大学入試センター試験の最新情報をお届け!

ちばかがく

千葉科学大学

私立大学 千葉県

大学トップ

ここに注目!
  • 「人を助けたい」信念に応える学び
  • エアラインパイロット&アビエーションエンジニアをめざす
  • 救助の即戦力になる学部連携プログラムを学ぶ

大学の特色

「人を助けたい」信念に応える学び

さまざまな危機管理に対する素養を身に付け暮らしの安全を守る人材を養成しています。
2004年4月に日本初となる危機管理学部を擁する本学を設立。この危機管理に関する学びは危機管理学部はもちろん、それ以外の薬学部、看護学部においても、連携カリキュラムをとおして、災害、防災、救急医療などさまざまな素養を身に付けることに繋がり、薬学・医療や環境・航空・動物・看護の各方面から暮らしの安全を守る人材を養成しています。また、最先端の施設で教育研究や学生サポートなども実施しています。「高機能患者シミュレーター」「模擬薬局」「フライトシミュレーター」「看護学分野別実習室」など、3学部とも最先端の教育研究用施設を駆使し、社会の即戦力となる人材を養成しています。

閉じる

エアラインパイロット&アビエーションエンジニアをめざす

航空業界で活躍できる人材の養成をめざし、プロの教授陣による「パイロット&アビエーションエンジニア養成専門コース」を設置しています。パイロットコースでは日本だけでなく、米国での訓練を実施することで、プロとしての必要な操作技術はもとより、不測の事態が発生した際に、エンジン構造などを理解したうえで、適切に対応できる高い危機管理能力を兼ね備えたエアラインパイロットを養成します。また、航空整備コースでは、実物の航空機エンジンを導入し、実践的な教育プログラムを実施し、パイロット業務を理解できる人材の養成をめざします。

閉じる

救助の即戦力になる学部連携プログラムを学ぶ

実践力を身に付けるための実習を各学部・学科に設置。学部それぞれの実習や、学外と連携したボランティア等を通じて、災害救助に必要なチームワークを体験しながら学びます。実際に大地震や火災などが発生したことを想定し、災害現場でそれぞれの学科が担う救護活動をリアルに学べる実習や訓練を多数実施しています。チームでの救護活動や連携の重要性を身をもって体験します。

閉じる

アドミッションポリシー

薬学部

1.薬学に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
3.基礎的英文読解能力のある者
4.コミュニケーション能力を有する者

閉じる

危機管理学部

1.それぞれの専門分野において安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
3.人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
4.コミュニケーション能力を有する者

閉じる

看護学部

1.看護職者として人を助けたいという意欲がある者
2.他の人とコミュニケーションをとれ、良好な関係がつくれる者
3.国語・英語・数学・理科系科目などの基礎学力を有し、勉学に励み続ける意志がある者
4.自分の健康管理ができる者
5.社会および大学のルールを守れる者

閉じる

教育環境

太平洋を望む広大なキャンパスで学ぶ

目の前にはマリーナが広がり、海風に乗って潮の香りが漂うシーサイドキャンパス。“健康・安全・安心”という時代のキーワードを学ぶ広大な敷地内には、学習の場はもちろん、スポーツ施設、憩いのスペースもたくさん設けられています。

閉じる

専門棟で各学部の学びを究める

[薬学部棟]
研究室をはじめ、専門分野の実験室や模擬薬局、共同機器室、低温実験室など各研究室を設置しています。中庭には薬草園もあります。

[危機管理学部棟]
フライトシミュレーターによる模擬飛行訓練、3次元ソフトを使った授業や会議などにも使われる防災シミュレーションセンター、臨床検査実験室などを備えた先端的な施設です。

[看護学部棟]
新しく完成した看護学部棟には、5つの実習室や先進設備を備え、充実した学習環境が整っています。

閉じる

学部

【2019年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度予定】

薬学部 入学金300,000円
薬学科(6年制)◎納付金
前期835,000円  後期1,035,000円  合計1,870,000円

危機管理学部 入学金250,000円
危機管理学科(仮称)*◎納付金  
前期475,000円  後期525,000円  合計1,000,000円
*2019年4月、危機管理システム学科から名称変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。
保健医療学科(仮称)*◎納付金
前期600,000円  後期800,000円  合計1,400,000円
*2019年4月、医療危機管理学科から名称変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。
航空技術危機管理学科◎納付金 ※
前期600,000円  後期800,000円 合計1,400,000円
※航空技術危機管理学科 パイロットコースで事業用操縦士資格取得を希望する方は、エアラインパイロットプログラムの訓練費として1年次修了時に$126,000を徴収します。その他国家試験費、航空身体検査費、追加訓練費、訓練時教材費などが別途必要となります。
動物危機管理学科◎納付金
前期600,000円 後期800,000円  合計1,400,000円

看護学部 入学金250,000円
看護学科◎納付金
前期600,000円  後期1,000,000円  合計1,600,000円

【全学部共通】
■上記以外に大学指定のノートパソコン(160,000円程度)を購入していただいています。
※大学推奨ノートパソコンと同等の性能を有しているノートパソコンを持っている場合は、必ずしも推奨のノートパソコンを購入していただく必要はありません。
■実験実習費は、入学年次の前期納付金が多いため、後期に1年分を徴収。2年次以降は前期、後期に分割して納付することになります。

入学試験の成績に応じて学費が最大6年間免除される特待生制度や推薦入試K方式による学費1年間免除の制度

薬学部特待生制度(一般入学試験[前期]A方式、センター試験利用入試[前期])
入試特待生は最大65名!
◎特待生S:6年間全学費を免除(入学金を除く)5名
◎特待生I:4年間全学費を免除(入学金を除く)8名
◎特待生II:2年間全学費を免除(入学金を除く)19名
◎特待生III:1年間全学費を免除(入学金を除く)33名
※「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生合格者とします。したがって「入試得点率」を満たしていても成績順位によって下位の特待生種別となる場合、もしくは特待生となれない場合があります。

危機管理学部特待生制度(一般入学試験[前期]A方式、センター試験利用入試[前期])
入試特待生は最大32名!
◎特待生I:4年間全学費を免除(入学金を除く)7名
◎特待生II:2年間全学費を免除(入学金を除く)9名
◎特待生III:1年間全学費を免除(入学金を除く)16名
※「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生合格者とします。したがって「入試得点率」を満たしていても成績順位によって下位の特待生種別となる場合、もしくは特待生となれない場合があります。

看護学部特待生制度(一般入学試験[前期]A方式、センター試験利用入試[前期])
入試特待生は最大18名!
◎特待生I:4年間全学費を免除(入学金を除く)3名
◎特待生II:2年間全学費を免除(入学金を除く)6名
◎特待生III:1年間全学費を免除(入学金を除く)9名
※「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生合格者とします。したがって「入試得点率」を満たしていても成績順位によって下位の特待生種別となる場合、もしくは特待生となれない場合があります。

推薦入試K方式
1年間全学費を免除(入学金を除く)最大10名
※詳しくは本学入試要項やホームページ等で確認してください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】1617人
【外国籍の学生数】137人
【教員数】491人
【外国籍の教員数】2人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
6か月以上1年未満1人

閉じる

クラブ・サークル活動

“海が近い大学”ならではのクラブ&サークルがキャンパスライフを充実させます。

体育会系クラブ

剣道、柔道、サッカー、硬式テニス、ソフトテニス、バスケットボール、バドミントン、陸上競技、ラグビー、サーフ・ライフセービング、ビーチバレーボール、弓道、ダンス、卓球、軟式野球、ダイビング ほか 

文化系クラブ

茶道、吹奏楽、映像研究会、美術、生薬研究会、囲碁、マリーナコーラス、室内管弦楽アンサンブル、軽音楽部、放送研究会、千葉科学大学ローターアクトクラブ、学生警察支援サークルスターラビッツ、学生消防隊 ほか

閉じる

大学院・併設の大学

幅広い分野、複雑・高度化した社会で活躍する専門家めざす

●薬学研究科[修士課程、博士課程、博士課程(後期)]
大学や企業の研究所で活躍できる研究者の養成を目的として、物理化学、有機化学、生物化学に基づく基礎薬学に加えて応用薬学を学びます。また、新薬開発の手法を具体的に研究・教育することにより、創薬・製薬・食料品・健康食品など幅広い分野で活躍するスペシャリストを養成します。

●危機管理学研究科[修士課程、博士課程(後期)]
リスク・危機管理という独自の専門分野を共通知識として、防災、環境および医療技術の分野が互いに連携して総合的な見地からリスク・危機を評価・管理するために必要な知識・技術を研究・教育することにより、複雑・高度化した技術社会において幅広く活躍できる人材を養成します。

●危機管理学研究科(社会人)サテライト教室[修士課程、博士課程(後期)]
現役の社会人を対象に、科学的知見をふまえた危機管理の学位取得をめざします。

●看護学研究科[修士課程]
健康と生活に着目し、当事者主体の立場を尊重して、広い視野に立脚した看護学分野の高度な専門性を追求します。看護学の実践的研究力を培い、健康で安全・安心な社会の構築に向け、地域社会の保健医療福祉の発展に寄与できる人材を養成します。

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本部キャンパス

●千葉県銚子市潮見町3番
JR「東京」駅から特急「しおさい」約1時間50分もしくは、JR「東京」駅八重洲口から高速バス約2時間10分、JR「銚子」駅から「千葉科学大学行き」路線バス約10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒288-0025
千葉県銚子市潮見町3番
入試広報室

電話番号

(0479)30-4545
【受験生ホットライン】0120-919-126

URL

http://www.cis.ac.jp

E-Mail

koho@cis.ac.jp

その他

【FAX】(0479)30-4546

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ