とうきょうじょしたいいく

東京女子体育短期大学

私立短大 東京都

東京女子体育短期大学/大学トップ

ここに注目!

  • 「こども教育コース」「スポーツ教育コース」から選択できる
  • 2025年度入学者を対象に“寮費免除”を実施
  • 2年間でさまざまな免許状・資格が取得できる

大学の特色

保育・幼児教育や児童教育のエキスパートをめざす

子どもの能力を伸ばすことができる保育者・教育者を育てるため、「こども教育コース」「スポーツ教育コース」の2コース制を導入。教養科目により豊かな教養の基盤を養い、専門的な体育教育や「動き・音・もの」づくりの授業などを通し、子どもたちの感性を育てるための確かな実践力を培います。豊かな感性と現場での確かな実践力を養い、乳幼児や児童の教育を支え、育て上げる人材をめざします。

「こども教育コース」「スポーツ教育コース」の2コース制でなりたい自分へ

●こども教育コース(旧:幼保コース)
子どもの感性を育てる保育者・教育者の育成をめざし、実践的な授業を展開します。幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方の取得が可能。体育大学ならではの専門性の高い講義や演習、実習を通して、保育・幼児教育を学べることが大きな特色です。将来は、保育者・教育者両方の視点を持って、子どもの成長をサポートできます。
●スポーツ教育コース(旧:幼小コース)
幼稚園から小学校への連続した教育について学び、子どもの能力を伸ばすことができる教育者をめざします。幼稚園・小学校の両方の教員免許状が取得可能。体育の専門家による実践的な授業を通して、各年代への接し方や必要な学びを身に付けます。将来は子どもの成長を見据えた教育を行うことができます。

編入学制度によりさらに学びを深める

短期大学での2年間の学びから、さらに学びを深めたい学生は、併設される東京女子体育大学の3年次編入学制度を活用できます。編入学後、定められた授業科目を修得し卒業することにより、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)を習得することができます。

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学は、多様な入学試験により、入学者に求める力を多面的・多角的に評価し、総合的に判定します。

受け入れる学生には、以下のいずれかの能力を求めます。

1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。
-高等学校での履修内容を理解し高等学校卒業相当の知識を有している。
-音楽、図画工作、体育に関して、修学に必要な実技能力を有している。
2. 物事を多面的かつ多角的に観察し、論理的に考察することができる。
3. 自分の考えをまとめて的確に表現することができる。
4. “スポーツを愛し、子どもを愛せる人”で、保育・幼児教育および児童教育に関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
5. 積極的に多様な人々とのコミュニケーションを図り相互理解に努めようとする態度を有している。

上記の能力は以下の試験で測ります。また求める人物像に応じて、各種試験ごとに出願書類、面接、学科試験等を用いて評価します。

■総合型選抜
建学の精神に基づき、本学の教育内容に高い関心とコミュニケーション能力を有し、入学後も意欲的に身体教育を中心とした保育・幼児教育および児童教育の分野に研鑽を重ね、将来社会で活躍が期待できる者を求めます。

■学校推薦型選抜
公募
本学の教育内容に高い関心を持ち、高校時代の成績が優秀で、身体教育を中心とした保育・幼児教育および児童教育の分野に明確な目的意識をもっている者を求めます。
指定校
本学が指定する高等学校における高等学校長が推薦する生徒で、本学の教育内容に高い関心を持ち、身体教育を中心とした、保育・幼児教育および児童教育の分野に明確な目的意識を持っている者を求めます。
スポーツ
本学の教育内容に高い関心を持ち、優れた競技力を有し進学後もその技能に磨きをかけスポーツの分野で活躍できる資質を有しており、将来、保育・幼児教育および児童教育の分野で活躍が期待できる者を求めます。

■一般選抜
本学の保育・幼児教育および児童教育に高い関心を持ち、学業に優れた者を求めます。

教育環境

体育大学ならではの充実した体育施設で学習活動に取り組める

全天候型の陸上競技場や球技・器械運動・新体操・ダンス・武道専用の計8つの体育館を完備し、まさに体育大学ならではの環境です。そのほかにも最新の測定評価装置などを使って科学の面からもスポーツを分析し、学習活動に取り組みます。また、授業用のピアノレッスン室は5部屋設けられています。

大型複合体育館「藤村スポーツセンター」でスポーツに打ち込む

創立120周年を記念して誕生した「藤村スポーツセンター」は、地下1階、地上6階建て、3層構造の大型複合体育館。主に新体操競技で使用するAアリーナ、主にバレーボールやバスケットボールで使用するBアリーナを設置しています。そのほか、さまざまな用途で使用できる多目的ルームや最新器具がそろうトレーニングルームなど、スポーツに打ち込むための環境が整っています。

快適な学生寮で充実したキャンパスライフを送れる

エアコン、インターネット接続環境が完備された個室と開放感のある談話室、自由に利用できるトレーニングルーム、食堂が備わっています。朝夕2食の食事が提供され、卒業生が寮生指導員として快適なキャンパスライフをサポートします。
※2025年度入学者を対象に“寮費免除”を実施します。2年間で720,000円の免除となります。詳しくはお問い合わせください。

学科

【2024年度入学者対象】

東京女子体育短期大学

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

東京女子体育短期大学の偏差値 45~45

学科ごとの偏差値を確認してみよう

基本情報

学費・奨学金

納入金【2024年度入学者対象】

1年次/1,329,000円
2年次/1,101,000円

上記の学納金のほかに、学外実習(水泳、スキー、スケート、キャンプ、野外活動、海外英語・文化講座など)、教育実習、社会体育施設実習、介護等体験などの費用がかかります。学外実習費などは選択した実習のみ必要となります。

奨学金

本学独自の奨学生制度があります。

藤村学園育英奨学生
建学の精神に基づき、学習や競技活動等に真摯に取り組み、優れた資質を有する学生のうち、修学を継続するために経済的援助を必要とする者に対して学資を支援する制度。

スポーツ奨学生
国際競技大会や全国規模の大会で優秀な競技成績を上げた学生を表彰するとともに奨学金を授与し、競技活動を奨励・支援する制度。

藤村トヨ奨励金
学業成績その他の活動を含め、建学の精神に則り模範となる学生に対し、表彰及び奨励金を授与する制度。

藤村学園スポーツ特別奨学生
建学の精神および教育理念のもと、本学での活躍が期待される競技成績の優秀な学生を支援することを目的とした制度。

藤村学園スカラシップ制度
建学の精神に基づき、本学の教育理念を理解し、対象の入学試験において優秀な成績を収め、他の学生の模範となる学生に対し、奨学金を支給する制度。

国際競技大会激励金
オリンピック、FISUワールドユニバーシティゲームズ等国際競技大会の日本代表として出場する学生に対し、激励金を授与。

東京女子体育短期大学の学費(初年度納入金)・奨学金を見る

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

体操競技部、バレーボール部、バスケットボール部、陸上競技部、ハンドボール部、ソフトボール部、新体操競技部、カヌー部、卓球部、ソフトテニス部、水球部、バドミントン部、スピードスケート部、競技スキー部、フェンシング部、硬式庭球部、剣道部、トランポリン部、フィギュアスケート部、サッカー部、ラクロス部、野球部、アイスホッケー部、水泳部、トライアスロン部、柔道部、基礎スキー部、ワンダーフォーゲル部、合気道部、アクアダイビング部、チアリーディング部、ストリートダンス部、ダンス部、ライフセービング部、スノーボードサークル、空手クラブ、舞踏競技クラブ

文化系クラブ

美術部、写真部、手話サークル、ボランティアサークル、演劇クラブ、音楽クラブ、初等教育研究会、スポーツ教育研究会

大学院・併設の大学

大学3年次への編入学

多くの学生が、大学体育学部体育学科3年次へ編入学しています。

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部の詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

学生総数

学生総数

107人

*2023年5月1日現在

所在地・アクセス

本学キャンパス

●東京都国立市富士見台4-30-1
JR南武線「西国立」駅 ・「矢川」駅下車、どちらも徒歩8分

問い合わせ先

住所

〒186-8668
東京都国立市富士見台4-30-1
広報課

電話番号

(042)572-4131(代)

URL

https://www.twcpe.ac.jp

閲覧履歴に基づく
オススメの大学

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ