しょうびがくえん

尚美学園大学

私立大学 埼玉県

大学トップ

最新情報

2018/10/17NEW

ここに注目!
  • 2019年4月、「情報表現学科」がリニューアル!
  • 自由選択科目で学部・学科の枠を越えた自由な履修ができる
  • 将来役立つインターンシップ・資格取得講座が単位認定科目に!

大学の特色

独自の教育システムで専門性と総合能力を身に付ける

本学では「人間力」や「生き抜く力」を育み、生涯学習支援とその環境づくりの担い手となる人材育成をめざした、体系的なカリキュラムを用意しています。基礎から専門へ、段階を踏みながら学べます。さらに、重要度に応じて「必修」「選択」「自由」に分類され、効果的かつ無理なく学べるように時間割内に適切に配置。これにより、教養・専門・キャリア(職業)教育を三位一体で学びながら、基礎・総合演習と関係づけを行うことで、幅広い知識と実践的なスキルの習得をめざします。

閉じる

―あなたの好きを仕事にできる―幅広い分野の知識が身に付く

夢や目標に向かって効率よく学べるセメスター制を採用
1年間を春学期(4~9月)と秋学期(10~3月)に分け、学期ごとに単位認定と時間割の組み換えができるセメスター制を採用しています。履修の自由度が高まり、短期間で効率よく学習することができるため、夢や目標に向かって大きく前進することができます。

学部を越えて学べる柔軟な履修システム
選択科目の一部として、「学部間自由選択科目」を設置しています。修得すれば、もちろん卒業要件単位として認定。他学部の科目を学ぶことでよい刺激を受け、学習への興味や知識を広げることができます。

学習成果を具体的な数値で表すGPAを導入
個々の科目の成績評価に単位数を掛けて、全科目の合計単位数で割った数値をGPA(Grade Point Average)といいます。GPAが示すのは総合的な学習到達度。具体的な数値で表されるため、自分自身で学習成果を確認しやすく、学習意欲が高まります。また、その後の履修計画も立てやすくなります。

専任教員がアドバイザーとしてマンツーマンでサポート
一人ひとりの学生の個性、将来の夢や目標を把握したうえで、専任教員が履修プランから学業、学生生活、進路のことまでマンツーマンでアドバイス。大学での学習をスムーズにスタートさせ、有意義な学生生活を送れるようサポートします。

インターンシップを積極的に推進
会社のしくみや、ビジネス現場の問題とその解決法を実体験として学べるインターンシップを、全ての学科で積極的に取り入れています。この経験が、卒業後に社会で即戦力として活躍するための大きな力になります。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

建学の精神「智と愛」のもと、明確な目的意識を持って、本学で学ぶに際し、希望する分野に意欲をもってのぞむことが求められます。

閉じる

建学の精神「智と愛」について

尚美学園は建学の精神として、美を尊重し(尚美)、高い教養(全人教育)の叡智と思いやりの慈愛を育む「智と愛」を掲げています。
学園創立者である赤松直の遠祖は、江戸期笠間藩の御殿医であり、「医は仁術なり」という思想の中で、特に人間が本来備えもっている愛情(=仁)すなわち「慈愛」の心に重きを置いていました。また、本学園開設時の教育方針は、「誠実な人間・豊かな教養、有為な音楽教養人の育成」であり、その中の豊かな「教養=叡智の涵養」と創設者一族の医家の思想である「慈愛」の心の中に、本学園の建学の精神である「智と愛」の淵源を探ることができます。

閉じる

教育環境

充実した施設・設備で学ぶキャンパスライフ

本学は、本格的な学びを実現する教育環境が整っています。
幅広い知識とスキルを身に付けるために多数の施設・設備を完備。音楽関係では、さまざまな演奏が可能な音楽ホールのほか、レッスン室、メディア演習室など、音楽に集中できる施設が充実しています。2015年4月には、舞台表現棟も完成しました。映像関係では、放送局などで実際に使用されている機器がそろう映像スタジオをはじめ、編集室、CG演習室など、いつでも自由に使える最新設備を設置しています。
また、サッカー場やトレーニング・ルームなどのスポーツ施設、カフェテリアやラウンジなどの学生同士が交流を深められるスペースもあります。

閉じる

学部

【2018年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度】

●芸術情報学部
【学科名(専攻など)】音楽表現学科・音楽応用学科・舞台表現学科
【初年度納付金】1,894,140円
【うち授業料】1,100,000円
【うち入学金】370,000円

【学科名(専攻など)】情報表現学科
【初年度納付金】1,644,140円
【うち授業料】850,000円
【うち入学金】370,000円

●総合政策学部
【学科名(専攻など)】全
【初年度納付金】1,224,140円
【うち授業料】680,000円
【うち入学金】280,000円

特待生入試で授業料全額免除の制度もあり

【2018年度】
●特待生制度/[特待生入試制度]入学試験において本学の基準を満たす成績を修めた者を対象として、授業料を全額、半額または3割免除、[在学生特待生制度]2~4年生のうち学業成績上位者に対し、授業料全額、または半額免除
●尚美学園同窓生子弟等入学金免除制度/尚美学園同窓生の子・兄弟姉妹が入学する場合、入学金を全額免除
●AO入試奨学金制度(芸術情報学部)/音楽表現学科・音楽応用学科・舞台表現学科・情報表現学科のAO入試にエントリーする受験生を対象に入学金と授業料1年分または、入学金と授業料の半年分を免除

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】2590人
【外国籍の学生数】345人
【教員数】338人
【外国籍の教員数】6人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 1人
6か月以上1年未満1人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】1
【大学独自の奨学金】有
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

提携校への短期語学研修

【留学先】アメリカ・その他の州、ニュージーランド
【留学期間】1か月未満
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
部署:学生課 国際交流室
電話番号:0492463709

閉じる

クラブ・サークル活動

大学生活をより充実させる、共通の趣味や興味を持つ仲間と過ごすサークルや同好会での活動。本学には、数多くのサークルや同好会があり、サッカー部やバドミントン部、剣道部などがすでに強豪として名を馳せています。また全国的にも珍しい女子硬式野球部など、女子チームの活躍もめざましいものがあります。ほかにも、多くのサークルや同好会が積極的に活動しています。授業だけでは得ることのできない、あなただけの「かけがえのない時間」を見つけてください。

体育会系クラブ

男子サッカー部、女子チアダンス部、女子サッカー部、女子硬式野球部、バドミントン部、剣道部、バスケットボール、サッカーサークル、ダンスサークル、軟式野球、ウィンタースポーツ、アウトドアサークル、陸上サークル、フットサルサークル、テニス同好会、バレーボール同好会

文化系クラブ

合唱サークル、ジャズサークル、ゴスペルサークル、オーケストラサークル、ライブ企画・運営サークル、番組制作サークル、デジタルアートサークル、アナウンス研究会、演劇サークル、舞台芸術研究会、映像制作サークル、フルートアンサンブル、サクソフォンアンサンブル、打楽器アンサンブル、WEB制作サークル、音響サークル、プログラミング研究会、漫画研究会、トランペットアンサンブル、トロンボーンアンサンブル、バンドサークル、音楽ビジネス研究会、地域社会交流サークル、電子音楽研究会、コーラスサークル、写真同好会、国際交流会、3DCGサークル、音楽制作サークル、eスポーツサークル

閉じる

大学院・併設の大学

専門性を極める教育システム

●芸術情報研究科/音楽表現専攻、情報表現専攻
●総合政策研究科/政策行政専攻

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

〒350-1110 埼玉県川越市豊田町1-1-1
東武東上線/JR埼京線・川越線「川越」駅から無料スクールバスで7分。または西武新宿線「本川越」駅から無料スクールバスで10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒350-1110 埼玉県川越市豊田町1-1-1
入試・広報課

電話番号

【フリーダイヤル】0120-80-0082

URL

https://www.shobi-u.ac.jp/

URL(携帯)

https://www.shobi-u.ac.jp/sp/

E-Mail

info@s.shobi-u.ac.jp

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ