×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

えひめ

愛媛大学

国立大学 愛媛県
●2020年4月、教育学部を改組

大学トップ

ここに注目
  • 学生中心の大学。地域とともに輝く大学。世界とつながる大学。
  • 学生数約1万人。7学部を擁する四国最大の総合大学
  • 地域を牽引し、グローバルな視野で社会に貢献する活動を展開

大学の特色

大学での学びに自信が持てる「自立した学びへのサポートシステム」

愛媛大学では、学生が自ら学び、考え、実践する力を身に付けるために、特色のある学びのサポートシステムを提供しています。学生生活や学修での不安や悩みがあるときも、教員や先輩学生と個別に相談することで、的確なアドバイスを得ることができ、安心して学生生活を送ることができます。

○学生生活担当教員
一人ひとりの学生の状況を把握し、必要に応じて履修指導を行い、学生生活について助言を与えられるよう、学生生活担当教員の制度を設けています。高等学校の学級担任とは異なりますが、皆さんが充実した学生生活を送れるように細やかなサポートを心掛けています。
○スタディ・ヘルプ・デスク(SHD)
学生のための学習相談窓口です。大学院生のアドバイザーから教科の内容について懇切丁寧な解説を聞けるほか、効果的な学習の仕方(スタディスキル)についてもアドバイスしてもらえます。学生の目線で学習相談に応じるので、特に新入生に人気があります。
○新入生セミナー
入学してすぐに受ける必修科目の一つです。レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方、コミュニケーションの取り方など、大学におけるスタディスキル(知の運用能力)を学びます。また、学部で学ぶ専門分野の全体像を理解するために、その準備学習やガイダンスを行います。

閉じる

就職に強い!愛大学生コンピテンシーの育成

愛媛大学の卒業生を採用した企業の満足度は90%を超え、愛大出身者は実社会で高く評価されています。その理由は、愛媛大学が定めている「愛大学生コンピテンシー」。学生が卒業時に身に付けていることが期待される能力です。

愛媛大学では、先行き不透明な時代をたくましく生き抜く力を育てるために、正課教育・準正課教育・正課外活動の3つの場でさまざまな試みを先導的に行っています。その結果、卒業予定者を対象とするアンケートでの「愛大学生コンピテンシーが身についたと思うか」の問いに、85%を上回る学生が肯定的な回答をしています。

・社会力入門:大学生活を通して「オトナ」になるための基礎的な学びとしての「社会力」を修得することをめざした、全学生必修のキャリア教育科目です。(共通教育科目)
・愛媛大学リーダーズ・スクール(ELS):大学の活性化や地域づくりに貢献できる学生リーダーの輩出をめざし、座学と実践の両面を通じて、学生のリーダーシップを養成しています。(準正課教育)
・学生団体特別支援制度:学生団体評価の結果、優秀な評価を受けた団体には、物品購入、全国大会出場、指導者招聘、施設借上などに活動費支援を行っています。(クラブ・サークル活動)
・学生海外派遣(短期)プログラム:愛媛と世界をつなぐ人材を育成する、愛媛大学グローバル人材育成事業です。(海外交流事業)

閉じる

人の暖かさが感じられる街「松山」で送るキャンパスライフ

大学進学で始まる松山での生活。なにかと不安の多い一人暮らし。でも、松山は本当に住みやすい街。その街ナカにあるキャンパスで充実した大学生活を送ることができます。

授業もサークルもバイトも自転車ひとつ!
愛大生に自転車は必須です。メインキャンパスである城北キャンパスから市内中心部まで5分ほど。授業の合間に友だちと息抜きをしたり、話題の店でアルバイトをしたり…自転車一つで大学生活をより充実したものにできます。

おサイフに優しい松山での暮らし!
生活するとき気になるのはやはり金銭面。松山市の家賃相場は、全国でも一二を争うほど安く、東京都と比較するとなんと半額以下(※)。物価を総合的に見ても全国で最も安い都道府県のうちの1つで、学生の一人暮らしでも安心です。
※平成30年度小売物価統計調査(動向編)/総務省統計局

四国の玄関口松山。帰省や旅行も心配無し!
交通の便が良い松山市。とりわけ広島までは高速船で約1時間です。それに、市内中心部から松山空港までの距離が近いのも便利なところ。格安航空等を使えば、東京や大阪にも気軽に帰省や旅行ができます。四国4県都をつなぐエックスハイウェイを使う高速バスは、松山と高松、徳島、高知との間を頻繁に運行しています。さらに、福岡、尾道・福山、岡山、神戸、大阪、京都、名古屋、東京・横浜などにも、高速バスが多数運行されています。

閉じる

アドミッションポリシー

愛媛大学マスコットキャラクター「えみか」

アドミッションポリシー(AP:入学者受入の方針)

愛媛大学では、学士課程におけるアドミッション・ポリシーを次のとおり定めています。

求める入学者像
「学生中心の大学」「地域とともに輝く大学」「世界とつながる大学」を大学憲章に掲げている愛媛大学の一員となって、主体的に考える力や予想外の事態を乗り越える力を、生涯にわたって研鑽し身につけたいという意欲をもつ学生を求めます。

入学者選抜
高等学校等において修得した基礎的な知識・技能、それらを活用する能力、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度などを、多面的・総合的に評価する入学者選抜を行います。また、留学生を含む多様な学生に対して門戸を開きます。

各学部では、より詳細にアドミッション・ポリシーを定めています。学部紹介ページで各学部のアドミッション・ポリシーをご覧ください。

閉じる

教育環境

郷土に溶け込んだ、充実した設備のある恵まれた3つのキャンパス

●城北キャンパス
松山市中心部に位置する城北キャンパスは、5学部(法文学部・教育学部・社会共創学部・理学部・工学部)が集まる愛媛大学のメインキャンパスです。キャンパス内は、正門から西に延びる小川のせせらぎと、そのほとりのケヤキ並木や花々が美しい季節の彩りを感じさせてくれます。レクリエーションやジョギングなど自由に活用できる芝生広場や設備の整った研究施設、約100万冊の蔵書を有する図書館など、快適な環境で充実したキャンパスライフを送ることができます。

●重信キャンパス(医学部)
医学部附属病院(愛大病院)が併設されている重信キャンパスは、医学部の教育・研究拠点であり、地域医療の拠点でもあります。医学部の学生は、最先端の医療と医療設備が整う大学附属病院において実習を行うことができます。一級河川である重信川を背に広がる本キャンパスの敷地内には、平日は21時まで開館の図書館や医学部学生・研修医専用の学生寮を設置するなど、学生の学びをサポートしています。
また、キャンパス内に設置の研究センターでは、先端医学に応用する研究や、全国に先駆けた取り組みを行っています。

●樽味キャンパス(農学部)
松山市の東部に位置する樽味キャンパスは、農学部の教育・研究拠点です。松山市の上水の約半分を供給する石手川ダムを上流に構える石手川と、四国八十八箇所霊場の第五十一番札所である石手寺からほど近い場所に位置する本キャンパスには、植物工場や遺伝子実験施設があり、より高度な学びを可能にする教育環境を整備しています。農学部生は1年次に城北キャンパスと併用して学び、2年次からは樽味キャンパスで過ごします。

閉じる

学部

【2021年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2021年度予定】

◎入学料
 282,000円 ※法文学部「夜間主コース」は141,000円
◎授業料(年額)
 535,800円 (前期分267,900円)
 ※法文学部「夜間主コース」は267,900円 (前期分133,950円)
◎その他の経費
 学部ごとに異なります。

【入学料および授業料の免除制度】
●入学料の免除制度
入学前1年以内に家計支持者の死亡や風水害等の災害により入学料納付が困難な場合、審査により入学料の全額または半額が免除される制度があります。

●授業料の免除制度
経済的理由により授業料の納付が困難な場合、審査により授業料の全額または半額を免除される制度・日本学生支援機構給付型奨学生に対する授業料免除制度があります。
また、授業料を納付した後でも、家計支持者の死亡等による緊急の免除制度を設けています。

【入学料および授業料の徴収猶予制度】
●経済的理由により納付期限までに入学料・授業料の納付が困難な場合、審査により入学料・授業料の納付が猶予される制度があります。

【奨学金制度】
日本学生支援機構の奨学金、地方公共団体・民間の財団法人等の奨学金に加え、愛媛大学独自の奨学金制度があります。詳細については愛媛大学のホームページをご確認ください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2019年)

学生数、教員数

【学生数】9107人
【外国籍の学生数】291人
【教員数】852人
【外国籍の教員数】56人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 570人
1か月以上3か月未満 25人
3か月以上6か月未満26人
6か月以上1年未満23人
1年以上5人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】30
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】281〜300人
【奨学金給付金額総額】2,500万円以上3,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

研究プロジェクトを通じた国際的技術者養成プログラム

【留学先】韓国、台湾、インドネシア
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】10
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
部署:教育学生支援部教育支援課工学部チーム
電話番号:0899279690

「海外フィールド実践/海外言語文化研修」

【留学先】アメリカ・その他の州、台湾、シンガポール、タイ、インド、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、フランス、アフリカ
【留学期間】プログラムにより異なる(2週間〜1年未満)
【対象人数】各プログラム約8名
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】不問
【問い合わせ先】
URL:http://www.ll.ehime-u.ac.jp/abroad
部署:愛媛大学法文学部人文社会学科
電話番号:0899279266

日本・インドネシアの農山漁村で展開する6大学協働サービスラーニング

【留学先】インドネシア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】25
【留学開始時期】2021年3月
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:https://suiji.agr.ehime-u.ac.jp/
部署:国際連携支援部国際連携課
電話番号:0899279157

閉じる

住環境

愛媛大学では、学生に経済的な居住環境と良好な勉学環境を保障するために御幸学生宿舎、拓翠寮、あいレジデンス(医学部学生・研修医宿舎)を設置しています。すべて個室のためプライバシーや一人の時間も確保されます。※写真は御幸学生宿舎。

●御幸学生宿舎
城北キャンパスの西方約2kmの閑静な住宅地の中に位置し、大学まで自転車で約10分。市街地への交通の便もよく、恵まれた環境にあります。全棟にセキュリティーシステムを完備し、食堂と売店を備えたフードショップを設置。各部屋(男子225室、女子177室、留学生70室)には、バス、トイレ、ミニキッチン、冷蔵庫、机、ベッド、エアコン等を備えています。

●あいレジデンス(医学部学生宿舎)
重信キャンパス内にある鉄筋4階建ての学生・研修医宿舎。バス、トイレ、洗濯機パン、ミニキッチン、クローゼット、エアコン等を備えた各部屋は、オール電化方式の快適で安全な環境です。

●拓翠寮
樽味キャンパス内にある農学部男子学生(定員40名)と外国人男子学生(定員10名)との合同寮。各階に自炊可能な補食室、談話室、風呂、トイレが設置されています。寮生自ら企画・運営を行う自治寮であり、普段の生活をはじめ、寮内年間行事などを通して国際親善の場として友好的な環境が築かれています。

閉じる

クラブ・サークル活動

サークル活動などの課外活動は、友情、責任感、協調性などを育む人間形成の場。愛媛大学には、体育、文化一般、専門分野の研究、音楽、美術、芸能など、多種多様な約190団体のクラブやサークルがあります。およそ7割の学生が参加して充実した学生生活を送っています。
愛媛大学独特の制度として「学生団体特別支援制度」があり、学生団体評価の結果、優秀な評価を受けた団体には、物品購入、全国大会出場、指導者招聘、施設借上などに活動費支援を行っています。

体育会系クラブ

水上競技部、バスケットボール部、ハンドボール部、体操部、フットサル部、ダンス部、柔道部、剣道部、空手道部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、バドミントン部、少林寺拳法部、合氣道部、卓球部、硬式庭球部、ソフトテニス部、弓道部、スポーツ愛好会、nare(フットサル)、カンパニーロ(フットサル)、小太刀護身道部、バスケットボール同好会、ストリートバスケットボール愛好会、バランスプラス(スポーツ全般)、愛翔会(バドミントン)、テコンドー部、なぎなた愛好会、Beat Street(ストリートダンス)、フリークライミング部、チアリーディング部(TRUSTARS)、航空力学研究会 二宮翔会、愛庭会、Sea’s(硬式テニス)、極真空手部、クラレボ(バスケットボール)、√理羽(バドミントン)、バル・ブランシュ(テニス)、P.E.T.(サッカー)、陸上競技部、硬式野球部、準硬式野球部、軟式野球部、男子ソフトボール部、ラグビー部、アメリカンフットボール部、サッカー部、女子サッカー部、男子ラクロスクラブ、女子ラクロス部、馬術部、漕艇部、ヨット部、ワンダーフォーゲル部、ハイキング部、山岳部、サイクリング部、二輪研究会、スキューバダイビング部、フィギュアスケート部、アイスホッケー部、スカッシュラケット同好会、ソフトテニス愛好会、ソフトボール同好会、応援団、トライアスロン部、T.K.S(タッチラグビーサークル)、釣りサークル(ゑびす)

文化系クラブ

E.S.S.、GSC(Global Society Consideration)、Admission Supporters、学術探検部、YMCA、ユースホステルクラブ、天文学研究会、囲碁部、将棋部、マジッククラブ、ゲーム研究会、映画研究会、放送研究会(EUBC)、漫画研究会、萌学研究会、落語研究会、演劇部、表千家茶道部、茶道裏千家愛和会、草月流いけばな、フラワーデザイン研究会、能楽研究会、コンピュータ・サイエンス・リサーチ(CSR)、53℃(競技プログラミング)、美術部、写真部、書道部、新聞部、第三文明研究会、KGK(キリスト者学生会)、学生赤十字奉仕団(SRC)、ボランティアサークル“すくすく”、わかば(ボランティアサークル)、愛大俳句研究会、音楽研究会(The Bachelors)、ギタークラブ、軽音楽部、交響楽団、吹奏楽団、ジャズクラブ(JOKERS)、愛媛大学シンセサイザープロジェクト(ESP)、フォークソング愛好会、邦楽部、合唱団、アカペラオレんジ、特別支援教育研究会、彫塑工芸研究会、生態学研究会、愛媛大学茶道部

閉じる

大学院・併設の大学

学生の個性に応えるさまざまな研究科・専攻

■人文社会科学研究科[修士課程](2020年4月、法文学研究科の改組)
◎法文専攻(法学コース、人文学コース)
◎産業システム創成専攻(経済・経営コース、環境・資源マネジメントコース)
■教育学研究科(2020年4月改組)
[修士課程]◎心理発達臨床専攻
[教職大学院]◎教育実践高度化専攻(リーダーシップ開発コース、教育実践開発コース、教科領域コース、特別支援教育コース)
■医学系研究科
[博士課程]◎医学専攻
[修士課程]◎看護学専攻
[博士後期課程]◎看護学専攻(2020年4月新設)
■理工学研究科
[博士前期課程]
◎生産環境工学専攻/機械工学コース、環境建設工学コース、船舶工学特別コース
◎物質生命工学専攻/機能材料工学コース、応用化学コース
◎電子情報工学専攻/電気電子工学コース、情報工学コース、ICTスペシャリスト育成コース
◎数理物質科学専攻/数理科学コース、物理科学コース、地球進化学コース
◎環境機能科学専攻/分子科学コース、生物環境科学コース
[博士後期課程]
◎生産環境工学専攻 ◎物質生命工学専攻 ◎電子情報工学専攻 ◎数理物質科学専攻 ◎環境機能科学専攻 ◎先端科学特別コース
■農学研究科[修士課程]※は学部からの6年一貫特別コース
◎食料生産学専攻/農業生産学コース、植物工場システム学コース、食料生産経営学コース、地域イノベーションコース、水圏生産学コース、知能的食料生産科学特別コース※
◎生命機能学専攻/応用生命化学コース、健康機能栄養科学特別コース※
◎生物環境学専攻/森林資源学コース、森林環境管理学サブコース、バイオマス資源学コース、地域環境工学コース、環境保全学コース、水環境再生科学特別コース※
◎社会人特別コース
◎アジア・アフリカ・環太平洋留学生特別コース
■連合農学研究科[後期3年のみの博士課程]
◎生物資源生産学専攻 ◎生物資源利用学専攻 ◎生物環境保全学専攻

閉じる

パンフ・願書

あなたの夢,目標,壁,興味,漠然とした不安。それぞれの今を一歩前進に。
自由な学びの中で,自分の一歩をみつけてください。
あ,見つけた!愛大で。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

城北キャンパス(法文学部、教育学部、社会共創学部、理学部、工学部)

○JR「松山」駅から伊予鉄道市内電車:古町回り「松山市駅」行き乗車(約18分)、「赤十字病院前」駅下車、徒歩3分
○伊予鉄道郊外電車「松山市」駅からJR松山駅前回り乗車(約28分)、「赤十字病院前」駅下車、徒歩3分
○伊予鉄道郊外電車「松山市」駅から大街道回り乗車(約16分)、「赤十字病院前」駅下車、徒歩3分

樽味キャンパス(農学部)

○JR「松山」駅から伊予鉄バス8番線(東野経由)「JR松山駅前」バス停から道後温泉駅前行き乗車(約24分)、「愛大農学部前」下車
○伊予鉄道郊外電車「松山市」駅から伊予鉄バス8番線(東野経由)「松山市」駅から道後温泉駅前行き乗車(約15分)、「愛大農学部前」下車

重信キャンパス(医学部)

○JR「松山」駅から伊予鉄道郊外電車「大手町」駅(JR松山駅から東へ徒歩5分)から横河原行き乗車(約34分)、「愛大医学部南口」駅下車、徒歩10分
○伊予鉄道郊外電車「松山市」駅から横河原行き乗車(約28分)、「愛大医学部南口」駅下車、徒歩10分
○伊予鉄郊外バス「松山市駅」バス停から川内方面行き乗車(約40分)、「愛大医学部前」または「愛大病院前」下車、徒歩5分
○松山観光港から伊予鉄バス「高浜駅前」行き乗車、「高浜駅前」バス停にて伊予鉄道郊外電車「高浜」駅に乗り換え、横河原行き乗車(約50分)、「愛大医学部南口」駅下車、徒歩10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番
教育学生支援部入試課

電話番号

(089)927-9172、9173

URL

https://www.ehime-u.ac.jp/

E-Mail

nyushika@stu.ehime-u.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ