×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

パンフ・願書を取り寄せる

山野美容専門学校

ヤマノビヨウセンモンガッコウ / 東京
専修学校

卒業生の仕事

やるからには自分の店を出して日本一になる

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

進学校と言われる高校に通っていましたが、大学に進むイメージが持てず、それなら好きな分野に進もうと決めました。「やるからには自分の店を出して日本一になる」と宣言して、美容師を選びました

Q2.仕事の魅力・やりがい

SNSを使って自分をブランディングしている子がいますよね。自分を発信していくことはとてもいいと思うし、ITを上手く使える子がやっぱり今の時代は強い。でも僕は美容業界にいる限り、接客でも教育でも「人が人と創る」ということは絶対に変わらないと思っています。人を喜ばせようとするサービス精神とか美容の根本が人と人の繋がりだということは不変だと思います。

Q3.後輩へのアドバイス

目立つこと、やりたいことはどんどん挑戦してみていいと思います。でも個性を貫くだけでなくモラルを守ること、挨拶やコミュニケーションが気持ちよくできることが必須条件。一般的な話もできるようになってほしいと思います。
学校で学ぶのは技術の土台。現場の技術とは少し違うけれど学校にはモデルになってくれる子がたくさんいるのだから、その環境を最大限利用して、自分の腕を磨く練習と挑戦をどんどんやるべきだと思います。
周りを気にせず周りがやっていないことをやる自主性が絶対にその先に活きてくるから。

宮地 則喜さん
山野美容専門学校美容専門課程卒
SHACHU代表取締役。
山野美容専門学校を卒業後「SHIMA」で経験を積み独立。日本で一番カワイイを作るサロンを目指しSHACHUを設立。現在はトレンドを生むクリエータとしてのみにとどまらず、渋谷に2店舗を展開するオーナーとしても活躍。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる