きょうときょういく

京都教育大学

国立大学 京都府

学校推薦型・総合型選抜レポート

2022年度

京都教育大教育学部学校教育教員養成学科

AI 先輩のレポート

入試形式

推薦入試で課されたこと

志望理由書

小論文

面接

閉じる

面接とわたしの対策

面接形式

個人

面接官の人数

3人

質問 1

質問

推薦入試を受けた理由

解答

小学校教員を目指していること 

質問 2

質問

なぜ小学校教員なのか

解答

小学校の時に体の成長で悩んだことがありこの経験を活かして導いていきたいと思ったから

質問 3

質問

小学校教員の魅力

解答

中高とは違い基本的に一日中児童と関わることができ児童の成長にたくさん気づくことができること

質問 4

質問

修学旅行が中止になった時どう対応するか

解答

中止になったことをしっかり伝えた上で学校や地域で出来そうなイベントを行う。

「やっておいてよかった!!」対策

先生と何度も面接練習をし、たくさんの情報を得ること

面接では良く聞かれることはあまり聞かれず自分を動物で例えるならや社会見学に行くならどこがいいかなどその場で考えなければならないものや情報をしっかり知った上で自分の考えを瞬間的に答えなければならないものが多いので何度も練習をして対応力を身につけて先生から情報を得ることが大切だと思う。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

手振りが多い

話す時に無意識に手を動かしてしまうので気をつけるよう言われたが本番は緊張と難しい質問なででそこまで頭が回らず普通にやってしまったこと。

閉じる

小論文対策

解答時間

90 分

出題内容

信頼とは文を要約と自分の考え シンパシーとエンパシーの説明とエンパシーを培うためにどのような教育実践を行うか

「やっておいてよかった!!」対策

先生に見てもらう

早い時から対策を行いたくさんの問題を解き書き方や時間配分を身につける。その時に先生に添削してもらいたくさん指摘を受けてそこを直していく。過去問だけでなく色んな教育問題の題材を扱い練習だけでなく情報も得て面接で活かしていった。

閉じる

志望理由書

志望理由書のあらまし

志望理由は小学校教員になりたいから。理由は恩師である中学3年生の時の担任の先生を受けこのような教員になりたいと思ったからだ。児童1人1人と向き合うお互い信頼し合得るような教員になりたいこと。さまざまなところへ社会見学に行き実際に目でみてさまざまなことを考えることができる場をたくさん作っていきたい。そのために貴学でたくさんのことを学び自身の理想像に近づきたいと

よりよい志望理由書を書くには!

志望校のパンフレットやアドミッションポリシーなどをしっかりとみてどういう力が求められているかを理解する。それもとに経験談を絞って使っていく。明確な文章で端的に書くこと。その後1週間ほどかけて先生に見てもらい修正していった。2週間ほどかかるので早めに取り組むこと。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ