大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET

とうきょうのうこう

東京農工大学

国立大学 東京都

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

農学部の応用生物科学科と工学部の生命工学科には、どのような違いがありますか?

自然界・生物・ヒトを中心とした研究か、ものづくりの視点で生命を捉えた研究かの違いがあります。

農学部の応用生物科学科では、自然界・生物・ヒトとの関わりを中心にした研究を行い、食品、医薬品、農薬、化粧品、香料開発など農学分野での貢献をめざしています。
一方、工学部の生命工学科では、ものづくりの視点で生命を捉え、これを私たちの生活で活用する研究、例えばバイオセンサーや臨床・診断薬、医薬品の開発、有用物質の工業的応用や環境の修復などの研究を行っています。

閉じる

農学部の環境資源科学科と地域生態システム学科で扱う環境の違いは?

自然科学的視点で研究するか、自然科学・人文社会科学を融合した教育分野で研究するかの違いがあります。

環境資源科学科は、大気・地圏・水界から成り立つ生物圏全体を通した物質循環について教育研究する「環境保護学講座」と、再生可能な資源の有効利用や木質資源循環のしくみなどを教育研究する「資源物質科学講座」という二つの講座から構成されています。
一方、地域生態システム学科では、森林と田園、農山村と都市などの空間を相互に関連した地域システムと捉え、自然科学から人文・社会科学にわたる広い分野を基礎にして、人と自然とが共生できる地域空間の創出をめざし、持続可能な森林の管理と資源利用、野生動植物などの保護や自然修復、環境と調和した農業生産システム、ヒトと自然との共生のあり方などに関する教育研究を行っています。

閉じる

工学部化学系3学科の違いを教えてください。

応用化学を基盤とするか、化学工学を基盤とするかで違います。

応用分子化学科は、物理化学、無機化学、有機化学、生物化学の広い範囲にわたるバランスの取れた基礎学力習得と、最先端分野(半導体化学、電子エネルギー化学、有機合成化学、触媒化学、材料化学、ナノテクノロジーなど)の研究・実験により、化学のあらゆる分野で研究開発を進めるために必要となる独創性と応用力を育成します。
有機材料化学科は、有機化学、物理化学、分析化学、無機化学などの化学全般の修得に加え、力学、電磁気学、光学 などの基礎的な物理学の素養、さらに高分子化学や材料化学(基礎)などの専門基礎を身に付ける有機材料全般に加え、生分解性材料・発光プラスチック・プラスチック電池などの機能性有機材料や基礎有機材料化学などを深く学びます。
化学システム工学科では、反応や触媒設計、分離・精製、微粒子に関する研究から、地球にやさしい新素材開発や、医薬品に関わる製造技術、新エネルギーの有効利用技術や、地球環境の汚染対策などの技術開発と研究を行い、化学製品を合理的に生産する「化学工学」を学びます。

閉じる

入試に関するQ&A

選択科目による有利・不利はありますか?

ありません。

問題作成の際に難易度を調整し、入試科目の選択によって有利・不利が生じないよう細心の注意を払って科目間のバランスを保つようにしています。

閉じる

二段階選抜はありますか?

行っていません。

農学部、工学部とも二段階選抜を行っていません。

閉じる

受験時の宿泊先を紹介していただけますか?

大学生協にお問い合わせください。

大学として紹介はしていませんが、大学生協が案内を出していますので、お問い合わせください(問い合わせ先:東京農工大学消費生活協同組合TEL:042-366-0762/夏季休業日・年末年始・土日・祝日を除く/10:00~15:45)。

閉じる

出願期間中の各学部・学科の志願倍率の情報は公表していないのでしょうか?

大学ホームページや携帯電話サイトで公表します。

一般入試のみ、出願手続期間中はほぼ毎日更新のうえ、志願状況を本学ホームページや携帯電話サイトで公表します。

閉じる

入学後に転学部や転学科はできますか?

願い出により学科定員の欠員状況、履修科目の成績および入学試験の成績などを考慮します。

転学部・転学科は、本学に1年以上在学することが必要条件です。願い出により学科定員の欠員状況、履修科目の成績および入学試験の成績などを考慮のうえ、選考されます。

閉じる

身体に障害がある場合、受験や入学後に配慮していただけますか?

出願前に必ず入試課にご相談ください。

受験上もしくは修学上の特別な措置を必要とする場合は、個別に対応してさまざまな配慮をしています。出願前に必ず入試課にご相談ください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ