パンフ・願書を取り寄せる

HAL名古屋

ハルナゴヤ (愛知県認可) / 愛知
専修学校

卒業生の仕事

ゲームが好きだからこそ妥協せずにこだわるプランナー

Q1.仕事の魅力・やりがい

画像ALT

仕事で最も大切にしているのは、自分で妥協しないこと。与えられた条件の中で最大限のパフォーマンスをして、自分が面白いと思えるところまでつくり込みたい。そうしないと、お客様は絶対に面白いとは思ってくれません。自分の友達にも「面白いから一緒に遊ぼうぜ」と言えるくらいのところまでは絶対につくり込もうと決めています。今でもゲームは大好きですが、職業柄、つい色々分析しながら遊んでいます。なぜ、このタイミングで面白いと思ったのか、つまらなく感じるのか。次々と生まれるいろんな感情に対して、その理由を考えながらプレイするんです。映画などを観ていても、その世界観が珍しいなとか、この発想はなかったという部分を吸収したり、コンシューマーゲームではなく、インディーズゲームから、学ぶことはたくさんあります。

Q2.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2

中学時代にとあるゲームに出合い、「ゲームってこんなにも人の心を動かせるんだ!」と感銘を受けたことから、ゲームをつくる人になりたいと強く思うようになりました。高校生になって自作したRPGゲームをWEB上のコンテストに応募するようになり、そこから本格的にゲームづくりを学びたいと思うようになりました。高校卒業後の進路として考えたのはゲームづくりが学べる専門学校。しかも、就職活動では大学生と戦うことになるので、同じく4年制の専門学校を条件にした結果、HALのゲーム制作学科に入学することにしました。卒業後はセガゲームスに入社し、2年間プログラマーとして細かなオブジェクトの作成や実装を担当。その後「将来はディレクターになりたい」という自らの意志でプランナーに転身しました。

Q3.私の学生時代

画像ALT

(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2

在学中の経験で一番衝撃を受けたのが、入学直後の最初のホームルームで担任の先生に言われた「今、君たちの周りに知り合いは誰もいないはずだ。だから自分を変えるなら今しかないぞ」という言葉です。確かに僕はゲームが好きだけれど、人に思いや考えを伝えるのが苦手でした。就職活動では面接もあるし、将来プランナーやディレクターになったら、それこそ人とのコミュニケーションが重要となります。どうせ知り合いはいないんだから、変わるなら今しかないと思い、学内のアシスタントスタッフに応募しました。体験入学のフォローや、人前でプレゼンする機会も多く、人に思いを伝える技術はHAL時代に相当鍛えられたと思います。HALには自分を変えられる条件がそろっているので、その先は自分次第。将来やりたいことのために、どれだけ自分から動けるかが大切です。

中神 広太郎さん
HAL名古屋ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース(昼・4年制)卒
2011年にHALを卒業後、同年4月に株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)入社。ゲームプログラマーとして『ファンタシースターオンライン2』の開発に携わり、2年後にプランナーへ転身。プランナー5年目となる2017年10月現在、同作「エピソード5」のメインプランナーとして活躍中。(※掲載内容は2017年10月時点のもの)

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる