むろらんこうぎょう

室蘭工業大学

国立大学 北海道

大学トップ

ここに注目
  • 2019年4月 工学部から「理工学部」へ
  • 創立130年。国内に5校しかない国立工業大学の一つ
  • 自らの道を開くため、1年次から一貫したキャリアサポート

大学の特色

モニュメント「新しい風」

2019年4月 工学部から『理工学部』へ

AI(人工知能)の出現、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)の進化といった情報技術の革新により、ものづくりのあり方や、自然科学の活用が変わろうとしています。これまでの産業構造が進化し、社会全体がイノベーションを求める今だからこそ、本学は新しいチカラを養うため、2019年4月、工学部から理工学部へ改組しました。
従来の昼間コース4学科を2学科に、夜間主コース2学科を1学科に再編。工学・科学の基礎と、技術者に必要な情報処理能力を身に付けた、変化する社会に対応できる人材の育成をめざします。

閉じる

変わり続ける産業界で活躍できる科学技術者を育成する

これまでのものづくりを変えていく
『創造工学科』全6コース(夜間主コース含む)

自然科学を探求し社会に還元
『システム理化学科』全3コース

閉じる

アドミッションポリシー

自然に恵まれた学習環境

室蘭工業大学の基本理念は…

室蘭工業大学の基本理念は「自然豊かなものづくりのまち室蘭の環境を活かし、総合的な理工学教育を行い、未来をひらく科学技術者を育てるとともに、人間・社会・自然との調和を考えた創造的な科学技術研究を展開し、地域社会さらには国際社会における知の拠点として豊かな社会の発展に貢献する」ことである。この理念、教育目標、人材育成像、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、理工学部の人材育成像に掲げる「専門性と展開力」、「強靭性と俯瞰力」、「社会性とコミュニケーション力」を備えた、変わり続ける産業界で活躍できる人材を養成するため、次のような人を求めている。

閉じる

(1)理工学部の求める学生像

・科学技術と人間・社会・自然に興味・関心があり、新しい課題に積極的に取り組もうとする人
・豊かな教養と幅広い専門知識を身につけ活用するための基礎的能力をもつ人
・多様な人と協働し、地域社会と国際社会の発展に主体的に貢献しようとする人

閉じる

(2)各学科の求める学生像

創造工学科とシステム理化学科において、それぞれ次のような「関心・意欲」「知識・技能」「思考力・判断力」「表現力」「主体性・多様性・協働性」を備えた人を求めている。

1)創造工学科
『関心・意欲』 
専門分野に強い関心を持つとともに、専門分野を中心に工学を基礎から幅広く学び、それを活かして実社会での課題発見とその解決に取り組む意欲のある人
『知識・技能』
工学分野を学ぶための高等学校等で修得すべき基礎的な知識・技能を有する人
『思考力・判断力』
自らの知識・技能をもとに論理的な思考・判断ができる人
『表現力』
自らの考えを論理的に相手に伝えることができる人
『主体性・多様性・協働性』
多様な人と協働するための社会性やコミュニケーション力の基礎となる教養と語学力を持つとともに、主体的な活動の意欲や経験を有する人

2)システム理化学科
『関心・意欲』
専門分野に強い関心を持つとともに、専門分野を中心に理工学を基礎から幅広く学び、社会や自然にある新しい素材・機能・現象・性質の発見と活用に取り組む意欲のある人
『知識・技能』
理工学分野を学ぶための高等学校等で修得すべき基礎的な知識と技能を有する人
『思考力・判断力』
自らの知識・技能をもとに論理的な思考・判断ができる人
『表現力』
自らの考えを論理的に相手に伝えることができる人
『主体性・多様性・協働性』
多様な人と協働するための社会性やコミュニケーション力の基礎となる教養と語学力を持つとともに、主体的な活動の意欲や経験を有する人

閉じる

教育環境

附属図書館

学生生活を支える充実の施設

教育・研究7号館(Y棟)
学科および大学院の分野を越えた研究や連携を推進するため、2002年に建てられた7階建ての研究棟です。のびやかな吹き抜けのアトリウムが印象的な造りで、1階には博物館も設置されています。
附属図書館 *写真
日々の学習や研究に欠かせない自然科学・工学分野を中心とした専門書をはじめ、小説や雑誌など約30万冊を所蔵。必要な資料があれば、購入をリクエストすることもできます。
学生食堂
定食からサラダバー、デザートまで豊富なメニューが自慢のカフェテリアスタイルの学生食堂。レシートには総カロリーや栄養バランスなどが記載されており、食生活を支えるだけでなく、日々の健康管理にも役立ちます。
工大生協「パレット」
文房具、雑貨、電化製品、さらに肉・魚・野菜など生鮮食品もそろう、まるでスーパーマーケットのような大学生協。国内・海外旅行の航空券の手配、住居紹介など各種サービスを行うほか、銀行・郵便局のATMも設置されています。

閉じる

ロボットアリーナ

最先端の教育・研究体制をサポートする施設・設備

ものづくり基盤センター
最新のマシニングセンタやワイヤ放電加工機から汎用的な旋盤やボール盤まで、幅広い工作機械を完備。センターのライセンスを取得すると、各種機械を自由に使って「ものづくり」ができます。機械の使い方や加工の方法がわからない場合は、センターの技術スタッフが対応します。授業をはじめ、サークルや課外活動の「ものづくり」でも利用できます。「ものづくり」のプロジェクトを立ち上げれば、さらにスペースや費用面でもバックアップします。
情報メディア教育センター
約4000人の学生・大学院生および教職員の教育・研究などに活用されている本学の情報・ネットワークシステムを支える中核施設。情報セキュリティの維持・向上や情報の戦略的活用の支援も行っています。
ロボットアリーナ *写真
ロボット技術を核とした地域開放型施設です。地域向けのロボット教室から、地域とのタイアップによる研究まで幅広く展開しています。医療用ロボットやヒューマノイドロボットの展示体験スペースのほか、工作エリア、セミナーエリアなどがあります。
航空宇宙機システム研究センター
大気を利用して高速度、高高度まで飛行するための革新的な基盤技術、およびその技術を利用した輸送システムに関する研究を、学内外の研究者と連携して行っています。吸い込み式超音速風洞試験設備、高速走行軌道試験設備、フライトシミュレータ装置などの研究設備を整えています。

閉じる

女子学生寮「明凛館」

学生寮を完備

修学を生活面、経済面から支援する学生寮を設置しています。学生寮での生活は、経済的な負担の軽減に加え、多様な学生が集う共同生活を通じて学び得ることも多く、卒業後の社会で大いに役立つでしょう。

女子学生寮:明凛館(めいりんかん)
A棟:2011年完成、鉄筋コンクリート4階建て。
B棟:2015年完成、鉄筋コンクリート3階建て。
オートロック玄関、管理人常駐なので安心。定員51名
居室仕様/1人部屋(約7畳。机、椅子、ベッド、冷蔵庫、ストーブ、トイレなど)
館内設備/キッチン、シャワー室、洗濯室、ラウンジ、リビングなど
寄宿料/月額1万3200円(部屋代)
光熱水費など/月額1万2100円
男子学生寮:明徳寮(めいとくりょう)
2010年全面改修、鉄筋コンクリート4階建て。室内はユニット式でプライバシーを確保。定員363名
居室仕様/3人部屋(約15畳・間仕切り付。机・椅子・ベッド・本棚など)
館内設備/談話室、浴室、洗濯室、乾燥室、売店、洗面所、補食室など
寄宿料/月額6500円(部屋代)
雑費/月額8900円(光熱水費など・実費のため変動する)

閉じる

学部

2019年度入学者対象

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納付金【2019年度入学者対象】

●初年度納付金
《昼間コース》
入学料/282,000円 授業料/535,800円
《夜間主コース》
入学料/141,000円 授業料/267,900円

※なお、在学中に授業料の改定が行われた場合は、改定時から新授業料の額が適用されます。

経済的側面から学びをサポート

入学料・授業料の免除など
入学料や授業料の納付が困難な学生に対して、入学料免除(全額または半額)および徴収猶予、授業料免除(全額または半額)および徴収猶予の制度があります。

経済的理由により修学が困難な学生に対する経済援助として、各種奨学金を取り扱っています。
大学独自の奨学金等
経済的困窮学生への支援
学力優秀でありながら、経済的困窮から勉学継続が困難な学生への支援を行う制度です。
東奨学金
国立高等専門学校から編入学した学生で、授業料免除申請を行い不許可となった者が対象の奨学金です。本学の授業料免除制度は、家計基準と学力基準の両方を満たしている者が対象です。東奨学金は、本学の家計基準は満たしているものの、認定単位数が少ない等の理由で免除不許可となった者に対し、授業料の半額分を給付するものです。
日本学生支援機構の奨学制度
日本学生支援機構の奨学制度は、学業、人物ともに優秀で、かつ、健康で経済的理由で修学が困難な者に学資を貸与して、教育の機会均等を図り、社会に有益な人材を育成することを目的としています。
地方公共団体、財団法人等の奨学金
出願手続きなどについては、日本学生支援機構に準じて取り扱われていますが、詳細はお問い合わせください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】3216人
【外国籍の学生数】183人
【教員数】180人
【外国籍の教員数】11人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 41人
3か月以上6か月未満1人
6か月以上1年未満4人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】5
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】41〜60人
【奨学金給付金額総額】1,000万円以上1,500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

オーストラリア・ロイヤルメルボルン工科大学語学研修

【留学先】オーストラリア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】5〜15名程度
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
URL:http://www.muroran-it.ac.jp/oia/outbound/overseas-training.html
部署:室蘭工業大学国際交流センター
電話番号:0143-46-5886

ヨーロッパ語学研修

【留学先】ドイツ
【留学期間】1か月未満
【対象人数】6〜15名
【留学開始時期】2020/02/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
URL:http://www.muroran-it.ac.jp/oia/outbound/overseas-training.html
部署:室蘭工業大学国際交流センター
電話番号:0143-46-5886

中国語・中国文化研修

【留学先】中国
【留学期間】1か月未満
【対象人数】4〜15名
【留学開始時期】2020/03/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
URL:http://www.muroran-it.ac.jp/oia/outbound/overseas-training.html
部署:室蘭工業大学国際交流センター
電話番号:0143-46-5886

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

陸上競技部、硬式野球部、準硬式野球部、硬式庭球部、ソフトテニス部、男子バレーボール部、バスケットボール部、サッカー部、アメリカンフットボール部、卓球部、バドミントン部、ヨット部、ワンダーフォーゲル部、自動車部、単車会、スキー部、弓道部、アーチェリー部、柔道部、剣道部、合気道部、ボクシング部、体育会空手道部、ゴルフ部、サロンフットボール部、サイクリング部、スノーボード部、雪合戦部、Lead Works、セパタクロー部「蹴舞」、テニスサークルFAULT、スポーツチャンバラ部、DOCSASE、水泳同好会、YOSAKOIソーランサークル「百花繚蘭」、女子バレーボール同好会、ダーツサークルNDC、軟式野球サークル、球戯愛好会、ハンドボール同好会~送球魂~、サバイバルゲームサークルMIT Airsoft、バドミントン愛好会、社交ダンスサークル、ウエイトリフティングサークル、居合・杖道サークル杖刀会、アルティメットサークル漣

文化系クラブ

オリジナルフォーク愛好会、ジャズ研究会、管弦楽団、軽音楽部、ラジオ放送部、美術部、写真部、将棋部、鉄道研究会、シミュレーションゲーム研究会、夢工房、MPC、航空研究会、天体観測Laboratory、アニメーション研究会、文芸部、小原流華道部、劇団「つぶて」、ビブリオバトル室蘭、東洋哲学研究会、Café Circle Crocchio、遊戯王同好会、アコースティックギターサークル、英会話サークル(English speaking circle)、漫画研究同好会、アカペラサークル、TRPG同好会、学生宇宙研究開発機構(SARD)、数学・物理同好会、室蘭工大ポケモンサークル

その他のサークル・団体

Studio催事、PAネットワーク、編入生交流会、国際交流クラブ、室蘭地区ホームヘルパーサークル
工大祭実行委員会、colors(生協学生委員会)

閉じる

大学院・併設の大学

専門領域をさらに深く追究

〈大学院〉
●工学研究科
【博士前期課程】
環境創生工学系専攻/物質化学コース、化学生物工学コース、環境建築学コース、土木工学コース、公共システム工学コース
生産システム工学系専攻/機械工学コース、ロボティクスコース、航空宇宙総合工学コース、先進マテリアル工学コース、応用物理学コース
情報電子工学系専攻/情報システム学コース、知能情報学コース、電気通信システムコース、電子デバイス計測コース
【博士後期課程】
工学専攻/先端環境創生工学コース、先端生産システム工学コース、先端情報電子工学コース

閉じる

パンフ・願書

「Challenging」 学科情報、一般教養教育課程情報、キャンパス情報など

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●北海道室蘭市水元町27-1
【東室蘭から本学までのアクセス】
■バス(道南バス)
○JR「東室蘭」駅西口から
  ろう学校行「東室蘭西口」→「工大」下車(所要時間約15分)
○JR「東室蘭」駅東口から
  鷲別経由工大行「東町ターミナル」→「工大」下車(所要時間約15分)
  仲通経由工大行「東町ターミナル」→「工大」下車(所要時間約20分)
■タクシー
 JR「東室蘭」駅西口から乗車(所要時間約10分)

【東室蘭までのアクセス】
■札幌起点の場合
○JR/特急スーパー北斗で「東室蘭」駅下車(所要時間約1時間15分)
○高速バス
 道南バス:高速白鳥号で「東町ターミナル」下車(所要時間約1時間50分)
 中央バス:高速むろらん号で「東室蘭東口」下車(所要時間約1時間50分)
■新千歳空港起点の場合
○JR/札幌方面行き快速または普通列車で1駅「南千歳」駅で乗り換え。特急スーパー北斗で「東室蘭」駅下車(所要時間約1時間)
○高速バス
 道南バス:高速はやぶさ号で「東町ターミナル」下車(所要時間約1時間15分)
■青森起点の場合
○JR/「新青森」駅から北海道新幹線で「新函館北斗」駅で乗り換え。特急スーパー北斗で「東室蘭」駅下車

閉じる

問い合わせ先

住所

〒050-8585
北海道室蘭市水元町27-1
入試戦略課 入学試験係

電話番号

(0143)46-5162(直)

URL

http://www.muroran-it.ac.jp/

URL(携帯)

http://daigakujc.jp/muroran-it/

E-Mail

nyushi@mmm.muroran-it.ac.jp

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ