学校パンフ取り寄せで図書カードGET

やまぐちがくげい

山口学芸大学

私立大学 山口県

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

「中等教育専攻」の魅力は何ですか?

少人数による個別指導(定員10名)を徹底します。本専攻では、中学校教諭一種免許状(英語)および高等学校教諭一種免許状(英語)を取得することができます。また、これからの小中連携等の動きなどに対応できるよう、小学校教諭一種免許状、あるいは特別支援学校教諭一種免許状(知的・肢体・病弱)を併せて取得することも可能です。

閉じる

得意な英語を生かし、教育現場に立ちたいと考えていますが、「中等教育専攻」を選択すべきでしょうか?

英語が得意で、中学校、高校の英語教員になりたい人は、ぜひ中等教育専攻に挑戦して欲しいと思います。専攻を越えて小学校教員免許を併せて取得することも可能です。幅広い教育の知識や技術を兼ね備えた教員はこれからの時代、社会的ニーズとなるでしょう。

閉じる

小学校では学習指導要領の改訂により「外国語活動」という授業が必修化されると聞いていますが、大学では対策を取られてますか?

2016年度から中学校・高等学校の英語の教員養成課程を新設しました。これにより、小学校教諭一種免許状に加え、中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得が可能になりました。また、免許取得まで至らなくてもネイティブスピーカーや小学校英語教育の分野で優れた実績のある教員による専門的な英語関連科目を受講することによって、英語の指導力を高めることができます。

閉じる

「芸術を基盤とした教育」が一つの特長になっていますが、音楽や美術はそんなに得意ではありません。そんな私でも大丈夫でしょうか?

人間形成の基礎を育成する重要な役割を担うのが情操教育です。本学には、たくさんの芸術系の科目がありますが、個人に応じたグレード別の少人数レッスンや一人ひとりの潜在的な能力を引き出していく授業内容なので初心者でも大丈夫ですよ。また、経験のある人は、さらに表現技術を高め、音楽的・美的センスを磨くことも十分に可能です。まずは、音楽や造形で表現する楽しさを感じられるといいですね。

閉じる

教育実習の実習園や実習校は、どうやって決まるのですか?

基本的には、まず学生に実習の希望園、希望校の調査を行います。その後大学内で調整し、決定した園や学校に本人が直接伺い承諾を得ると実習先が決定します。公立の場合、希望する市によっては、大学と教育委員会との調整で実習園や実習校が決まることもあります。

閉じる

就職・資格・進学に関するQ&A

教員採用試験は、かなりの狭き門と聞きます。本当に合格できるか不安で、進路に悩んでいます。

地方での教員採用試験の競争率はとても高く、教員養成の大学を出れば簡単になれるというものではありません。大学の授業を大切にすると同時に採用試験受験の準備にどのように取り組むかなど、十分な対策を備えた教育内容のもとで、本人が大学での4年間をいかに充実させて過ごすかにかかっています。不安なことは誰も同じです。教育者になりたいという夢があるなら、まず一歩を踏み出すことです。
本学は難関とされる公立小学校教員採用試験において、一期生から多数の合格者を出しています。2018年度小学校教員採用試験は現役合格率76.1%と7割超の抜群の現役合格率を誇ります。とりわけ現役合格に強いことも本学の特長であり、同じ夢を持った仲間が切磋琢磨しながら夢の実現に向けて頑張っています。

閉じる

人と関わることが不得意なので、教育者・保育者をめざすことに不安があります。こんな気持ちのまま入学してもよいのでしょうか?

教育・保育は人と関わることが基本です。本学では、さまざまな授業や実習を通して、人前で発表や表現する場や、子どもたちと触れ合う実践の場を多数設けています。同じ志を持った仲間と支え合っていけば、知らず知らずの内にそのような不安は解消されていくことでしょう。そんな不安を抱えて入学した先輩たちも、何事にも積極的に取り組み、頼もしく成長している姿が見えますので安心してください。

閉じる

入試に関するQ&A

面接が重視されているようですが、どのような面接が行われるのか具体的に教えてください。

将来、子どもたちの前に立つ教育者・保育者を養成する教育学部という性格上、学力だけではなく人物や適性といったものも重視しています。3~4名の教員による個別面接で、平均5分程度、志望理由や目的意識などを問う質問をいくつかさせてもらいます。明るく元気に自分の言葉で語ることが大切です。

閉じる

男女の比率はどのくらいですか?

保育者養成も兼ね備えた教育学部ということで女子学生の割合が高いと思われがちですが、本学では在籍者の約3割が男子学生です。

閉じる

学費・奨学金制度に関するQ&A

特待生制度について詳しく教えてください。

学修成績、人物共に優れ、学修意欲旺盛で他の学生の模範となる学生を支援、奨励するため、授業料の半額、あるいは全額にあたる奨学金を支給するものです。入学時は基準を満たした希望者を対象に、入試判定資料・面接結果などを総合して判定します。2年目からは年度ごとに見直しを行い、成績上位者の中から制度の趣旨に沿った学生を選考し奨学金を支給します。本学は頑張る人を応援します!

閉じる

課外活動に関するQ&A

ボランティアや課外活動など、どのような取り組みがありますか?

本学は、地域とともに歩み、互いに影響し合って成長・発展していく教育専門大学でありたいと考えています。学生は、授業以外にもさまざまなボランティア活動などを通して地域との関わりを深め、より広い視野と社会性を備えた教育者・保育者に育っていきます。具体的には、スクールボランティア、「秋吉台少年自然の家」の企画事業への参加などの活動を通して、地域と関わり、子どもたちとの交流体験を重ねています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ