学校パンフ取り寄せで図書カードGET

らくのうがくえん

酪農学園大学

私立大学 北海道

農食環境学群の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

循環農学類(240名)
食と健康学類(130名)
食と健康学類/管理栄養士コース(40名)
環境共生学類(120名)

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現場で身に付ける農学は実践力が違う
●作物の栽培から人の身体に入った後まで、食品全般を学ぶ
●広大なフィールドワークで生きた力を身に付ける

循環農学類(酪農学コース、畜産学コース、農学コース、農業経済学コース、教職コース)、食と健康学類(食品機能科学コース、食品開発学コース、食品流通学コース、教職コース、管理栄養士コース)、環境共生学類(野生動物学コース、生命環境学コース)

【学生数】2,449名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】105名(2017年5月1日現在)
【大学院】酪農学研究科/酪農学専攻(修士課程)、フードシステム専攻(修士課程)、食生産利用科学専攻(博士課程)、食品栄養科学専攻(修士課程・博士課程)

循環農学類

講義・学問分野

乳牛飼養学、乳用家畜学、酪農経営論、飼料作物学、乳利用学、水稲栽培学、畑作物栽培学、農業経営学、蔬菜園芸学、花卉園芸学、家畜栄養学、家畜繁殖学

閉じる

食と健康学類

講義・学問分野

乳製品製造学、肉製品製造学、食品物性学、食品資源学、食品加工学、応用生化学、食品微生物学、食品栄養学、タンパク質化学、食品と免疫、食品流通学、食品衛生学、食品開発学

閉じる

食と健康学類/管理栄養士コース

講義・学問分野

公衆衛生学、社会福祉概論、医学概論、運動生理学、微生物学、解剖生理学実験・実習、食品加工学、食品学実験・実習、調理学実験・実習、栄養学実験・実習、応用栄養学

閉じる

環境共生学類

講義・学問分野

環境アセスメント論、野生動物保全技術実習、野生動物保全行政論、野生動物保全と人間事象、野生動物保全と環境汚染、ビオトープ論、生態環境総合実習、森林環境学、森林フィールド実習、水圏環境化学

閉じる

学部の特色

現場で身に付ける農学は実践力が違う

循環農学類
先進のIT牛舎、農場、畑、放牧地などがある広大なキャンパスを生かし、学外のさまざまな人や機関とも密接に連携しながら農学全般を学びます。
講義に加え、土、作物、牛に実際に触れる多彩な実習カリキュラムは特徴の一つで、例えば1年次に10日間、2年次には4か月間にわたる泊まり込みの農家実習を選択科目に設定しています。学外に出て最先端の技術に触れる機会もあり、現場を知っていることは、将来、生産者や研究者、企業人になったときの実践力に違いが現れます。

閉じる

作物の栽培から人の身体に入った後まで、食品全般を学ぶ

食と健康学類
安心安全な「食品」の製造・加工・流通から健康・医療分野までをカバー。食品全般を理解するため、特に土から育てた作物が人の体の中で変化するまで、一連の流れを体験しながら学びます。例えば、1年次には作物栽培や家畜に触れる農業実習で生産現場を体験。2・3年次にはさまざまな食材の加工などの実習、4年次は学内外で専門を研究。
「食」は、安全性やアレルギーの問題、食糧自給率の低下、高齢者向けの食品開発の必要性などさまざまな課題がある、今後も注目の分野です。
管理栄養士国家試験 高い合格率をキープ
第31回(2016年度)管理栄養士国家試験の本学受験者の合格率は97.6%でした。
本学は2010年以降、北日本(北海道・東北)の管理栄養士養成大学の中では8年連続首位です。

閉じる

広大なフィールドワークで生きた力を身に付ける

環境共生学類
環境=人を取り巻く生態系を守ることも壊すことも人の考え方次第です。全ての自然のつながりを理解し、地球環境、社会環境の諸問題を科学的に解明し、解決する方法を探ります。
4年間を通して、さまざまなフィールドでの実習・実験・演習を多く取り入れた実学教育を展開し、複雑な生態系を肌で修得。環境と調和・共生する社会の形成に貢献できる人材を育成します。

閉じる

学べること

循環農学類

永続性のあるバランスのとれた循環農学を探究

●酪農学コース
乳を生産する家畜の飼養管理、家畜育種をはじめ、飼料生産、衛生管理、家畜行動、生産利用に関わる科学を修学するとともに、酪農場における物質循環について学びます。サブコースとして農家実習を通じて酪農現場をより深く理解する実践酪農学コースがあります。
●畜産学コース
肉牛を中心に豚、鶏、羊、馬など食肉生産を目的とする家畜の飼養、生体機能、生殖生理およびその生産物の利用について学びます。本コースにはこれらの家畜の飼養管理体系を学習する科目と実習があります。
●農学コース
循環農業を基盤として、畑作、水稲、蔬菜(そさい)、花きなどの農業生産について学びます。本コースには食用作物の生産と、その関連分野(作物の栄養、生理、遺伝、雑草病害虫防除、土壌と生産の関連性)について学習する科目と実習があります。
●農業経済学コース
食料生産と地域産業、市場と流通の現場から、経営・経済・政策を総合的に学びます。本コースには、農業経営、流通と消費、経済事情、循環型社会の形成と発展を支えるしくみについて学習する科目と実習があります。
●教職コース
農業科教員の免許取得を前提とするカリキュラムと一貫した教員養成プログラムにより、高度な実践的教育力を発揮できる人材を育成します。

【授業・講義】
家畜管理・栄養学実験 I II

学内牛舎で、乳牛の観察法や施設・環境評価に関する方法を習得。牧草やトウモロコシの生育調査を行い、家畜の栄養と飼料に関する分析法を学び、自給飼料を組み込んだ家畜に給与する飼料設計を理解します。乳牛を中心とする視点から、土壌・作物・乳牛にいたる栄養素の流れの把握をめざします。

閉じる

食と健康学類

食のスペシャリストをめざす

●食品機能科学コース
食品の持つ栄養、嗜好性、生体調節性などさまざまな機能性に着目。既存食品や未利用食資源中の有効成分の分析、食品関連微生物の有効利用などの先進的な知識と技能を学びます。
●食品開発学コース
食品の成分特性、製造原理、市場調査および企画開発など幅広い知識を修得。消費者市場ニーズに合った食品の開発や製造までを実践的に学びます。
●食品流通学コース
安全な食品を生産・消費するため、両者をつなぐ流通ビジネスの重要性に着目。21世紀の食品流通に求められる知識と技能を学びます。
●教職コース
農業科教員の免許取得を前提とするカリキュラムと一貫した教員養成プログラムにより、高度な実践的教育力を発揮できる人材を育成します。

【授業・講義】
食品微生物学実験

食品における有用微生物の利用と、有害微生物検出の基礎を学びます。無菌的な実験方法を習得し、自らの手で実験を行うことによって、食品に関する微生物の知識を深めます。

閉じる

食と健康学類/管理栄養士コース

管理栄養士を養成

基盤教育や専門基礎教育で基本を学んだ後、専門教育により知識を深めます。本学の教育理念である実学教育を具現化するために、実験・実習を多く取り入れたカリキュラムが組まれ、食の生産、加工・製造、流通ならびに健康などに関する幅広い知識を修得することにより、総合的な判断力を備えた人材を育成します。
また入学直後の農場実習では、畑で作物を育て管理します。このような食の原点である土から食、さらに健康までを学ぶことができるのは、立地と環境に恵まれた本学ならではです。
●管理栄養士コース
土から作物そして食という建学の精神を基本とした教育。生活習慣病の予防と治療の最前線に立つ管理栄養士を養成します。
※管理栄養士コースは1年次からコースに所属。

【授業・講義】
高齢者臨床栄養学

成人期の栄養摂取が高齢期の健康に及ぼす影響からスタートし、加齢による栄養動態の変化や高齢者のための料理法、骨粗しょう症のメカニズムや対応など、栄養学や科学の最新知見を活用し、高齢化に伴う病気と食事の問題について考えます。

閉じる

環境共生学類

環境と調和・共生する社会の形成をめざして

●野生動物学コース
野生動物の保護と管理について、北海道を中心としたフィールドで幅広い生態学的なベースに立脚した理論と技術を学びます。
●生命環境学コース
北海道の森・川・海といった優れた自然資源の保全と利用を題材に、生命圏の物質的・エネルギー的環境に関する理論と技術を学びます。

【授業・講義】
野生動物生態学

野生動物の多様性維持、共有資源として管理するための知識と経験を習得。野生動物に関する実践的な学問を学び、生態系を保全し、管理していく野生動物保護管理について科学的に理解します。

閉じる

アドミッションポリシー

農食環境学群の教育理念は…

農食環境学群の教育理念は、建学の精神である「三愛精神に基づく健土健民」の実現のための教育・研究を行うことである。「健土健民」は、文字通り「健やかな土に健やかな民が育まれる」ことを大学の使命の根底に置くことを高らかに宣言した本学の基本理念である。この基本理念の上に、農食環境学群では、人は環境-植物-動物-食に支えられた存在であることを教育・研究展開の基軸に置き、健康な「土-草-牛-乳-人」のつながりを、また、健康な「自然-植物(作物)-動物(家畜)-食-人」のつながりを、さらに、健康な「環境-植物-動物-物質・エネルギー-人」のつながりを保つことをその基本理念の具現化として位置付けている。農食環境学群の3学類は、それぞれこのつながりの一部を担っており、3学類が協力し、また、各学類における自然科学と人文社会科学が融合することにより、さらには、それぞれのフィールドと連携を強めることにより、「三愛精神に基づく健土健民」の世界を実現しようとするものである。

閉じる

農食環境学群は…

農食環境学群は、「三愛精神」に代表される酪農学園大学の教育方針に共感する人、農・食・環境について問題意識を持ち、自分から進んで学ぶ人、体を動かしながら実践的に学びたい人を求めます。
循環農学類
循環農学類がめざすのは、農畜産物の生産と環境保全が両立し、末永く発展できる「循環型社会」です。実現への過程で出会う現実の課題は複雑で、文理どちらかに偏った視野では対応できません。自然科学だけでなく、人文・社会科学も含めた学習が必要となります。この循環型社会の実現に向けて、農業・畜産業に関する知識や技術を活かして行動できる人を求めます。
■食と健康学類
食と健康学類では、食品の開発・製造・流通、ならびに食品の持つ機能性や人々の健康に関する知識と技術を幅広く学び、社会に貢献できる人材の育成をめざしています。
入学後は、自然科学および人文・社会科学の両分野において学習を行います。
高校では文理問わず各科目の基礎を固めてください。
どの科目にも、どんなことにも興味をもって取り組む、好奇心にあふれる人を求めます。
■環境共生学類
環境共生学類では、人間と野生動物、そして生命環境とそれらの相互関係について幅広い知識を学ぶとともに、北海道のフィールドを活用しながら、自然環境の解析や環境問題の解決に役立つ技術などを実践的に修得します。
将来、学んだことを活かして、地域社会から国際社会までの幅広いフィールドにおいて人間と野生動物、そして生命環境の持続的な共生をめざし、力を尽くしたいと考える人を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】北海道江別市文京台緑町582
入試部入試課
【フリーダイヤル】0120-771-663
 【URL】http://www.rakuno.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ