やまぐちがくげい

山口学芸大学

私立大学 山口県

教育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

■教育学科
初等幼児教育専攻(60名)
※2年次以降:初等教育コース、保育教育コース
中等教育専攻(10名)

所在地

1~4年:山口

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●将来の進路選択に有利な免許・資格を複数取得可能
●【初等幼児教育専攻】「子ども学」を軸に学び、保育士や幼稚園・小学校教員をめざす
●【中等教育専攻】徹底した少人数指導のもと中学校・高等学校の英語教員をめざす

1期生から続く高い就職実績!1年次から4年次まで一貫して実践から学ぶ『芸術を基盤とする教育』で、実践力と感性を併せ持つ教育者・保育者を養成します。

【キャンパス】〒754-0032 山口市小郡みらい町一丁目7番1号
【学生数】306名(2017年5月現在)
【専任教員数】21名(2017年5月現在)
【大学院】教育学研究科 子ども教育専攻

■教育学科

講義・学問分野

・初等幼児教育専攻(※2年次以降:初等教育コース、保育教育コース)
・中等教育専攻

閉じる

初等幼児教育専攻※2年次以降:初等教育コース、保育教育コース

講義・学問分野

図画工作 I ・ II 、器楽アンサンブル、子どもと芸術表現、特別支援教育総論、教育原論、保育者論、幼児体育、ピアノ奏法、わらべうたと地域文化、造形表現、造形演習、英語、英語科教育法、保育実習指導、幼稚園教育実習指導、小学校教育実習指導、教職実践演習(幼・小)など

閉じる

中等教育専攻

講義・学問分野

英語コミュニケーション I ・ II 、情報処理、音楽概論、美術概論、教職概論(中・高)、教育原論(中・高)、教育心理学(中・高)、特別支援教育総論、道徳教育の指導法(中)、特別活動の指導法(中・高)、教育方法論(中・高)、生徒・進路指導論(中・高)、英語学概論、英米文学概論、オーラル I ・ II、ライティング I ・ II、異文化理解、英語科教育法 I ~ IV、 教育相談(中・高)、教育課程論(中・高)、教育実習指導(中・高)、教育実習 I ・ II (中・高)、教育実践演習(中・高)など

閉じる

学部の特色

乳幼児から高校生までを総合的に学ぶ

将来の進路選択に有利な免許・資格を複数取得可能

教育者・保育者の養成に特化した単科大学である本学では、乳幼児から高校生までを対象とした免許・資格を取得でき、めざす進路に合わせて保育士資格、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)の免許取得が可能です。また、保幼一体、保幼小連携、小中一貫教育等の時代の動きに対応して、複数の免許取得を可能にしたカリキュラムを編成しています。
さらに、県内の私立大学で唯一認定されている特別支援教育教員養成課程では、小・中・高校教諭としての指導力と共に、特別支援学校教諭の免許取得が可能です。

閉じる

実体験を通してさまざまな学びを得る『子ども学』

【初等幼児教育専攻】「子ども学」を軸に学び、保育士や幼稚園・小学校教員をめざす

初等幼児教育専攻のカリキュラムの特色は、『こども学』に重点をおいた学びです。『子ども学』は、子どもの育ちや子育てを支援する、より実践的・総合的な学問として注目されています。
本専攻では、4年間を通して体験的な学びを補強し、『子ども学』の専門性をより高めるための科目を複数設定しています。保育所・幼稚園・小学校での実習を通して自己課題を明確にし、関連科目の学びによって子どもとその環境を多角的な視点から理解を深め、『子ども学』のより高度な専門性を身に付けることができます。

閉じる

「英語を教える力」を高める海外研修プログラム

【中等教育専攻】徹底した少人数指導のもと中学校・高等学校の英語教員をめざす

中等教育専攻では、英語で授業ができる英語教員をめざすカリキュラムを展開しています。また、英語教員養成に向けた本学独自の英語教育システム「G-メソッド」による体系的な学びにより、高度な専門性と実践的指導力を兼ね備えた人材を育成します。
<英語力と英語運用能力を磨く本学独自の取り組み>
English Zone/キャンパス内に英語のみを使用するエリアを確保し、グローバル社会に対応したコミュニケーション能力を磨きます。
海外研修プログラム/語学力を高めるだけでなく、国際感覚を持った語学教員としての能力を修得することを目的にしています。
ICT×アクティブ・ラーニング/電子黒板やタブレット端末などのICTを使いこなせる教員の養成とともに、学生自らが考え、主体的に取り組むアクティブ・ラーニングを推進しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

■教育学科

教育者・保育者を志す学生自身の土壌を育てる4年間

本学では小規模大学の特性を活かし、学生個々の目標に合わせたきめ細かな教育を実施しています。また、個人レッスンや少人数での演習、子どもと触れ合う実習など、実践を重視しています。現場直結の学びを通して、子どもの可能性を大きく育てる教育・保育のスペシャリストを養成します。

<教員養成課程におけるグローバル人材育成>
小学校での英語教科化など、英語力のある小学校教員のニーズが近年高まっています。また、中学・高校においても、英語力と英語教授力を兼ね備えた教員が求められています。こうした社会の動きを受けて本学では、小学校教員養成課程への「英語」「英語科教育法」科目の導入や、海外研修に対する単位認定制度など、実践的な英語教育が修得できるさまざまな取り組みを行っています。

閉じる

さまざまな実習を通して実践力を磨く

初等幼児教育専攻

0歳から12歳までの乳幼児・児童の教育・保育を担う子ども教育のスペシャリストを養成

1年次に教育者・保育者に必要な基礎を学び、2年次に「初等教育コース」「保育教育コース」の2コースから選択します。目標を絞って専門を深める、もしくは複数の免許を取得して進路の選択肢を広げるなど、将来をイメージしながら履修パターンを選択できます。
●初等教育コース/履修パターンによって、同時に3つの資格・免許の取得が可能。専攻を超えて中学校・高等学校教諭の免許も取得できます(1年間の取得単位の制限があります)。
●保育教育コース/幼稚園教諭の免許と保育士資格の両方を取得可能。履修パターンによって小学校教諭の免許も取得できます。

【授業・講義】
子ども実地研究

グループごとに課題やテーマを設定し、小学校や幼稚園などの学外でボランティアやフィールドワークを実施しています。子どもたちをキャンパスに迎えて交流することもあり、子どもと直接触れあい、観察・理解することによってコミュニケーション力が身に付きます。企画・進行から記録・事後学習まで全て学生が行い、その過程を通して、企画力や協調性、考察力、分析力などを養うことができます。

閉じる

徹底した個別指導で英検準1級以上のレベルを取得

中等教育専攻

基礎から段階的に学び、教育現場で必要な英語運用能力を習得

中学・高校に関する基礎的な知識を学びながら、英語コミュニケーション能力を身に付けていきます。少人数教育を特色とする本学ならではのきめ細かな個別指導によって、4年間を通して学生一人ひとりの英語力のレベルアップを図ります。定期的に英語力診断テストを実施し英語力を可視化するとともに、英語検定等へのチャレンジを支援。卒業時までに英語検定準1級以上の取得をめざします。

【授業・講義】
オーラル I ・ II

コミュニケーションツールとして「英語を使える」力を習得するため、授業は全て英語で行われます。グループディスカッションやプレゼンテーションの機会も多く、英語運用能力が身に付きます。2年次には教育や社会の諸問題について、英語で自分の意見が述べられるよう、抽象度の高いテーマに取り組みます。

閉じる

アドミッションポリシー

教育学部のアドミッションポリシー

山口学芸大学教育学部では、次に示すような能力、適性、意欲などをもち、教育職・保育職をめざす人を求めています。

芸術に関心をもち、感動する心や表現する意欲がある。
高校段階までの基礎的な知識があり、さらに教育・保育に関する専門的知しいを学ぶ意欲がある。
自ら調べたり、意見をまとめたり、協力したりするなどの学習における基礎的な技能がある。
愛情をもって子どもに接し、子どもを支えることに喜びを見出せる。
人としての常識や人権意識をそなえ、他者と積極的にコミュニケーションをとることができる。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒754-0032 山口市小郡みらい町一丁目7番1号 TEL:(083)972-3288
 【URL】http://www.y-gakugei.ac.jp/concept/childcare/feature/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ