学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きょうとたちばな

京都橘大学

私立大学 京都府

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

カリキュラムについて教えてください。

国際英語学部・文学部・発達教育学部・現代ビジネス学部ではカリキュラムを「共通教育」「専門教育」「免許・資格課程」の3つに分けています。3つはそれぞれ固有の授業科目群を持っており、あわせて5つの科目群でカリキュラムを構成しています。
看護学部および健康科学部はそれぞれ独自のカリキュラムを展開しています。
詳しくは本学ホームページをご覧ください。

閉じる

教職課程はありますか?

〈国際英語学部・文学部・現代ビジネス学部共通〉中学校・高等学校教諭一種免許状
〈発達教育学部〉小学校・幼稚園教諭一種免許状、保育士資格
〈看護学部〉養護教諭一種免許状(選択履修)
〈健康科学部心理学科〉高等学校教諭一種免許状
*学科・コースにより取得できる資格は異なります。

閉じる

ゼミでは、どのようなことを学びますか?

各学部で4年間にわたって開講されるゼミは、そのアカデミックな探究を通して研究に必要な力を養うだけではなく、卒業後、実社会に出てからも通用する力を身につけ、キャリア形成につなげていく視点から展開されます。ゼミでの学びを通して「問題を発見する力」「資料やデータを集めて検討する力」「自らが導き出した結論を他者に発信する力」を養い、それがそのまま実社会で求められる思考力や問題解決能力を身につけるプロセスとなっています。

閉じる

海外留学や研修プログラムはありますか?

「長期留学制度」「SAP」「海外研修制度」などがあります。
「長期留学制度」は、留学先での単位が認定されるので4年間で本学を卒業することが可能です。
「SAP」は、国際英語学科・経営学科の海外留学プログラムです。
「海外研修制度」は、正課の外国語教育を補完するため実施される海外語学研修と、学科やコースなどが主催し専門分野について現地で触れることを目的に行われる短期海外研修があります。

閉じる

就職・資格・進学に関するQ&A

就職サポートにはどのようなものがありますか?

キャリアセンター(就職進路課)を配置し、在学生の就職や進学などの進路支援業務を行っています。進路支援を担当する専門スタッフが常駐し、1年次から各種の充実した就職支援を展開。具体的には、
●民間企業の採用に関する情報提供と試験対策
●公務員(消防官・警察官・救急救命士を含む)・司書・学芸員の採用に関する情報提供と試験対策
●大学院等の進学に関する情報の提供
●就職・進学に関連する企画・講座・ガイダンスの実施
●各地域の主要な民間企業の訪問による広報活動
●求人票の受付・掲示・開示
●卒業生の就職相談への対応などです。

閉じる

企業でのインターンシップはありますか?

多種多様な研修先で専攻や将来のキャリアに応じた仕事を実際に体験し、就職後にいかせる実践的な知識やスキルの修得をめざしています。また本学のインターンシップは単位として認定されるため、学業の一環としてじっくりと職業観や人生観が養えます。

閉じる

どんな資格が取得できますか?

〈国際英語学部・文学部・現代ビジネス学部共通〉中学校・高等学校教諭一種免許状、司書、学芸員など
〈文学部歴史遺産学科〉2級考古調査士
〈発達教育学部児童教育学科〉小学校・幼稚園教諭一種免許状、保育士資格、司書、学芸員など
〈現代ビジネス学部〉診療情報管理士※、一級建築士(要実務経験2~4年)※、インテリアプランナー登録資格(要実務経験2年)、初級地域公共政策士など
〈看護学部〉看護師※、保健師(選択履修)※、助産師(選択履修)※、養護教諭一種免許状(選択履修)
〈健康科学部心理学科〉認定心理士、社会調査士、高等学校教諭一種免許状など
〈健康科学部理学療法学科〉理学療法士※
〈健康科学部作業療法学科〉作業療法士※
〈健康科学部救急救命学科〉救急救命士※
〈健康科学部臨床検査学科〉臨床検査技師※、細胞検査士(選択制/認定申請予定)※
※は受験資格

閉じる

どんな資格対策講座がありますか?

教員採用試験対策講座や公務員採用試験対策のほかにも資格取得支援講座を開講しています。
●旅行業務取扱管理者試験対策講座(総合・国内)
●秘書検定対策講座(準1級・2級)
●ファイナンシャル・プランニング技能検定3級対策講座
●話しことば検定2級・3級対策講座
●ITパスポート試験対策講座
●2級建築士合格対策講座 など

閉じる

国家試験対策は行っていますか?

看護学部、健康科学部で行っています。

「看護学部」では卒業する年の2月下旬に行われる国家試験の全員合格をめざし、万全の体制で国家試験対策を展開しています。
「健康科学部」でも、各学科に対応した国家試験の全員合格をめざし、授業と課外プログラムの両面から徹底した支援を行っています。
国家試験合格率は、いずれも全国平均を大きく上回る実績を誇っています。

閉じる

入試に関するQ&A

試験問題の解答方式を教えてください。

全問マークシート方式による解答形式です。

公募制推薦入試の「基礎テスト」、一般入試の全科目とも、全問マークシート方式による解答形式です。

閉じる

本学と学外試験場で、有利・不利がありますか?

ありません。

本学が実施する学外試験は、本学試験場と同一日程・同一問題で行いますので、有利・不利は全くありません。

閉じる

入学検定料(受験料)について教えてください。

入学検定料は35,000円です。

ただし、センター試験利用入試前期日程・後期日程は、1学科・コースの出願につき10,000円となっています。なお、併願受験制度やインターネット出願を利用することによって、入学検定料は大きく割引されます。

閉じる

AO入学制度とは、どのようなものですか?

これまでの入学試験制度とは考え方を全く異にする入学システムとして位置づけられています。

入学後の「成長期待度」を最も重視して、入学の可否を決定します。従って、求められるのは勉学意欲や将来の目標であり、本学への志望熱意です。

閉じる

自己推薦入試は実施していますか?

2018年度は、文学部歴史学科と歴史遺産学科で実施しています。

小論文と面接、書類審査により総合的に判定します。古都・京都で歴史を学びたい人はぜひ受験してください。※両学科とも専願制。

閉じる

他大学と併願すると、合否判定の際、不利になりませんか?

併願可となっている推薦入試においては、専願でも併願でも合否判定の扱いは同じです。

なお、自己推薦入試、特技推薦入試[スポーツ・文化部門]および、京都第二赤十字病院特別奨学生推薦入試は専願制です。一方、発達教育学部児童教育学科、看護学部看護学科および健康科学部理学療法学科・作業療法学科・臨床検査学科では、専願制と併願制の2方式の公募制推薦入試を実施し、それぞれにおいて合否判定を行います。この場合、本学を第一志望としている人は、ぜひ専願制を受験してください。

閉じる

選択科目により、合否判定の有利・不利はありますか?

科目間の難易レベルに差が出ないように出題しています。最も得意な科目を選択し受験してください。

一般入試の選択科目には、「国語」「日本史」「世界史」「数学」「化学基礎+生物基礎」「化学」「生物」があります(選考区分および学部・学科により異なります)が、試験場で科目を選ぶことができます。最も得意な科目を選択し受験してください。ただし、ほかの学科・コースと併願受験している場合、併願の学科・コースに共通の科目を選ばなければなりませんので、ご注意ください。なお、科目間の難易レベルに差が出ないように出題していますので、科目間の得点調整は行いません。

閉じる

奨学金に関するQ&A

入試時に選考を受けられる奨学金はありますか?

全学部を対象とした「京都橘大学入学時成績優秀者特別奨学金制度」があります。

学力・人物ともに優秀でほかの模範となる学生の受け入れを目的とした給付制の奨学金です。一般入試前期A日程の成績により判定し、最長2年間にわたり後期授業料相当額を給付します(返還不要)。全ての学部で入学定員全体の10%(実人数)が奨学生採用者となる大型奨学金です。

閉じる

入学後に申し込むことができる奨学金はありますか?

入学後の奨学金説明会で紹介しています。

本学に入学後、奨学金説明会が開催されます。そのなかで、日本学生支援機構や地方公共団体の奨学金制度をはじめ、本学独自の給付奨学金制度・貸与奨学金制度について紹介します(詳細は『大学案内』参照)。なお、日本学生支援機構の奨学金は、高等学校在学中に予約することもできます。詳細は、在学する高等学校にお問い合わせください。

閉じる

留学制度に関する学科独自の奨学金について教えてください。

海外留学を支援する独自の奨学金があります。

[京都橘大学SAP奨学金制度(国際英語学科・経営学科)]
海外留学プログラムSAPの参加者に対する給付制の奨学金制度です。留学期間の本学の授業料を留学先の授業料として給付します。
[留学先授業料支援制度(国際英語学科)]
TOEIC(R)の成績上位者20名に、留学先の授業料自己負担分の100~50%を支給します(留学先授業料の自己負担分は、本学授業料相当額を越えた額です)。また、留学先によっては、授業料の追加負担なしでの留学も可能です。
※通常の納付金(授業料と教育充実費)は、留学期間中でも必要です。また、留学先での滞在費・食費・渡航費・保険料等は別途必要です。

閉じる

看護学部独自の奨学金について教えてください。

「京都第二赤十字病院特別奨学金」

京都第二赤十字病院特別奨学金として総額3,625,000円を貸与します(卒業後、京都第二赤十字病院に6年間勤務することで返還が免除となります)。
その他、入学後に申し込むことができる奨学金制度として「病院貸与奨学金」「京都市看護師修学資金融資制度」が設けられています。詳細は、『大学案内』および『入学試験要項』でご確認ください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ