×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

かんとうがくえん

関東学園大学

私立大学 群馬県

大学トップ

ここに注目
  • コンピテンシー(社会対応力)を身に付ける
  • 多種多様なニーズに応え就職に直結する個性豊かな5コースで学ぶ
  • エクステンション(課外講座)で資格取得をめざす

大学の特色

独自の教育で、地域に貢献する人材を育てる

地域社会の要望に応えうる人材を養成

本学は「地域社会の要望に応えうる人材養成」を教育目標としています。この教育目標を達成するため、コース制やコンピテンシー育成プログラムなど、5つの特色を掲げ、『関東学園大学でしかできない教育・支援』を行っています。

1.コース制
多彩なコースの学びで専門知識を身に付ける
経済学、経営学の学びをベースに、一人ひとりの夢の実現や就きたい職業に必要とされる専門的知識・技術を学ぶことのできるコース制をとっています。経済学科は「地域経済デザインコース」「公共政策コース」の2コース、経営学科は「経営・会計コース」「国際ビジネスコース」「スポーツマネジメントコース」の3コースと計5コースを設置しています。

2.コンピテンシー育成プログラム
「社会対応力」を身に付ける
「コンピテンシー」とは社会や企業で活躍するために必要な力のことです。社会で求められるのは、知識を持っているだけではなく成果に結びつく行動ができる人。4年間を通して自分の目標を設定し、さまざまな活動を行い、社会で求められる力(コンピテンシー)を伸ばしていきます。

3.資格取得
資格取得で実力を形にする
資格や免許の取得は自分の能力を証明する重要なポイントであり、就職活動においても大きなアドバンテージとなります。それぞれの学生がめざす資格やレベルにあわせたエクステンション(課外講座)を充実、在学中に多くの資格を取得できるようサポートしています。

4.就職支援
きめ細かい支援で「就職実践力」を身に付ける
効果的な就職活動ができるよう1年次から就職支援プログラムを開始し、学年ごとにレベルを上げて取り組みます。自分と社会との関係を考える科目に加え、多彩なインターンシップ実習先も確保。ゼミ担当教員や専門スタッフが一人ひとりの希望に合わせた個別相談を丁寧に行い、希望の就職をサポートしています。

5.学納金月払い制度
可能性を広げる大学への進学を円滑に進められる
進学支援として「学納金月払い制度」を導入しています。年間の授業料・施設維持費を1年次:8回、2~4年次:10回に分割して納入する方法です。

閉じる

現場での体験を通して、知識を深める

アクティブラーニング

知識を体系的・横断的に学び、時にはワークショップを取り入れたアクティブな講義と併せて実際にフィールドに赴き、現地の調査を通じて課題解決策へアプローチする力を習得します。地域での体験・交流を通じて地域の現状を積極的に学びます。

閉じる

資格取得の支援体制も充実

エクステンション(課外講座)

公務員試験、ビジネスで役立つ資格のエクステンション(課外講座)を開講しています。都内大手公務員受験予備校で看板講師を務めた大学専任教員の「合格させる」講義を学内受講できるのは、県内では本学だけです。しかも、正課講義の合間に対策講座が開講されているので効率的に時間割を組むことができます。もちろん、合格に向けて筆記試験対策だけでなく、面接試験対策や個別進路相談も丁寧に行います。さらに、夏季・春季休業中や受験時期に合わせて各種講座も開講しています。

閉じる

アドミッションポリシー

関東学園大学の人材養成の目的

本学経済学部には、経済学科と経営学科があり、各学科は次のような人材養成の目的を掲げています。

(1) 経済学科
経済学の基本的な知識を修得し、社会全体の経済現象を理解し幅広い視点から問題を発見し解決策を探索できる能力、国際的協調の態度及びコンピテンシーを身に付け、地域社会の要望に応えうる人材を養成することを目的とする。
(2) 経営学科
経営学の基本的知識を修得し、企業やその他の組織体の経営に関わる問題を幅広い視点から解決できるようなマネジメント能力、国際的協調の態度及びコンピテンシーを身に付け、地域社会の要望に応えうる人材を養成することを目的とする。

閉じる

関東学園大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本学の入学者選抜においては、多様な試験方式を採用し、学力だけでなく、さまざまな問題を発見し解決策を探求する強い意欲や資質・能力を持った学生を広く受け入れることを、選抜の基本方針としています。

「 関東学園大学の人材養成の目的」で述べた人材養成の目的を実現するために、下記のような意欲、資質・能力を備えた人を迎え入れたいと考えています。

(1) 本学の建学の精神と教育方針を受け入れ、勉学、スポーツ、地域との連携活動など多岐にわたる活動を通して、自己を開発し向上させる意欲を持っていること
(2) 高等学校において国語、数学、英語、社会などの科目を主に学んでくること
(3) 社会に関心を持ち、経済学・経営学を学ぶ意欲があり、将来、地域社会の第一線で活躍したいと希望していること
(4) 自ら主体的・積極的に学ぼうという意欲があること
(5) 多様な意見を尊重し、他の人と協力して学習や課外活動に取り組めること

閉じる

教育環境

白い円柱がシンボリックなデザインの校舎

広大なキャンパスで過ごす4年間

本学のキャンパスは、約15万平方メートルの広大な敷地を誇ります。個性的な校舎群と鮮やかな緑樹に囲まれたキャンパスは、勉学やサークル活動に最適な環境です。4年間の学生生活を快適に過ごせます。

閉じる

本学学生・教職員専用サイト eSquare(イー・スクエア)

本学では教職員と学生が情報を共有するための学内ネットワークが整備されています。eSquare(イー・スクエア/Electronic Square=電子広場)と呼ばれるこのシステムは、教職員からの学生への情報提供、あるいは学生からの情報発信、教員への質問などを相互にやり取りするための、オンラインシステムです。教員からのレポート資料提示用の授業資料、および学生のレポート提出用の課題管理、ある問題に関して教員と学生が意見を交換し合う、BBSの機能をもつクラスフォーラム、コンピテンシーの情報のやり取りで利用するeCompetencyなどが設定されています。学内のパソコンからはもちろん、自宅でインターネットができる人は自宅からでもeSquareを自由に活用できます。

閉じる

学部

【2019年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

納入金【2019年度入学者対象】

全学科共通 1,288,000円
※ほかに学友会費10,000円、後援会費15,000円、フレッシュマンキャンプ経費(1年次)15,000円が別途必要となります。

『月払い制度』
経済的な理由により学納金の納入が困難な場合は、申請により『月払い制度』の利用が可能です。
【対象】
・日本学生支援機構の受給者(入学予定者は「大学等奨学生候補決定者」)
・日本学生支援機構の受給者ではないが、経済的理由により納入が困難な学生
【対象納付金】
・授業料および施設維持費を対象とし、その他の納付金は初回に納入する
・授業料減免者については、減免後の授業料・施設維持費を対象とする
【月払い回数】
・2~4年生:10回(4月~1月:年度内)
※手続開始初年度は8回(6月~1月)

※申し込み方法や詳しい情報は、学生支援センター学納金担当までお問合せください。

閉じる

住環境

本学周辺は、ショッピングセンターや飲食店、運動公園などがあり、生活に大変便利な地域となっています。

閉じる

クラブ・サークル活動

キャンパス・ライフを2倍、3倍と楽しく演出してくれるクラブやサークルの活動では、同じ趣味や興味のある事を仲間と一緒に楽しめる貴重な時間がもてます。キャンパス・ライフをさらに有意義なものにしてくれるサークルとクラブ活動をみつけてください。

クラブ・サークル一覧(2018年度実績)

硬式野球部、柔道部、男子サッカー部、女子サッカー部、男子ソフトボール部、女子ソフトボール部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、フットサル部、軟式野球部、陸上競技部、スポ&レク同好会、ダンスサークル、硬式テニス同好会、テニス同好会、軽音楽部、地域交流部、放送部、麻雀同好会、留学生会、料理研究サークル、RVC(地域活性協力隊)、三松祭実行委員会、PRism(学生広報チーム)

閉じる

パンフ・願書

大学案内には、本学の教育理念や学部・学科ごとの詳しいコース、在学生・卒業生へのインタビュー、就職・資格支援、オープンキャンパス、キャンパスライフ・クラブ活動など気になる情報がたくさん載っています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●群馬県太田市藤阿久町200
・電車ご利用の場合
東武伊勢崎線「細谷」駅下車、徒歩約5分

・自動車ご利用の場合
北関東自動車道 太田・桐生I.C.より国道323号線で約45分
東北自動車道 館林I.C.より国道354号線で約60分
関越自動車道 東松山I.C.より国道407号線で約60分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒373-8515
群馬県太田市藤阿久町200
広報室

電話番号

(0276)32-7915(直) 

URL

https://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/

E-Mail

kohouniv@kanto-gakuen.ac.jp

その他

【FAX】(0276)31-2770

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ