時間を過ごすことができます。

体育会系クラブ

バレーボール部、ダンスサークル・TCN響、卓球部、硬式野球部、バドミントンサークル、テニスサークル、ミラクルスポーツ、ダイエット部、アウトドアサークル

文化系クラブ

茶道部、メディアミックス館、軽音楽部、図書館倶楽部、手話研究部、料理部、吹奏楽部、温泉同好会、新聞会、麻雀部、キッズサークル、ToCoToN FAST防災サークル、妖怪サークル、映画研究会

その他

学友会、聞き書きボランティア、赤十字奉仕団

閉じる

大学院・併設の大学

鳥取看護大学

超高齢社会における地域医療や在宅医療を支える看護職の必要性から、地元自治体や地域の要請により2015年に開学した4年制の看護大学です。

閉じる

専攻科

専攻科(1年制または2年制)

◎国際文化専攻(2年制)
◎経営情報専攻(1年制)
◎住居・デザイン専攻(1年制)
◎食物栄養専攻(1年制)
◎幼児教育専攻(1年制)

閉じる

パンフ・願書

大学の特長から各学科・専攻の学び、先輩の学生生活に様子や各種サポート制度の紹介まで、鳥取短期大学をもっと知っていただけるよう、大学案内を発行しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

学生総数

学生総数

566人
*2021年5月1日現在

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

<各地からJR[倉吉]駅までのアクセスと所要時間>
◎鳥取から…特急スーパーはくとで約30分
◎米子から…特急スーパーまつかぜで約30分
◎出雲から…特急スーパーまつかぜで約1時間30分
◎岡山から…特急スーパーいなばで約3時間
◎大阪から…特急スーパーはくとで約3時間10分
◎鳥取砂丘コナン空港から…空港連絡バスで約45分

閉じる

問い合わせ先

住所

入試広報課
〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854

電話番号

TEL.(0858)26-9171 (入試広報課直通)
FAX.(0858)26-1813

URL

https://www.cygnus.ac.jp/

E-Mail

nyushi2@cygnus.ac.jp

その他

【鳥取短期大学 公式LINE】@toritan
【入試広報課 公式Twitter】@toritan_n
【入試広報課 公式Instagram】@tottoricollege_nyushi

閉じる

鳥取短期大学についてのよくある質問

進学や編入に関する相談はできますか?

専攻科への進学や四年制大学への編入を希望する学生に対して全面的にサポートしています。詳細はこちら

閉じる

学内に食堂はありますか?

豊富なメニューが揃う学食「とりたんキッチン」があります。詳細はこちら

閉じる

もっと質問を見る

閲覧履歴に基づくオススメの大学

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ