ながおかぞうけい

長岡造形大学

公立大学 新潟県

学部・学科

学べること

学生たちの個性で、キャンパスは彩られる

“好き”を“働くチカラ”へ

デザインは私たちの生活にとても身近な存在です。世の中のものすべてがデザインされている、と言っても過言ではありません。描く、創る、アイデアを出す、調べる、伝える...。これらのすべてがデザインに必要なチカラで、それと同時に、社会のさまざまなフィールドで活躍するために大切なチカラでもあります。“好きなことで働く“ために。デザインの大学だから、すべてを身に付けます。

閉じる

造形を通して真の人間的な豊かさを探究する

あらゆる創作活動に共通する基礎造形力を身に付けることにはじまり、平面、立体、空間などの分野・領域を、専攻分野を超えて幅広く学び「造形力」「社会人基礎力」「構想力」を身に付け、造形を通して真の人間的な豊かさを探究します。
さらに、官公庁や企業から講師を招いた授業や、共同プロジェクトにより“生きた造形”を学ぶ機会を多数設け、大学内での学びを社会に還元することのできる人材を養成します。

閉じる

素材を考え、人を考え、社会を考え、環境を考え、創造する1学部4学科

本学造形学部には、製品や機械・染織を対象とする「プロダクトデザイン学科」、写真、広告や映像などを対象とする「視覚デザイン学科」、絵画・版画・彫刻、金属・ガラス工芸などを対象とする「美術・工芸学科」、建築設計・都市計画・ランドスケープなどを対象とする「建築・環境デザイン学科」の4学科があります。
4学科では、作品をつくるための素材や技術、知識を習得するとともに、造形活動に不可欠な人と人、人と社会、人と環境との関わりを考え、多彩な表現を通してより美しく、より豊かな社会づくりへのメッセージを届けます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ