×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

パンフ・願書を取り寄せる

千葉医療秘書専門学校

チバイリョウヒショセンモンガッコウ / 千葉
専修学校

卒業生の仕事

1年間で社会に出る準備がしっかりできました。

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

人のために働ける仕事がしたかったから。
高校生の時に、母が勤めている老人ホームにアルバイトに行きました。その時、人のために働ける仕事がしたい、医療に関わる仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。はじめは看護師を目指し、看護師の学校に体験に行きましたが、常に死と隣り合わせの現場であることを実感し、私には無理かなと諦めたんです。そんな時、医療事務という仕事があることを知り、目指そうと思いました。

Q2.仕事の魅力・やりがい

画像ALT

患者様や検査技師のサポートがしっかりできた時。
検査室を訪れる患者様は、心臓に疾患がある方ばかりなので、少しの時間でもお待ちただくと不安を感じたり、精神的に不安定になられるので、無事に検査を終えられた姿を見るとホッとします。また、検査室の数が限られているので、患者様が検査室に入られる時間が遅れると、他の患者様の検査時間が遅くなってしまうんです。そうならないためにも、患者様がどのくらいで検査室に入られるか、前もって時間をチェック。検査がスケジュール通りスムーズに進んだ時は、安心するし、検査技師さんの仕事のサポートができたと実感できやりがいを感じます。

Q3.後輩へのアドバイス

最後の学生生活。いろいろなことに挑戦して欲しい。
医療事務は大変なこともたくさんありますが、働き方によって人とのつながりを感じられたり、たくさんのやりがいを感じられる職業です。決して一人ではできない仕事なので、協調性も必要です。
専門学校は、最後の学生生活を送る場所であり、社会人になってからでは挑戦できなことができる場所。勉強や行事、就活など、目の前のことで一杯一杯になってしまうかもしれないけど、頑張ったことは必ず仕事で活かせます。だから、キャストやボランティアなど、どんどん挑戦して一歩前に踏み出してみてください。

高橋 瑠名さん
千葉医療秘書専門学校医療事務科卒
勤務先/株式会社HuCAM 慶應義塾大学病院 
出身校/茨城県立麻生高校

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる