パンフ・願書を取り寄せる

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校

ホイク・カイゴ・ビジネスナゴヤセンモンガッコウ / 愛知
専修学校(職業実践専門課程を設置)

センパイメッセージ

画像ALT

  • 氏名:古田 裕也さん
  • 入学年:2017年
  • 出身校:愛知[高校生]: 私:鹿島学園高等学校(一宮キャンパス)
  • 学部:社会福祉学科 心理学コース

Q1.この学校を選んだ理由は?

心理学を専門的に学べる進学先を探していたとき、本校では専門学校と大学の卒業資格を両方取得できることを知り、入学を決意しました。

Q2.どのような授業ですか?

少人数制の授業が多いため先生に質問がしやすく、ディスカッション形式なので、コミュニケーション力を磨くことができます。特に、自分の意見を主張するだけでなく他の学生の意見を聞くことで物事を客観的に見ることができるようになりました。

Q3.将来の目標は?

自分の可能性を限定しないためにも、具体的な就職先を絞りこまず、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験資格を追加履修することで、進路の選択肢を広げたいと考えています。

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:神戸 琴心さん
  • 入学年:2016年
  • 出身校:愛知[高校生]: 公:名古屋市立向陽高等学校
  • 学部:社会福祉学科 心理学コース

Q1.この学校を選んだ理由は?

心理学を活かした職業に就きたいと調べていくうちに、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を知りました。私が学びたい分野すべてを学ぶことができるコースがあるということと、系列の東京福祉大学と併修して学士が取得できることに魅力を感じ、本校を選びました。

Q2.学校生活の経験で印象に残ったこと・役立ったことはありますか?

学校が実施しているアメリカ夏期短期研修に参加し、福祉の現場に触れたことです。研修の2週間は毎日が学びの連続で、現地の教授による福祉・心理・教育に関する講義、様々な施設見学などを通じ、アメリカの実情を知る機会になりました。

Q3.この分野を目指したきっかけは何ですか?

過去に私自身が悩みを誰にも打ち明けられなかった経験から、主に精神疾患を抱える方を対象に相談支援ができる心理士または精神保健福祉士を目指そうと思いました。今後はボランティアにも積極的に参加し、広い視野と豊かな人間性を身に付けられるように努めたいと思っています。

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:浪崎 雅仁さん
  • 入学年:2017年
  • 出身校:愛知[高校生]: 公:愛知県立豊橋商業高等学校
  • 学部:社会福祉学科 教育学コース

Q1.この学校を選んだ理由は?

専門学校と大学の併修制度により大学卒業資格、小学校教諭一種免許状を取得できるという利点に惹かれて、当校への入学を決めました。

Q2.この学校の魅力は?

他コースの学生とディスカッションする機会が設けられていることです。保育児童福祉コースの学生と一緒に取り組むピアノの授業では、互いに励まし合いながらピアノを修得。普段は接点の少ない学生と意見を交わすことで新しい発見があり、自身の見解を深めるきっかけになりました。

Q3.印象に残っている授業は?

私のイチオシの授業は「教師論」です。テキストの内容を読み解き、そのあとにディスカッションを行うことで、教員としての心構えを修得することができました。また、実際に教育の現場で長年経験を積まれた先生方の話を聞くことで、子どもとの関わり方を疑似体験でき、将来の教師像を具体的にイメージできるようになりました。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる