パンフ・願書を取り寄せる

専門学校 柳川リハビリテーション学院

センモンガッコウ ヤナガワリハビリテーションガクイン / 福岡
専修学校

センパイメッセージ

画像ALT

  • 氏名:蒲原 智代さん
  • 入学年:2016年
  • 出身校:長崎[高校生]: 公:長崎工業高校
  • 学部:理学療法学科

Q1.現在の進路をめざすようになったきっかけ、学校選びで大事にしたことは何ですか?

高校生の頃、柳リハ学院のホームページが目に留まり、オープンキャンパスに参加しました。 学校選びで大事にしていたことが、「学校の雰囲気」 先輩たちのやさしい声かけや、先生方の丁寧な説明はオープンキャンパス時や入学してからも変わらず、実力テスト前に授業以外で勉強しているときも細かく指導してくれます。

Q2.現在、学んでいることを教えてください。

私はこの柳リハ学院で、セラピストとして不可欠な人に接するときの基本を、先生方や先輩方から日々教わっています。

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:廣 智美さん
  • 入学年:2016年
  • 出身校:佐賀[高校生]: 公:牛津高校
  • 学部:作業療法学科

Q1.この学校を選んだ理由は?

3年間で国家資格が取得することができ、国家試験の合格率が高く就職率が開校以来100%であること、柳川の環境が良かったこと等が入学の決め手となりました。

Q2.現在、学んでいることを教えてください。

今は、自分に合ったペースで学習しながら実習やテスト勉強に頑張っています。学生と先生の距離が近く、学科の先生方がとても親身になってくれるので、安心して学ぶことができます。

Q3.今後の目標について教えてください。

様々な作業を通して患者さんに寄り添った支援ができる作業療法士をめざしています。

ページの先頭へ

画像ALT

  • 氏名:山下 紫織さん
  • 入学年:2016年
  • 出身校:長崎[高校生]: 公:大村城南高校
  • 学部:言語聴覚学科

Q1.現在の進路をめざすようになったきっかけを教えてください。

高校の時に聾学校で働く言語聴覚士さんにお会いしたことがきっかけでこの仕事を知り、困っている人の力になれる仕事をしたいと思い、この学科を選びました。

Q2.現在、学んでいることを教えてください

授業では専門の知識分野はもちろん、臨床でどのように活用するのかについての具体例が分かりやすく説明され、将来働くときの実践力を学ぶことができます。また演習・実習を通して患者さんと実際に接することができ、その中で大切なことを教えてもらっています。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる