×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

パンフ・願書を取り寄せる

横浜医療秘書歯科助手専門学校

ヨコハマイリョウヒショシカジョシュセンモンガッコウ / 神奈川
専修学校

卒業生の仕事

『医師事務作業補助者』の資格取得に挑戦したい。

Q1.これからの目標や夢

画像ALT

私の仕事は透析室の事務。透析患者様の応対とレセプトが主な仕事です。定期的に病院に来て透析を受ける患者様の苦痛を少しでも癒せるような対応を心がけています。仕事の現場では、専門用語や略語が飛び交うので、在学中にしっかり知識を身につけておいてよかったなと思います。今の目標は『医師事務作業補助者』の資格を取得すること。医療の知識をもっともっと深め、仕事の幅を広げていくためにも、取得にチャレンジしたいと思っています。

Q2.仕事の魅力・やりがい

画像ALT

患者様の苦痛を少しでも癒せるよう心がけています。

私は現在、病院の医事課に所属し、透析室の事務をやっています。透析患者様の応対が中心なので、通常の受付事務とは仕事の内容は少し異なります。レセプトも扱うのは透析患者様のものだけ。患者様は定期的に病院に来て透析を受けなければならないため、通院が辛くなり、「行きたくない」と思うこともあると思うので、治療の話などはなるべく避け、患者様が少しでも気分が紛れるような会話を心がけています。
仕事のやりがいを感じるのは、患者様から、「今日もありがとう」や、「あなたの笑顔を見ると元気が出るわと」言われた時です。

Q3.後輩へのアドバイス

画像ALT

相手の気持ちを第一に考えることが医療人としては何より大事。

大切なのは、患者様の目線になること。目の前の業務に追われることもあると思いますが、例えば目の前に困っている患者様がいらしたら、その患者様に寄り添うことが何より大事です。辛いこともあると思うけど、絶対にこの仕事を選んでよかったと思う時がくるので、頑張ってください。
それから、授業はもちろんですが、行事を通しても学べることがたくさんありますから、本気で取り組んで欲しいな。

平松 真奈美さん
横浜医療秘書歯科助手専門学校医療秘書科卒
・ 横浜医療秘書歯科助手専門学校  
 医療秘書科 病棟クラークコース 2018年卒業
・勤務先 東名厚木病院 
・神奈川県立座間総合高校出身

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる