あおもりちゅうおう

青森中央短期大学

私立短大 青森県

青森中央短期大学/学科

学べること

食・栄養の知識・技能で、青森を元気に

栄養士の仕事の対象は、産まれる前の子どもから高齢者までのあらゆる健康状態のすべての人々です。栄養士が提供する食やその情報は、対象者にとって「何をどのくらいどのように食べたらいいか」の指標になり、対象者の成長を支え、病気の不安を安心に変え、そして食べる喜びや生きる力になります。
本学の栄養士のめざす学びでは、食や栄養の専門的な知識・技能とともに、対象者の多様な価値観や健康状態、生活背景を理解して、知識や技能を組み合わせて使う力を養います。そのために、教室の学びだけでなく、さまざまな人と関わる食の体験、課題解決につながる実践の場を大切にしています。

地域の子どもたちのため、実践的な保育を学ぶ

幼児保育学科では、体験を通して生まれる問いや感動を大切にしています。子どもをとりまく環境が多様に変化していく今、豊かな人間性とオールラウンドな知識、確かな指導力をもって真剣に保育にとりくむ人材が求められています。本学科では子どもの発達や心理をふまえた教材研究を通じた実践的な保育内容を学び、保育の現場に必要とされる即戦力を育てます。また、授業はもちろん課外活動の中にも、附属幼稚園の子どもたちと実際に関わることのできる学びの場や、専門性や感性を深める機会が用意されています。幼児保育に必要な基本的な理念をはじめ、子どもの健康、人間関係、音楽、表現、造形に関わる教科のほか附属幼稚園や保育園での実習など実践的な保育が学べます。

青森中央短期大学の偏差値・入試難易度

学科

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ