よこはましりつ

横浜市立大学

公立大学 神奈川県

学部・学科

学べること

自ら問題を発見し、解決する

YCUでは1年生の必修科目として、共通教養科目を設けています。
共通教養科目は、YCUのめざす教養教育の土台であり、教養ゼミや総合講義、実践科目などを通じて、全学生の「自ら問題を発見して解決する力」を育てていくことを目標としている科目です。

●「考えをカタチにする力」を体得する―教養ゼミ
大学では自らの疑問から「問い」を設定し、それを考察・研究していくことが求められます。
そのためには、さまざまな考え方があり、ひとつの事柄についてもいろいろな角度から捉えられることを理解したうえで、信頼性のあるデータを集め、専門的な知識に基づいて核心に迫り、自分の考えをまとめ、発表する力が必要です。
教養ゼミでは、少人数制教育のもと、専門の異なる教員2名と学部の異なる学生でクラスを形成し、
さまざまな分野の議論を自由に、そして活発に交わすことで、「考えをカタチにする力」を育成します。

●英語による国際水準のコミュニケーション力を身につける―プラクティカル・イングリッシュ
学生の実践的な英語力を、リベラルアーツを学ぶために必要なレベルまで引き上げることを目的としたクラス。
クラスでの授業はすべて英語で行われ、学生は英語を使うこと、英語で学ぶことを修得します。
4つの基本的なスキル(読む・書く・話す・聞く)を使いながら授業を進め、3年次に進級する最低達成水準として、TOEFL-ITP 500点という基準スコアを設定しています。(※)
授業カリキュラムの作成と運営、個別カウンセリングなどをはじめ、さまざまな学生のケアはプラクティカル・イングリッシュ・センターが行います。

※国際教養学部・国際商学部・理学部・データサイエンス学部:3年次への進級要件
医学部医学科:2年次への進級要件
医学部看護学科:2年次への進級要件(450点)

閉じる

ヨコハマから世界へ発信する学び

横浜市は、我が国最大の政令指定都市であり、世界有数の国際都市です。YCUは、その横浜市とともに歩む総合大学として、国際的なセンスを身に付け、世界のさまざまな場で活躍できるグローバルな人材、これからの社
会を担い、未知の世界を自ら積極的に切り拓く優秀な人材を育成し、世に送り出していくという明確な使命を持っています。
YCU教育の特徴は〔英語力の強化〕〔留学・海外プログラムの充実〕〔横浜での学び〕を基盤とした教養教育と専門教育です。英語を作業言語とする国際社会において、英語をコミュニケーションの「道具」として使いこなすことは必須です。YCUでは、少人数での「Practical English」や、「Advanced Practical English」などの英語教育プログラムで英語力をしっかり身に付けます。さらに、種々の海外留学プログラムや海外フィールドワーク、海外インターンシップなど、国際経験の場に積極的にチャレンジできるさまざまな機会を設けています。

閉じる

ヨコハマをフィールドに、地域とともに育ち貢献できる人材をめざす

YCUでは、地域社会が抱える課題を発掘し、学生と教員が地域の人々と一緒に解決することで、地域に貢献し、課題解決力のある人材を育成することに取り組んでいます。学生は、さまざまな活動を実践することで、将来に役立つコミュニケーション力や実行力を身に付けていきます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ